ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

悠仁さまの刃物事件 テレビ報道

悠仁さまの刃物事件 テレビ報道

 

 

FRIDAY 2019年5月24日号
悠仁さまの机にナイフ男」出所後に待ち構える「公安」と「右翼」

f:id:ootapaper:20190513040213p:plain

疑問点いろいろ

長谷川容疑者、自宅は京都だがほとんど帰らず各地を転々としていたという。

 ーー仕事もしていないようですが、その資金はどこから出ているのか。

「警察は、お茶の水女子大学関係者に内通者がいたとみて調べを進めています。どうして悠仁さまの教室がわかったのか。なぜ授業中でないと把握指していたのかと考えると、誰かが情報を与えていた可能性が高い」(全国紙記者)

ーーー悠仁さまが休んでいたかどうかテレビでも週刊誌でも特に伝えていません。

 

5月13日 モーニングショー 悠仁さまの事件と保護者会

f:id:ootapaper:20190513152145p:plain

お昼に学校職員が悠仁さまの机の上に刃物があるのを発見。

警察に通報したのは午後6時20分。

この6時間の間、学校は、何をしていたのか。

 

まず「中学校で危ないものかどうか確認していた」

f:id:ootapaper:20190513153703p:plain

「一見して何かよくわからないように加工されていた」

f:id:ootapaper:20190513155343p:plain

「生徒に対して心当たりがないかどうか聞いていた」

f:id:ootapaper:20190513153804p:plain

「自主研究が盛んなので、学校側は生徒が作った工作物と思ったのではないか」と保護者が答えている。

 

ここで不思議なのは、学校側は生徒に対して聞き取りをしているといっています。

その時に、悠仁さまが学校にいらっしゃれば、当然悠仁さまもここで事件について知るはずですが、悠仁さまは事件を知らずに長野に行かれたことになっています。

知らなかったということはやはり、学校を休んでいたと考える方が自然です。

では、どうして休んでいたことを隠しているのでしょうか。

 

FRIDAYの取材に答えている全国紙記者という人は、

「警察は、お茶の水女子大学関係者に内通者がいたとみて調べを進めています。どうして悠仁さまの教室がわかったのか。なぜ授業中でないと把握していたのかと考えると、誰かが情報を与えていた可能性が高い」

と答えています。

悠仁さまが休んでいたことはマスコミ関係者にも隠されているのか、単に取材が足りないのか。

長谷川容疑者は悠仁さまに危害を加えるつもりだったと供述しているので、内通者がいるなら悠仁さまが欠席している日は避けさせるはずです。

そう考えると内通者がいるというのもちょっと分からなくなる。

ただ、あのナイフの加工を見ると、刺すというよりも脅かすつもりの方が近いような気もします。

捕まった後に「刺すつもりだった」と言って脅かしているのではないでしょうか。

 

お茶の水中の時間割

https://matomame.jp/user/FrenchToast/37a17a00eb007dac2871

こちら↑のサイトに、お茶の水中の時間割が載っていました。

f:id:ootapaper:20190513152123p:plain

上のサイトから引用

6時間目が15時10分に終わって、掃除やらなんやらをして、16時40分に下校という流れのようです。

事件があったのは4月26日(金)。普通に平日ですから、この時間割通りの流れだったはずです。

よって、悠仁さまは16時40分に下校して、それから長野旅行に向かったということになります。

 

お茶の水中が警察に通報したのは18時20分。

宮内庁が事件を把握したのは翌朝。この間もやけに長い。

 しかも不思議なのは、宮内庁の連絡が翌朝になっていることはあまりテレビでも問題にされていない。

 

5月10日 NHK首都圏ニュース

加地隆治皇嗣職大夫は、定例の記者会見で、悠仁さまが、当日夕方から東京都外に出かけられていたことを明かしたうえで、「当初事件という認識は生徒たちにはなかったと学校から伺っている」と話しました。
宮内庁は翌朝に事件を把握し秋篠宮ご夫妻と悠仁さまに報告したということで、その際の悠仁さまについて「驚かれたようなご様子だったと伺っている」と説明しました。

https://www3.nhk.or.jp/lnews/shutoken/20190510/1000029530.html

 

産経新聞5月10日

地皇嗣職大夫によると、皇嗣職が事件を把握したのは27日朝悠仁さまはお一方で26日夕方から私的に地方を訪問中で、連絡を受けて27日中に帰京された。

https://www.sankei.com/life/news/190510/lif1905100032-n1.html

 

 5月9日配信  女性セブン 2019年5月23日号

宮内庁は発生当日に事件を把握したというが、紀子さま悠仁さまの耳に入っていたかどうかは不明だ。翌日、事件が報道されて世間が騒然となったところで、おふたりは1泊しただけで予定を切り上げて帰京されたという。

https://www.news-postseven.com/archives/20190509_1368720.html

 

当日に宮内庁に連絡が入ったと伝えているのは女性セブンの記事だけ。

10日なると加地皇嗣職大夫が事件を把握したのは翌朝と書くだけで、宮内庁への連絡になぜ半日以上かかったのは書かれていない。

警察に通報された時にすぐに悠仁さまの居所を確認して事件について伝えて、警備を厳重にするように思うのですが、この辺もよくわかりません。

 

一昨日は保護者会が開かれ11時から始まって、紀子さまが学校を出てこられたのは夕方5時頃だったというので、かなり長い間話をしていたことがわかります。