ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

【テレ朝 モーニングショー】眞子さま小室さんの結婚アンケート。賛成が42人?

【テレ朝 モーニングショー】眞子さま小室さんの結婚アンケート。賛成が42人?

コメント欄にも情報を頂いたモーニングショーのアンケート。動画が上がっていたので見てみました。

賛成42人の数字について、スタジオでいろいろな人が話しているのですが、玉川さんがなぜか大興奮、喧嘩腰になってまで小室さん擁護に回っているのが印象的でした。

 

 

街の人100人に聞いた、眞子さま小室さんの結婚 緊急アンケート

f:id:ootapaper:20190516110408p:plain

 街の人

f:id:ootapaper:20190516110817p:plain

f:id:ootapaper:20190516110654p:plain

玉川さんの小室さん擁護の部分をざっと書き起こし

近重(皇室ジャーナリスト)

(賛成が多かったことについて)インタビューを受けた人がどのくらいこの問題についてしっかりと把握できているかどうかということもある。

応援できるという人が42人いらっしゃいますけれども、他の方は条件付きで反対ということになる。

ですから(賛成といっても)諸手を挙げて応援できる人ではなく、条件を付けて賛成という人が多いということ。

 

羽鳥

そうですね。ざっくり言うと賛成42人、条件なしなら反対58ということになる。

つまり今のままだとダメだよということ。

 

高木

応援できるというのは一般論じゃないかなという感じがします。

どんな問題に対しても、別にいいんじゃない、自分のことじゃないんだしという人も多いのでは。

もしお仕事がなくて、苦労されるたらと、秋篠宮ご夫妻がご心配されるなら実は眞子さまの胸も痛む。

二人が生活できないことを悲しむ人がいることは二人にとっても悲劇なんだということも実際の結婚の姿。

 

笠原英彦 慶応大学法学部教授

他のいろんな調査の結果も見ていますが、応援できる方が多くて、イメージが街頭で聞くのと違うんだなという印象をもった。

 

羽鳥

色々と情報を集めて考えている人と、街の人で若干は違うんでしょうね。

 

笠原

事実関係を完全に把握されている方がどの程度いうのかということと、皇族の結婚を一般の結婚のレベルと同じように考えて楽観的な見方かなと思う。

皇族の減少を問題になっている。

女性宮家がどうなるかによって、場合によってはお相手の人が皇族になるかもしれない。

政府は一旦皇籍を離脱された女性皇族を、結婚した後でも女性皇族に戻ってもらうという選択肢も考えていますので。

特例法で、それもできる。

 

玉川

応援できる人を物事を知らない人というのは、僕は侮辱だと思う。

じゃあ、応援できないという人が本当に全体のことがわかって言っているのか。

それはどっちにも同じことが言える。

これが(アンケートの結果が)そのままの数字なんだと思ってる。

僕はホッとした。

皇族と言っても人間なんで、結婚というのは何よりもお互いの愛情が大事。

家柄が良くて経済力があって、だけど嫌いな人と結婚してもいいのか。

まず何よりも第一義的に大事なのは、愛情ですから。

ましてや眞子さまが選んだ方。

その人を否定することは眞子さまが選んだ目も否定していることになっていませんか。

僕は当人同士の考え方が一番大事であって、それ以外はたいした問題じゃない。

 

羽鳥

玉川さんは応援している立場ですからね。

 

玉川

ずっとその立場です。

 

近重

でもお父様の秋篠宮殿下は、公の場で今のままでは納采の儀はできないと言っている。応援できないと言っている。

その言葉をどうとらえるかというのもある

 

玉川

そりゃあ、親としてはそうでしょう。

だから小室さんは今、NYまで行って、自分が職業として選ぶものを一生懸命頑張って得ようとしているわけですよね。

なら普通に応援すればいい。そういう雰囲気じゃない。

ふさわしくないふさわしいということばっかりやっている。

 

近重

秋篠宮さまは、400万の借金問題を国民に納得できるように説明してほしい、そうでないなら解決してほしいと繰り返しお願いしたのに、何も解決せずに、秋篠宮家にも言わずにNYに行ったことをどう考えるかということもある。

延期になる前に国際的な仕事をしたいというのは小室さんの夢でもあった。

でも、一橋大学院を卒業したときに、それなりの就職をして家庭を築ける為の準備をするべきだった。

 

玉川

なんで結婚を諦めなければいけないんですか。

 

近重

いや、結婚じゃなくて夢ですが。

まずは生活を安定させて、NYに勉強する資金も(他の)国際弁護士になる方は、自分がある程度貯金してですね、行かれているという方も多いと言われているんですけれども・・。

 

玉川

僕は小姑の話を聞いいているようにしか思えない。

 

高木

その言い方、ちょっとそれ失礼じゃない。

 

玉川

失礼を承知で言うんですが、

 

高木

喧嘩腰でいうのはお止めになった方がいい。

 

玉川

そういう話は小姑の話ですよ。

近重さんもジャーナリストですよね?

あの段階で、会見をすることになったらどうなるのか。

会見ということになったら、いろんな悪意のなるメディアもある。

素人ですからね、大勢の中に出て行って、悪意のあるメディから小さいことを突っ込まれたら、逆効果になるのは目に見えている。

彼は少なくとも夢の実現もあるかもしれないが、ちゃんとした職業に就こうと行動している。

 

羽鳥

秋篠宮さまはちゃんと説明してねと言ったわけですよね。

 

玉川

秋篠宮さまが説明してほしいと言ったかどうかだって正確なところはわからないじゃないか。

もしかしたら説明された上で(NY)に行っているのかもしれないですよね。

それは確認取れていないもん。

 わかっているのは彼がニューヨークに行って一生懸命やっているということ。

口先じゃなくて行動しているんだから、暖かく見守ればいいじゃないのか。

 

(この辺、玉川さんが近重さんに絡んできて言い合いのようになる・・.)

