ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

退位に向け儀式

退位に向け儀式 

午前10時過ぎから天皇の退位の儀式が始まりました。

皇后さま、雅子さまは儀式へ参加されず。

皇后さまは持病の肩と首の痛みのために、雅子さまは夕方から国事行為として行われる退位の儀式や明日の皇太子さまの即位の儀式に備え、出席を見送られたとのことです。

 

 

「平成」に幕、陛下「退位」に向け儀式 

f:id:ootapaper:20190430140040p:plain

平成最後の日となる4月30日。雨が降りしきるなか、時代の変わり目に立ち会おうと皇居周辺には多くの人が詰めかけました。

 「寂しいですね。(自分の)子どもたちが平成で生まれたので、すごく思い入れが強いです。(Q.陛下への思いは?)本当にお疲れさまでした。ありがとうございます」(皇居を訪れた人)
 「天皇陛下に感謝の気持ちを伝えようと思って見に来ました」(福岡から来た女性)

 午前9時すぎ、皇太子さまがお住まいの東宮御所をあとにし、皇居に向かわれました。

 「皇太子さまを乗せた車が半蔵門に着きました」(記者)

 雨のなか、窓を開け、沿道に向けて手を振られた皇太子さま。さらに、秋篠宮さまをはじめ、皇族方が続々と皇居・半蔵門を通られました。

 雨がすっかりやんだ午前10時ごろ、宮中三殿で退位に向けた儀式が始まりました。初めに参拝されたのは「賢所」。「賢所」は、皇室の祖先神とされる天照大神が祀られています。厳粛な面持ちでまっすぐと前を見据え、「賢所」の回廊を進まれる陛下。「黄櫨染御袍」とよばれる伝統的な装束を身にまとわれています。陛下は内部に入る際に一礼されました。そして、退位することを日本古来の言葉で報告し、7分後に再び姿を見せると入る際よりもより深く一礼されました。

 鳥のさえずりが響き渡るなか行われた参拝の様子を皇族方や宮内庁幹部らが起立して見守られていました。その後、歴代の天皇や皇族を祀った「皇霊殿」、国中の神々を祀る「神殿」にも同様に参拝されました。陛下が天皇として臨まれる宮中祭祀は今回が最後となります。

 三重県伊勢神宮の参拝や午前中の儀式など、退位に向け、これまで10の儀式を済まされ、午後5時からの「退位礼正殿の儀」を残すのみとなりました。象徴天皇を模索する陛下の旅は、まもなく終えられようとしています。(30日11:41)
 

 https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190430-00000018-jnn-soci

 

TBS 報道特別番組から 皇后さま、雅子さまは儀式へ出席されず

f:id:ootapaper:20190430135042p:plain

 

「退位礼当日賢所大前の儀」には、皇后さまは雅子さまは出席されていません。

皇后さまは持病の肩や首などの痛みがあり、御所で静かに過ごされている。 

雅子さまはこの後夕方から、国事行為として行われる退位の儀式や明日の皇太子さまの即位の儀式に備え、出席を見送られている。

 

秋篠宮ご夫妻も皇居に・・  まもなく宮中三殿で儀式

4月30日 9時50分

 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190430/k10011901281000.html

f:id:ootapaper:20190430143845p:plain


〜略〜

 

天皇陛下は儀式での装束に身を包み、「天照大神(あまてらす・おおみかみ)」をまつる賢所(かしこどころ)の中に入って拝礼し、続いて、皇室の祖先をまつる皇霊殿(こうれいでん)、国内の神々をまつる神殿に拝礼されます。

そして皇太子さまが装束を着て、天皇陛下が拝礼を終えられたあと同じように拝礼されます。

秋篠宮ご夫妻はほかの皇族方や宮内庁の職員などとともに儀式に参列し、三殿の前で拝礼されることになっています。 

 

 

 眞子さま、佳子さまも

f:id:ootapaper:20190430144346p:plain

 https://r.nikkei.com/article/DGXMZO44354110Q9A430C1MM0000?s=0