ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

安倍総理の矛盾する答弁 『旧宮家(旧皇族)』の復帰に否定的で、男系継承の重み踏まえ検討

安倍総理の矛盾する答弁 『旧宮家旧皇族)』の復帰に否定的で、男系継承の重み踏まえ検討

 

女性宮家推進派の高森明勅氏が安倍総理が「旧宮家」案を否定したと喜んでいる。 

安倍総理の真意はどこにあるのか。

   

 

高森明勅氏のブログー 安倍首相が「旧宮家」案を否定

https://www.a-takamori.com/blog/%E5%AE%89%E5%80%8D%E9%A6%96%E7%9B%B8%E3%81%8C%E3%80%8C%E6%97%A7%E5%AE%AE%E5%AE%B6%E3%80%8D%E6%A1%88%E3%82%92%E5%90%A6%E5%AE%9A

産経新聞(3月21日付)に

旧宮家の皇族復帰、首相が否定的見解」

との見出しで、以下のような記事が掲載された。

「安倍首相は20日参院財政金融委員会で、

皇位継承の安定策をめぐり、戦後に皇籍を離れた

旧宮家旧皇族)』の復帰に否定的な考えを示した。

『70年以上前の出来事で、皇籍を離脱された方々は

民間人として生活を営んでいる。

私自身が(離脱の)決定を覆していくことは

全く考えていない』と述べた。

首相は第2次政権発足前の

平成24年1月発売の月刊誌で

女性宮家』創設などへの反対を表明し、

旧宮家の皇族復帰や、旧皇族の男系男子を

現在ある宮家の養子に迎えることを唱えた。

29年1月の衆院予算委員会では旧宮家の復帰が

皇位継承安定策の選択肢になり得るとの認識を表明していた

5月1日の新天皇のご即位後

「そんなに時間を待たないで」、

皇位の安定的な継承に向けた

政府・国会の検討が開始されようとしている

タイミングで、首相のこうした考え方がはっきりと 示された事実は頗(すこぶ)る注目に値する。

 この産経の21日の記事がネットでは見つからないのですが、19日の官房長官の記者会見では、「男系の重み踏まえて慎重に検討」といっている。

https://www.sankei.com/life/news/190319/lif1903190022-n1.html

f:id:ootapaper:20190324154338p:plain

その2日後の21日に、産経は旧宮家の皇族復帰、首相が否定的見解」という記事を、時事通信は、「安倍首相、旧宮家皇籍復帰に言及=安定的な皇位継承めぐり」というタイトルの記事を載せたことになります。

時事通信の記事は数日前に紹介した通りネット配信されています。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000112-jij-pol

安定的な皇位継承を実現する方策について「旧宮家皇籍復帰も含めたさまざまな議論があることは承知している」と述べ、戦後に皇籍離脱した旧宮家の復帰に言及した。

〜略〜

首相は「皇籍を離脱した方々は、今は民間人としての生活を営んでいる。私自身がGHQの決定を覆すことは全く考えていないとも語った。

 

 記事の中身もわかりにくい。

男系継承が大事なら旧宮家皇籍復帰しかないはずだ。

女性宮家から生まれてくるのは女系男子でしかないのだから。

 

そこで、総理は実際にどういう答弁をしているのかを調べてみた。

 

実際の答弁ー政府ビデオ 2019年3月20日 参議院財政金融委員会

リンク先に動画あり。4:29:30〜あたりから

http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/detail.php?sid=5152&type=recorded

f:id:ootapaper:20190324170611p:plain

大塚耕平

敗戦後、GHQの指示に従って皇籍離脱した宮家および男性皇族の人数をお聞かせください。

 

f:id:ootapaper:20190324170802p:plain

宮内庁、野村審議官

昭和22年10月14日、皇室離脱をされたのは11宮家であり、男子26方と承知しています。

 

大塚

総理へ、ご自身の所信演説の中で、あるいは予算員会のなかで戦後政治の総決算とおっしゃて6年お勤めになっていますが、GHQの指示を是認するお立場か。

 

総理

是認というのは、皇籍を離脱された方々・・が皇籍を離脱したことを認めるか、ということか。

 

大塚

総理は戦後の政治の総決算となんどもおっしゃているが、

~ 日米地位協定、領土、北方領土のあり方などの話し 略 ~ 

総理からは戦後政治の総決算という割に、それに適合するような答弁を頂いてない気がする。

同様にGHQの指示に基づいて11宮家と26人の皇族の方が皇籍離脱をしたという、これをこのままにしておいて、本当に戦後の政治の総決算ができるのかという質問をしている。

 

総理

皇籍を離脱された方はもうすでに70年前の出来事でございますから、今は民間人としての生活を営んでおられると承知をしているわけでございます。それを私自身が、またGHQの決定を覆すことは全く考えてないわけでございます。

 

他方、皇位の継承との関係でご質問されているのだと思うのですが、同時に安定的な皇位の継承を維持することは國家の基本に関わるきわめて重大な問題だと考えている。男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みなどを踏まえながら慎重かつ、丁寧に検討を行う必要があると考えている。(青字部分は原稿を読んでいるところで繰り返し出てくる)

4:32~

 

