ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

小室さんの借金総額は2000万に利子

小室さんの借金総額は2000万に利子

 

 

「アッコにおまかせ」で小室さんの件、紹介

コメント欄にいただいた情報から。

こちらも、youtubeで見ることができましたが、おそらく・・・なので、しばらくしたら外すということで、下に貼っておきます。

アッコにおまかせ!2019年1月27日【大坂なおみ優勝!世界ランク1位に▼小室さん金銭問題に新展開】 - YouTube

 

こちらの番組では婚約者批判はなく、婚約者と佳代さんの間で起こったことの詳細や婚約者の言い分をかなり丁寧に報道していた印象です。

カンニングの竹山さんも出ていました。

この方は23日にフジテレビのグッディで、

「国民は結婚してほしいと思ってる」

と発言して物議をかもしたようですが、こちらの番組ではとっても慎重にコメントしていて、断定的なことは言っていませんでした(相当批判されたのでしょうか?)。

国民は結婚してほしいと思ってる」小室圭さん騒動について、カンニング竹山の発言が物議 - ライブドアニュース

 

借金トラブルについて 番組に出てきた三輪弁護士の解説

法的には返す必要ナシ!の可能性が高い。ただし、もし今後貸したという証拠が出て来れば、結論は逆になる。

通帳の振込みの記載は、お金を授受したということにしかならない。

返還約束とは別になる。

 

<番組の問い>

小室さん一家の金銭トラブルが解決したら、眞子さま・小室さんの結婚はいつになる?

 

「女性自身」皇室担当記者 近重幸哉氏

一連の儀式は2020年まで延期が発表されていますが、秋篠宮様に小室さんが安定した過程を築けるようになったと認めてもらう必要があると考えられますので、私の予想では、再延長され2020年以降になると思われます。

 

宮内庁侍従 竹元正美氏

お二人が結婚したいという気持ちを強く持ち今回のトラブルに、より一層真摯に向き合えば秋篠宮さまにもご納得いただけるはずなので、予定通り202年には結婚できると思います。

 

竹田恒泰

二人の結婚ですが、もはや手遅れだと思います。ここまでこじれてしまった以上、小室さんは眞子さまのことを思うなら、手を引くべきです。

 

和田)

彼が出るよりお母様が出た方がいいのでは?

 

三輪弁護士)

お金のやり取りをしていたのはお母さんの方なので、お母さんと元婚約者との間で、もう少し早めに解決に向けての話し合いの場の設定はできたかもしれないですね。

 

カンニング竹山

これから動き出すんじゃないですか。協議して。

 

 

借金はあくまでも小室さんのお母さんと元婚約者の問題。

これを解決すれば結婚できるという話しの流れにしようとしている感じか。

 

ただ、この留学で小室さんにはさらに借金が増えるのですが、この件についてはこの番組も含めどこも触れていないようですね(全部見ているわけではないですが)。

 

小室さんの留学費用は奥野法律事務所からの貸与

「アッコにおまかせ」の中でも、ICUの大学費用は元婚約者の支援で、今の留学は奥野法律事務所の支援を受けている、恵まれていますねーのような話をしていたのですが、この留学の生活費は支援から貸与に変わっています。

f:id:ootapaper:20190128000320p:plain

週刊朝日2018年8月10日号

f:id:ootapaper:20190127200928p:plain

 f:id:ootapaper:20190127200955p:plain

 

f:id:ootapaper:20190127201029p:plain

留学をめぐる疑問の声は、小室さんが勤める法律事務所内でも噴出していている。小室さんの職場での立場はパラリーガル。書類の翻訳、コピー取り、お茶汲みも担う事務職員だ。

給与は、賞与を入れて年450万円程度と言われる。

小室さんの留学については、法律事務所が3年間の滞在費を負担するとしていた。所属弁護士ならば珍しくもないが、法曹界において、事務職員の留学を支援するのは極めて異例だ。

法律事務所の事情を知る人物によれば、「眞子さまとの交際がなければ、ごくごく普通の事務職員。なぜそこまでするのか。」という意見も、所内で渦巻いているという。

そうした空気を受けてのことなのか。小室さんの生活費は貸与へと変更になったという。

 

 

八幡和郎氏のコラム↓にも、この件について書かれています。

 

小室圭氏の見解を発表:借金返す気なし

20190122 12:00

八幡 和郎

http://agora-web.jp/archives/2036832.html

それから、留学中の生活費は、法律事務所からの貸し付けと聞くから、借金総額はこれまでの400万から増えて2000万円くらいにはなるのではないか。もちろん利子だってある。 

 

