ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

【女性セブン】小室さんの話題の写真にふれて・・<当時の掲示板のかきこみ>

【女性セブン】小室さんの話題の写真にふれて・・<当時の掲示板のかきこみ>

 

 コメント欄で話題になっていた写真について、女性セブンが触れていました。

 

 

眞子さまは早めに結婚を決断すべき、と考える関係者増加か

2/14(木) 7:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190214-00000002-pseven-soci

f:id:ootapaper:20190214104051p:plain

《the prince has come back to Japan(王子様が日本に帰ってきた)》。そんな言葉とともにSNSにアップされた1枚の写真がひそかに注目を集めている。

 投稿日は2013年6月28日。右手にVサインを作った小室圭さん(27才)が満面の笑みで写っている。その3日後には、眞子さま(27才)が英エディンバラ大学留学後のヨーロッパ旅行から帰国されたというタイミングだった。

 写真のネクタイ姿の小室さんの左胸には1つのバッジが輝く。ネット上ではこのバッジが宮内庁や警察のものと酷似し、「なぜ小室さんの胸についているのか」と話題になっている。

 2012年6月に出会ったふたり。その年の秋から、国際基督教大学ICU)在学中の眞子さまはイギリス留学へ向かわれ、小室さんもアメリカに短期留学へ渡った。

 SNSに写真をアップしたのは、小室さんのICU時代の友人らしき人物だ。小室さんが5年以上前からすでに、仲間内で「prince(王子様)」と呼ばれていたこともわかる。

 帰国から数か月後、小室さんは眞子さまにプロポーズし、ふたりは将来を誓い合った。今さら、もう後戻りはできない──ふたりはもちろん、周囲も次第にそう感じ始めている。

 ーーーー

冒頭部分の写真とはコメント欄でも話題になっていた、この写真のことですね。

f:id:ootapaper:20190212000112p:plain

 写真:

https://twitter.com/ALICE_777/status/1094603936378417152

もっと突っ込んで検証してくれているのかと思ったら、この写真についてはここまででした。

ーーーー

記事の続き。

「やましいことがないのであれば、堂々と、普段通りの生活をしていればよいはずだ。なぜ逃げ隠れするのか」

 秋篠宮さま眞子さまの結婚について、嫁ぎ先である小室家に、そんな疑問を抱かれているという。小室さんが米ニューヨークに留学中なのはまだしも、母・佳代さんは昨夏以来、パート先からも自宅からも姿を消した。

 当初の予定通りであれば、昨年11月にふたりは結婚していたはずだった。

「神奈川・横浜にある小室さんの自宅マンションには、いまだに神奈川県警によって警備のためのボックスが設置され、一日に何度も巡回がされています。小室家の警備が始まって、もう1年半以上が経つ。もちろん経費は、税金から出されます。いつまで続けるのかと関係者も気を揉んでいます」(宮内庁関係者)

 

平成から次の時代になる“御代がわり”まで3か月を切った。新天皇の即位後も、重要な儀式・行事が続く。眞子さまの結婚について、“早く事態の収拾に向かわないといけない”という機運は、秋篠宮家周辺や宮内庁で急激に高まっている。

秋篠宮さまはいまだ、“眞子の気持ちが変わるかもしれない”と慎重な立場を崩しません。とはいえ、小室さん側が1月に文書を発表するとともに、“眞子さまも把握”“眞子さまの結婚の意思は固い”とメディアに流したことからも、眞子さまの気持ちは変わっていないようです。もはや早めに結婚を決断すべきではないか──そう考える皇室関係者が次第に増えています」(皇室ジャーナリスト)

◆小室さんが準皇族になるかもしれない

 ある皇室関係者が言う。

「結婚を認めなかった場合、小室さんがどういった行動を取るのかが予測できないことが、とにかく怖い。秋篠宮さまは昨年11月、納采の儀を行う条件として、小室さんに『それ相応の対応』を求められました。それを受けて、小室さんは文書を出した。そもそもそんなに複雑な金銭トラブルではないので、解決は早いとみられています。

 そうなると、もし結婚できないとなった場合、小室さんは“トラブルは解決したのに、何が悪いのか”とこじらせかねない。今回のように、弁護士を通じて一方的な主張をメディアに発表したり、眞子さまの情報をリークしたり、生々しい皇室の内部情報が流されてしまうこともあるかもしれない。それは絶対に避けなければなりません」

 イギリス王室では、ヘンリー王子に嫁いだメーガン妃の異母姉が暴露本を執筆するという騒動もあった。秋篠宮さまが会見で結婚へのハードルを公にしたことが、かえって結婚への道を示すことになったと言っていい。

