ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

お代替わり後の公務

お代替わり後の公務 

  

秋篠宮ご夫妻訪欧へ 皇位継承後の皇室で初の外国公式親善訪問

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190201/k10011798931000.html

f:id:ootapaper:20190203133500p:plain

秋篠宮ご夫妻は、日本との外交関係樹立100周年を迎えるポーランドフィンランドを、この夏、訪問される見通しになりました。皇位継承後の皇室で初めての国際親善を目的とした外国公式訪問となります。

ポーランドフィンランドは、いずれも、この春、日本との外交関係樹立から100周年を迎えます。

 

f:id:ootapaper:20190203133637p:plain

関係者によりますと、秋篠宮ご夫妻は国際親善のため、ことし6月下旬から7月上旬にかけて、10日間余りの日程で、両国を公式訪問される方向で調整が進められています。

ご夫妻は、それぞれの国で大統領を表敬訪問することが検討されているほか、外交関係樹立100周年を記念する行事や食事会などに出席され、秋篠宮さまが、日本との友好関係の発展を願うおことばを述べられる見通しです。ご夫妻は、それぞれの国で大統領を表敬訪問することが検討されているほか、外交関係樹立100周年を記念する行事や食事会などに出席され、秋篠宮さまが、日本との友好関係の発展を願うおことばを述べられる見通しです。

f:id:ootapaper:20190203134100p:plain

天皇陛下や皇太子さまが、ことし外国を訪問される予定はなく、皇位継承順位1位の皇嗣となる秋篠宮さまが、紀子さまとともに、皇位継承後の皇室で初めての国際親善を目的とした外国公式訪問に臨まれることになります。

f:id:ootapaper:20190203134134p:plain

秋篠宮家では、長女の眞子さまも、ことし7月頃、日本人が移住を始めて120周年を迎えた南米のペルーなどを訪問される方向で検討が進められています。

 

<お代替わり>今年の予定

f:id:ootapaper:20190202212817p:plain

週刊SPA 2018年12月11日号

 

天皇の定例地方行事四つに 皇室の地方行事分担を発表

1/31(木) 19:10配信

新天皇の定例地方行事四つに 皇室の地方行事分担を発表

 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190131-00000048-mai-soci

宮内庁は31日、5月1日の代替わり後の新天皇、皇后両陛下と秋篠宮ご夫妻らによる地方行事などの役割分担を発表した。皇太子ご夫妻が出席されてきた国民文化祭への出席は皇位継承後も継続し、それ以外の地方行事は、秋篠宮ご夫妻と寛仁親王妃信子さまが分担して引き継ぐ。

 

 同庁によると、天皇、皇后両陛下が続けてきた全国植樹祭国民体育大会開会式、全国豊かな海づくり大会は引き継がれるため、新天皇の定例地方行事は四つとなる。

 皇太子ご夫妻が出席してきた主な地方行事は七つある。このうち四つは秋篠宮ご夫妻、一つは紀子さま、もう一つは寛仁親王妃信子さまが出席する。

 皇族の高齢化や減少に伴い、現在でも秋篠宮ご夫妻の行事出席は多いため、同庁はご夫妻ではなく一人での出席にしたり、都合がつかない場合は出席しなかったりする行事も決めた。宮内庁は「見直しは毎年続けたい」としている。【高島博之】

 

 

 

皇族方が減少していく中、今までと同じような皇室外交や公務をしようとするとお一人にかかる負担は大変なものになるでしょうね。

かといって、公務を減らす、なくすというのも,その線引きは結構難しいと思われるし、宮内庁はどう考えているのでしょうか。

このまま旧皇族皇籍復帰という選択肢を入れずにいれば、女性宮家を作って皇族の数を確保してという考えに行くしかなくなります。

 

今回の眞子さまのペルー訪問も,日本人移住120周年であるなら,かなり前から決まっていたことだと思うのですが、本来なら昨年11月に眞子さまは結婚されて民間人になっているはず。

結婚が延期されていなかったら、誰が行くことになったのでしょうか。

できれば、その前にきちんと今の問題にけじめをつけてから公務に臨んで欲しいです。