大塚

宮内庁にお伺いします

成子さまと、東久邇盛厚さまの系譜に男子がずいぶんいらっしゃるという認識は正しいか。

 

野村

昭和22年に皇籍離脱をした方は承知しているがその子孫の方々については具体的に承知していない。

 

大塚

それでは調べて一度、回答してください。

私の調べでは(成子)内親王と東久邇さまの系譜に3代にわたって男子が今もご健在で、かなりの人数であると理解している。

 

総理にもうひとつ質問します。

皇位の安定継承は我が国にとって大事な問題なので、皇籍離脱をされた旧宮家の皆様に対して、戦後の総決算という観点からも法的な工夫をするということも選択肢の一つとしていると考えていいか。

 

総理

基本的な考え方については、先ほど申し上げたように、国家の基本に関わる基本的な問題でありますし、男系継承が古来例外なく維持されてきた重みを踏まえながら慎重かつ丁寧に検討していきたいと思っております。

 

そのなかで様々な議論があることは承知をしています。旧宮家皇籍復帰等々も含めた様々な議論があることは承知しているが、今申し上げたことを基本に丁寧に検討していきたいと思いますが、いずれにしましても国民のコンセンサスを得ることも必要であり、十分な分析と検討、慎重な手続きが必要だと思います。

・・これは皇位の継承について、皇籍復帰ではなくて。

皇位の継承についてそういう考えで進めていきたい。

 

大塚

この件については軽々に個人的な意見を申し上げるべきではないと思っていますので、今の総理の答弁を踏まえて国の安定に十分に工夫をしていただきたいということだけ申し上げておきたい。

 

 

安倍総理の矛盾する主張

 この答弁を聞いていたら、2014年の「たかじんのそこまで行って委員会」に出演した安倍さんを思い出しました。

番組で、移民政策について聞かれた安倍さんは明確に「私は移民政策はとりません」と語りました。

f:id:ootapaper:20190324175416p:plain

ところが安倍さんは、この番組に出る1ヶ月前の3月11日、「出入国管理及び難民認定法の一部を改正する」法案を閣議決定していたのです。

法律名には移民とは書いていませんが、内容は高度人材という移民を受け入れると同時に、その人が帯同するメイドさんや家族も受け入れるという実質移民法案でした。

 

当時、安倍総理の公約違反や、騙しについて怒った人が凸電している動画がこちら。

https://www.nicovideo.jp/watch/sm23560443

 

 確かに当時も、移民政策はとりませんが、高度人材は受け入れます、という矛盾した話をしていました。

それでも保守は上のような画面を見て、「移民政策は取らない」の方を信じて安心したのです。

で、フタを開けてみるとその3年後には日本は世界4位の移民大国です。

昨年末には入国管理法改正案を強行に通して、この4月からは単純労働移民も大量に入ってきます。

 

今回の皇位の継承も、

「男系継承が古来例外なく維持されてきたことの重みを踏まえ・・」といいながら、

皇籍を離脱された方はもうすでに今は民間人、GHQの決定を覆すことは全く考えてない」

ーとも言えてしまうのが安倍さんなのです。

 

旧皇族を戻さないで、男系継承を続けるのなら、悠仁さまが早くに結婚してたくさんの男の子を産む以外に方法はないのですが、それで行くつもりなのでしょうか。

皇位の安定した継承ーと言っている中には男系継承は入っているのでしょうか。

なんだか歯切れの悪い答弁ですので、ぜひ皆さんもビデオを見てください。

 

コメント欄から5ちゃんねる情報をいただきましたー愛子さま旧皇族との結婚?

安倍さんが旧皇族復帰に言及したのは実は皇統を変えたいという意思からでは?

という話(書き込み)がありました。

最近安倍さんが皇太子のもとに頻繁に来られてることからの想像ですが ・愛子さまには旧皇族男系男子の方と結婚してもらって男子を誕生させてもらいたい ・仮に男子が誕生したら皇室典範を改正して

天皇直系であり父母双方の系統共に皇族の場合皇位継承順位を優先する」的な文言を加える

そうなれば秋篠宮殿下よりも皇位継承順位は上になるので事実上秋篠宮殿下や悠仁殿下には皇統は行かなくなるから徳仁天皇の系統であり旧皇族の系統にもなるからいずれは皇統が旧皇族側に行くことになる

これらのことを安倍さんは皇太子に説いたと想像してます。

案外テーミスの「愛子さま旧皇族が養子に」とか「秋篠宮家廃嫡」という話は水面下では実現に向かって話が進んでたりしてるかも知れませんね。

 

この通りだったらいいのですが。どうも安倍さんの旧皇族に対する言い方が、

皇籍を離脱された方は、もうすでに70年前の出来事でございますから、今は民間人としての生活を営んでおられる・・・」

というもので、女性宮家推進派の人と言っていることが似ているので心配です。

高森氏によると、安倍さんは

29年1月の衆院予算委員会では旧宮家の復帰が

皇位継承安定策の選択肢になり得るとの認識を表明していた

そうですし、特例法に女性宮家創設を付け加えるのも反対していました。

あれから今までの間、ちょうど小室さん問題が続いている間に何かあったのでしょうか。