 前出の皇室ジャーナリストは、皇室制度にかかわる重大な問題であるとも指摘する。

大島理森衆議院議長は昨年末、新天皇即位を内外に宣言する『即位礼正殿の儀』などを念頭に、今年の秋頃から女性宮家の創設に関する議論を始めるべきだと発言しました。女性宮家の議論になれば、未婚の眞子さまも具体的なケースとして俎上に上がり、“それならば小室さんが準皇族になるのか”という話になる。しかし現状では、それを国民がよしとする雰囲気はないし、小室さんが女性宮家論争に登場することで、議論そのものが暗礁に乗り上げかねません」

 憲法によれば、「婚姻は、両性の合意にのみに基づいて成立」する。秋篠宮家に近い関係者は、最終的には人権問題にもつながりかねないという。

「長引けば長引くほど、眞子さまに次の縁談が上がりづらくなる。1人の女性の幸せを考えたとき、ずっと『婚約内定』の状態が続くことも避けたいはずです。本人たちに結婚の意思があるにもかかわらず、周囲の反対でそれが実現しないという状態が続けば、“個人の自由もない皇室”というイメージにつながりかねません」

 さまざまな状況を考慮すると、ふたりが結婚することが皇室にとって“最もダメージが少ない”といえそうなのだ。

※女性セブン2019年2月28日号

 
後半まだ未配信部分
「結婚を許さない」とはおっしゃっていない
秋篠宮さまは「納采の儀は行えない」という発言をされた。
「一般の婚約に当たる『納采の儀』は、皇室の伝統的な行事ではありますが、皇室典範で規定された公的な義務ではありません。つまり、まこさまの納采の儀は、秋篠宮家のプライベートな行事なのです。ですから、それをしなければまこさまは絶対に結婚できい、というわけでは何のでしょうか」(別の皇室ジャーナリスト)
納采の儀をスキップして、結婚に進むことも出来ないとは言い切れない。
皇族にはと席がないが、変わりに皇族の身分と系統とを登録した「皇統譜」の記載事項を証明した書類がある。
眞子さま納采の儀を行わなかったとしても、その書類の提供と宮内庁に求められたら、宮内庁は断れるのでしょうか。証人を友人などに依頼され、婚姻届の提出を代理人弁護士などに頼まれれば、提出先が拒否することはできないでしょう。水面下で、秋篠宮家や宮内庁の理解は必要になるにしても、世間的には“秋篠宮家としては反対だったが、眞子さまが押し切られた”という対面は保たれるはずです」(前出・別の皇室ジャーナリスト)
前出の秋篠宮家に近い関係者、
秋篠宮さまは、“納采の儀は行えない”と発言されたものの、“結婚を許さない”とはおっしゃっていません。眞子さまの幸せを願われる秋篠宮さまの真意はわかりませんが、案外、そのあたりにあるのかもしれない」
 
その他の結婚への道
皇籍離脱」をしてから結婚に進むというもの。
内親王や女王は15歳以上になると個人の意思で、皇室会議を経て皇籍離脱することは可能。
 
「婚姻届を提出する際にも、皇籍離脱する際にも、皇室経済会議が開かれ、眞子さまの場合は満額の1億5000万円超の一時金を支払うかが議論されます。そこで、眞子さまが一時金を自ら辞退され、“小室さんと生きることを選ぶ”と毅然とした態度を取られれば、結婚に厳しい世間の目も、きっと風向きが変わるはずです」(前出・別の皇室ジャーナリスト)
 
納采の儀を経ない結婚にはけじめも必要になる。
しばらくは新年祝賀などの皇室行事やご家族の誕生日を祝う食事会なのにも参加できず、絶縁状態になるかもしれない。
 
眞子さまが身、一つでニューヨークへ旅立つ、“駆け落ち婚”が一つの手段になるかも。
 
小室さんが目指しているニューヨーク州の弁護士は飽和状態で大手弁護士事務所に就職するのは困難を極める。
 
「〜〜博物館の学芸員の資格を持たれている眞子さまなら、多くの一流の美術館や博物館、大学研究室や研究財団が揃うニューヨークで、小室さんを支えながら、きっと活躍されるはずです」(前出・愛しの宮家に近い関係者)

 

ーーーー記事はここまで。
 
 
上の写真に関連するニュース。

2013年のニュース記事から「充実し楽しかった…眞子さま、英国留学終え帰国」

2013年07月01日

充実し楽しかった…眞子さま、英国留学終え帰国

(リンク切れてました)
  