この件を無視して、トラブルになった400万円だけ返せば借金は無くなる、結婚への障壁は無くなるといった感じの報道はおかしいですよね。

3年後、弁護士の資格が取れたとしても、八幡さんの計算によれば2000万円の借金を抱えることになるわけで、そのことについて小室さんも眞子さまも、「それ相応の対応」によっては結婚を許すとしている秋篠宮殿下もどう考えているのでしょうか。

 

小室さん問題は税金の使い方の問題

初めて小室さんの名前がテレビで流れ、翌日マスコミが小室さんの自宅前に殺到したとき、小室さんは宮内庁の車に送られて職場に到着しました。

 

後で週刊誌が、この前の日、宮内庁の職員が小室さんに「明日はマスコミが殺到するので混乱を避けてタクシーで職場に向かうように」と言ったところ

「タクシー代がない」

と小室さんが断ったため、仕方なく宮内庁の車を差し向けることになったと書いていました。

 

その後は、SPを3、4人引き連れて職場と家を往復し(そのうち1人になる)、悠仁さまの警備より多いのではないかと言われていましたし、費用も月500万かかると書かれていました。

f:id:ootapaper:20190128022531p:plain

9月の婚約内定会見前には毎週末秋篠宮邸に訪問していたのですが、そのときも宮内庁の車が送迎するのです。

「白いニット 小室」の画像検索結果

ラフな白いニット姿で秋篠宮邸を訪問する姿に批判が殺到したこともありました。

 

婚約が延期になった後も秋篠宮邸ご訪問の際はいつも宮内庁の車、通勤にはSPもついて、パートに行く佳代さんと一緒にタクシーに乗り込む姿も度々週刊誌に書かれ、そのお金はどこから?との疑問につながります。

「白いニット 小室」の画像検索結果

 

2018年6月にはいきなりの留学発表。

秋篠宮両殿下は知らなかったというけれど、法曹資格もない小室さんが受けた全額免除の奨学金は一人で勝ち取れるものでしょうか。

 

渡米前の成田でも有料待合室で過ごすVIP待遇。

「小室さんは千葉県警のSPを5~6人引き連れ、一般人が使うルートを避けながら有料の待合室へ。搭乗許可が出ると、混乱を避けるため、小室さんは他の乗客をすっ飛ばして機内に乗り込みました。いわゆるVIP待遇というやつです」(ワイドショー関係者)
 一部週刊誌では小室さんの身辺警護のために年間1億円超のSP費用がかかっているとも報じられたが、この日の有料待合室の代金も「警備費名目なので県警が支払うことになるのでは」(同)という。このほか、同様の名目で出国前日から成田市に“前乗り”し、空港付近のホテルに宿泊したこともわかっている。前出ワイドショーの関係者の話。

 

 アメリカ到着時には空港に大学の車が迎えがくるし、大学にはSP付きで通っています。


今も3年で2000万と言われる借金を作っても平気でいられるのは、眞子さまと結婚した時の一時金を当てにしているからではないでしょうか。

 

八幡さんも上のコラムで、小室さんが現在進行形で作っている2000万の借金について、

留学中の生活費は、法律事務所からの貸し付けと聞くから、借金総額はこれまでの400万から増えて2000万円くらいにはなるのではないか。もちろん利子だってある。

となると、トラブルをかかえたままになるか、

眞子様に税金から払われる一時金からはらうしかない。しかし、それは、不適切だ。

だから、そもそも、秋篠宮家が「クリアしろ」とだけいっているのは、その方が楽だが、無理難題をいっているだけで、かえって問題を複雑化している。

秋篠宮家は、「いったん婚約予定を白紙に戻し、今後は、新たな問題として対処する」とすべきで、そのあと、やめるとしたら、仰々しく婚約予定解消などとする必要はなく、自然消滅にしたほうがよい。

もし奇跡的に小室氏が立派な弁護士になって、借金も返せたら、そのときは、もしかすると、国民もあらためて、結婚を祝福するかもしれない。

いい加減、宮内庁もほかの皇族も、殿下におまかせせずに、問題解決に動くべきではないか。

一時金で返すのは不適切だから、白紙→自然消滅にしたらいいと言っています。

“奇跡的に小室さんが立派な弁護士になって借金も返せたら結婚を考える” と。

でもおそらく小室さんは自分で借金を返そうとは思っていないし、皇族方も彼に返えさせようとは思ってないのではないでしょうか。

 

私は、現在、米国にて勉学に勤しむ機会をいただいております。多くの方々に日々感謝いたしております。ご心配をいただいている方々のご納得をいただけるよう努力を重ねる覚悟でおりますので、どうか温かく見守っていただけますと幸いでございます。

小室さんの文書の最後の部分。

「米国にて勉学に勤しむ機会をいただいております」は「誰に」機会をいただいているのでしょうか。

とっても意味深な文章ですよね。