 

高木(さんが仕切り直して)

確かに結婚って当人同士の気持ちが大切だとは思うのですが眞子さまは皇族で、

皇族としての教育を受けて成人しているのだから、そんな簡単に二人だけのことだからと割り切れるような精神ではない。

周りが言うほど、二人の気持ちだけでいいとは思っていないと思う。

小室さんが追い詰められるというよりは、実は眞子さまが追い詰められると思う。

そこを心配している。

 

ーこの後、佳子さまの発言なども紹介して番組は続いていきました。

 

本日のハイライトはやはり玉川さんの興奮した小室さん擁護でしょうか。

借金問題についても、

  

金銭問題は小室さん本人の金銭問題ではない。そこをしっかり言わないと。

また、小室さんが返すべきものなのかどうか、そこもはっきりわからない。

 

もしかしたら、貸したのではなく、(元婚約者が)あげますと言ったかもしれませんよ。今の段階で、借りたというのは良くない。

 

などとも言っていました。

 

ツイッターでは“玉川さん”がトレンド入り

 

 

 

 

   

 

さっそく記事にもなっていました。

玉川徹氏 小室圭さん批判に反論「小姑の話のよう」「彼は口先でなく行動」

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/05/16/0012335380.shtml

 16日のテレビ朝日系「モーニングショー」(月~金曜、前8・00)でレギュラーコメンテーターの玉川徹氏が、秋篠宮家の長女眞子さまとの婚約が延期となり、法曹資格取得を目指して米国留学中の小室圭さんに対する批判や問題点が指摘されていることに対して、「小姑の話のようにしか聞こえない」「彼は口先だけじゃなく行動で示している」とエキサイト気味に持論を展開した。

 番組で小室さん問題に関する議論になると、玉川氏は強い口調で「皇族といっても人間、結婚は何よりお互いの愛情が大事。家柄がよくて経済力があって、だけど好きじゃ無い人と結婚すればいいんですか、って僕は思う」と述べた。

 小室さんに対する批判的な風潮があることに「よってたかって否定するのは、眞子さまが選んだ面も否定するってことになってないですか」と問い掛け「当人同士の考え方が大事なんであって、それ以外は大した問題ではない」と述べた。

 皇室ジャーナリストの近重幸哉氏が問題点を指摘すると、「失礼承知で言いますけど、僕は小姑の話を聞いてるようにしか聞こえないんです」。共演のタレント高木美保が「けんか腰になるのはおやめになったほうがいい」とたしなめる一幕も。

 玉川氏は、伝わっている秋篠宮さまのお考えについても、本当のところは分からないと主張し、小室さんについて「ニューヨークまで行って、職を得ようと行動に移して、一生懸命がんばっているのは誰が見ても事実だ」とし「だったら応援すればいいだけの話じゃないですか」と訴えた。

 

皇族を神様のように思っている人たち

玉川さんは小室さんについて番組でこんな風に言っています。

まず何よりも第一義的に大事なのは、愛情ですから。

ましてや眞子さまが選んだ方。

その人(小室さん)を否定することは眞子さまが選んだ目も否定していることになっていませんか。

 

私は眞子さまが選んだ目を否定しています、それが悪いとでも言いたいのでしょうか。

小林よしのり氏もそうですが、旧宮家の男系男子がダメで小室さんが皇族になることには賛成なのは、「皇族が選んだ人だから・・(小室さんには皇族になる資格がある)」というのです。

(小室さん登場後、2年前の「よるバズ」での発言)

小林氏は週刊SPAの漫画の中でも、もう時間がないから言うが・・として、「直系長子の皇位継承」は上皇后が望まれているのだと、それを直感した時のことを丁寧に描いているのです。

それを知れば、日本人も皆直系長子継承に賛成するとでも思われているようなのです。

 

皇族方は、生まれながらにして神様に近い存在だと思っているのでしょうか。

だとしたら、私は不敬なのかそうは思っていません。

私たちと同じよう自我も欲も喜怒哀楽もあるであろう方が、皇族であるという自覚によって伝統的な祭祀を受け継ぎ、「私」を捨てて「公(国家国民)」のために尽くしてくださるからこそ尊敬するのであって、「私」が何よりも大事で、個人の自由意志を何よりも優先したいというのなら、そういう方はすでに皇族の心を捨ててしまった、庶民と同じになってしまったと感じます。

心は庶民で、特権だけは皇族だから、税金の使い道だとか、小室さんの留学に皇室特権が使われたのではないかとか言いたくなるのです。

 

 結婚は当人同士の気持ちだけが大事で、あとは関係ないという人は皇室にどれだけの力があって、どれだけ水面下で日本を動かしているのかを知らない人ではないでしょうか。

番組でも小室さんが眞子さまと結婚し、将来の天皇の義兄になって、天皇と直接話ができる人になることを笠原教授が警戒していましたが、そのことの意味がわからずに個人の気持ちだけが大事だという人は日本の皇室も日本という国も軽く見ているとしか思えません。

f:id:ootapaper:20190516144112p:plain

眞子さまが、皇籍を離脱して、結婚後は悠仁さまにも秋篠宮家にも一切近づかないと宣言してから、やっと結婚に賛成か反対かを聞くべきで、もしかしたら圭殿下になる可能性があるときにそんな議論をしている場合じゃないと思うのです。