秋篠宮ご夫妻の長女眞子さま(21)は1日、
英国留学を終え、成田空港着の民間機で帰国された。
 眞子さまは昨年9月~今年5月、英エディンバラ大に短期留学。その後、同大の複数の友人とともにイタリア、バチカン、フランス、オランダを旅行されていた。
 この日、眞子さま宮内庁幹部らの出迎えに朗らかな笑顔を見せ、同庁を通じて「充実した楽しい留学生活を送ることができました。4か国への旅行も大変良い思い出となりました」との感想を出された。
 眞子さま国際基督教大学4年生に復学される。

 

宮内庁ホームページから

平成24年8月24日~平成25年7月1日 眞子内親王殿下 

f:id:ootapaper:20190213213518p:plain

 この表、眞子内親王のところ(下から2段目)だけ平成24年〜25年にかけての訪問先になっていて、しかも読売のニュースでは「ご旅行」と報じられているのに、ここでは短期留学となってます。

 

国名には、

英国 
フランス 
イタリア 
オランダ 
とありながら、短期留学(英国エディンバラ大学)となっているのは不自然ですね。
 

2017年、最初の婚約内定会見が延期になった7月頃の5ちゃんねる

 
f:id:ootapaper:20170727131133p:plain
 女性自身8月8日号
 
眞子さま、婚約会見は11月まで延期!「デートもできない」苦心と誤算 
   ◆ 眞子内親王、小室圭、黒田清子、秋 篠宮、天皇美智子皇后 
 
女性自身(2017/08/08), 頁:40
 
このころの5ちゃんに、上の旅行のことが書き込まれていました。
ただ、ソースはなく、否定するコメントも続いています。
 
113可愛い奥様 2017/07/25(火) 
>>111 
(2012年の)6月に出会って9月に留学 
(2012年の)9月からはメールやライン、電話又はスカイプ遠距離恋愛 
眞子さまは最初の留学のエディンバラ大学の時、年末に一時帰国しなかった 
(2回目のレスターの時は一時帰国してお正月の一般参賀にも出席している) 
多分その時にUCLAに留学してる小室がクリスマス休暇~年末年始にイギリスに会いに行ったと思う 
眞子さまがそう望んだ可能性が高いと思うよ 
だって出会ってすぐイギリスとアメリカに離れて若いんだからそりゃ会いたいでしょうし 
年末に日本に一時帰国しないでイギリスで愛を深めたんだよね 
だからその時からそういう関係なのよ 
レスター大学留学終わった6月にヨーロッパを友人と1ヶ月旅行してから帰国、も小室でしょうね
 
114可愛い奥様 2017/07/25(火) 
週刊誌リークはユニクロで電車デートな 
のに、すごい婚前旅行してるんじゃないの 
 
当時、目撃情報とかはなかったのかしら 
 
てか、何だかなぁ
 
115可愛い奥様 2017/07/25(火) 
彼がいる子でも海外や何日間にも渡る卒業旅行は女同士で行ってた 
何だか一般の子よりもスレてるね
 
118可愛い奥様 2017/07/25(火)
>>119>>130
眞子さまの小室さんとの婚前旅行のソースはありますか 
眞子さまの妄想スレではこれを事実として語られているようですが 
これはソースになり得ないのはご存知ですよね 
 
199可愛い奥様@ 2017/07/19(水)
>>194 
ほんとにおっしゃるとおりですよ。 
噴飯ものですよね、眞子佳子は。 
眞子kkの夫婦気取り旅行は英国のみならず、ヨーロッパ中を巡ったんですよ。 
ミラノ、ローマ、フィレンチェ、ベネチアアマルフィー、ポジターノバルセロナ、 
トルコへ飛んで、イスタンブール、コンヤ、カッパドキア、エジプトへ行って、モロッコ行って 
バルセロナに飛んで、そこからは船旅を何日かして、パリへ行きニースへ行き、英国に戻って 
湖水地方に行き、アイルランドに行き温泉三昧、そして帰国した。こんな旅をファーストクラスで税金で楽しんだ。 
ホテルは最高級、エッチは毎晩、kkごくろうさん。
 
119可愛い奥様 2017/07/25(火) 
>>118 
皇族の海外旅行がどういうものか知らない人が書いてるって感じ。 
これ鵜呑みにする人もそもそも皇室に興味がなさそう。単にスキャンダラスな話題好き。 
どちらも下種。
 
 
122可愛い奥様 2017/07/25(火) 
無意味な海外留学とそれに付随した観光地巡りと言えばタカ家の十八番じゃないのw 
 
平成24年8月24日~平成25年7月1日 眞子内親王殿下 
英国 
フランス 
イタリア 
オランダ 短期ご留学(英国エディンバラ大学
 

125可愛い奥様 2017/07/25(火) 
婚約内定会見が11月は元々は秋に発表だったんだから良かったのでは。 
リークしたのが民心野田と繋がっている宮内庁官僚とNHKと繋がりのある三笠宮系 
どんな人達が共謀していたのかも見え始めてきましたからね。 
 
案外工作員の炙り出しのためにリークされる事を囮に使ったかな。 
生前譲位と女性宮家を煽ることで追い込まれたのはどっちだ?
 
 
130可愛い奥様 2017/07/25(火)
>>118 
真子様がkkとヨーロッパ豪華旅行とは 
これはデタラメです。 
全て「高円宮承子女王」のスライドです。>承子女王は恋人とファーストクラスで、ヨーロッパ周遊旅行しています。 
 
秋篠宮一家の酷い捏造話は、殆どが東宮や雅子や高円宮一家のスライド話ばかりです。 
秋篠宮殿下が反論されないことをいいことに、マスコミ使ってデタラメばかり吹聴しています。 
→週刊誌に…これって税金を投入していますよね? 
 
東宮も週刊誌使って、 
これが次期天皇皇后ですか? 
これが皇族ですか?? 
 
殆どの人はこんな酷い話を信じませんが 
、中には新聞がテレビが…週刊誌がデタラメな記事を報道する訳がないと鵜呑みにする人もいますから。 
 
承子女王エジンバラ留学のご乱交ぶりは一般の女子学生でもあり得ないほどの酷さ!皇族の資格ありません。 
それを承子女王本人がブログであっけらかんとブチまけているんですから、動かぬ事実です。 
旅は恥のかき捨てよろしく遊びに興じて、結果元々オツムも⚪︎な上に勉強もしない人だから遊び惚けて 
エジンバラ大学へ入学も出来ず、 
文春スクープで留学切上げ帰国しました。 
週刊文春がよくブログに気付き→承子女王に確認→スクープしたと思いました。 
 
帰国後は、早稲田大学にねじ込ませて 
そこでも卒業が大きく遅れてます。 
早稲田も堕ちたもんだ。 
承子女王を入学卒業させても何のメリットもないからね。 
 
承子女王は良家からの縁談は永遠に無理でしょうね。 
遊び人だから結婚に不向きそうだし。 皇族の資格もない人です。 
もう税金の無駄遣い!
 
171可愛い奥様 2017/07/25(火)
>>210
藤沢市の事件というと、藤沢悪魔祓いバラバラ殺人事件なんですけど…。 
大山ねずの命神示教会? 
KK父死後も、その流れをくむ女性占い師と母子で飲食店によく来て 
「そこにお父さんが見える」と頼っていたらしい。
 
184可愛い奥様@無断転載は禁止 2017/07/25(火) 
小室さんのお母様は未だに信仰宗教の信者なのかな。 
ご本人はどうなのか。 
凄惨な惨殺事件を信者が起こしていたのに 
もし信者ならばかなり問題では。
 
192可愛い奥様 2017/07/25(火) 
眉唾記事に反応するのもアレですけど 
オウムみたいに教団ぐるみで犯罪行為をしていたというのならともかく、 
特定宗教と関わりがあった精神疾患患者が異常な殺人を起こしたというだけではねえ。 
それなら過去日本で起こった凄惨事件の犯人は、ほぼ仏教/神道信者ということになりますし… 
 
反日家庭出身で特定宗教と団体に過剰に肩入れしている方が及ぼす以上の悪影響は考えられませんわね
 
210可愛い奥様 2017/07/25(火) 
>>171 
根拠のない事は言わないほうが良いのでは? 
私はそういう話は信じられない。 
その事件も脱会後です。 
 
入信も小室母の母親の話だよね。 
まぁ小室さんに叔父がいるのはわかったけれどね。
 
 
ーーーー
リンク先の5ちゃんねる はまだ読めるようです。
この当時に謎とされていることが未だに解明されていないのがわかります。
 
それにしても今月号の女性セブン、
秋篠宮さまは納采の儀は行えないと言っただけで、結婚に反対しているわけではない」
は、昨日紹介した現代ビジネスと同じことが書かれていて、このあたりが秋篠宮家、皇族方の「本音」なのではないでしょうか。
 
上の宮内庁のサイトからも、改めて内親王高円宮家の女王さまがたの海外旅行や留学も頻繁だったこともわかり、税金の使われ方として適当なのかどうか、この結婚を機会に皇室の経済について国民も考えるべき時かもしれませんね。