ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

秋篠宮さまの誕生日会見前、眞子さまの誕生日に合わせて出た記事

秋篠宮さまの誕生日会見前、眞子さまの誕生日に合わせて出た記事

眞子さまの結婚が破談になるのか。

その鍵になるのが、秋篠宮さまの誕生日である11月30日少し前に行われる記者会見だと言われている。

そんな中、昨日10月23日は眞子さまの誕生日。

その前後に出てきた記事には破談の文字は消え、眞子さまのお気持ちは相変わらず変わっていないーと書くものがふえている。 

 

美智子さまのお誕生日文書を紹介する記事の中に眞子さま

週刊朝日11月2日号ー眞子さま、気持ちの整理がついていない。やや弱め。

f:id:ootapaper:20181023192403p:plain

小室さんが米国に旅立った夏は、ご両親と眞子さまの間には明らかな溝があった。現在も眞子さまは小室さんと連絡を取り合っているようだが、母と娘は小室さんとの交際について話し合う場面も増えたという。

「小室さんへの気持ちに揺るぎない、というよりは、ご自身がどうしていいのか気持ちが整理できていないような状況です」(宮家の事情に詳しい関係者)

ご夫妻に対し、小室さんから金銭トラブルに関する誠意ある回答は未だない。

ご夫妻の当惑は深くなるばかりだという。

 

眞子さまと小室さんを応援する記事ー文春オンライン

headlines.yahoo.co.jp

後半有料記事。

タイトルに内容が集約されているとすると、眞子さまの誕生日にあえて、こういう記事が配信されることの意味はなんでしょうか。

 

眞子さまの結婚延期を、昭和天皇と良子さまや、今上陛下と美智子さまの結婚と同列に書く記事

headlines.yahoo.co.jp

これまで美智子さまは、眞子さまに期待を寄せてかわいがってこられた。信頼している眞子さまにこそ、美智子さまはご自身の結婚相手のことはご自身で考えさせるだろう。

 ご自分で決めるには、時間が必要だ。しかし、たとえ時間がかかったとしても、眞子さまはご自分の力で結論を出されるだろうと私は思う。

 現代はスマートフォンのおかげで、世界中どこにいても簡単に連絡が取れる時代である。日本と米国に離れ離れになっていても、話をしようとすればいつだってできるのである。そういう時代にあって、眞子さまと小室圭さんのお気持ちが変わらない限り、やがてお二人は結ばれるだろう。 

 

最近dマガジンで小室さんの記事をあえて見せない週刊文春

週刊文春 2018年10月18日号ー小室さん「不法滞在疑惑」

f:id:ootapaper:20181011230951p:plain

取材したら、小室さんは留学ビザを持っている、3年帰るつもりはない。

佳代さんマンションに戻る、ということだけ。

ただし、ビザに必要な残高証明書はどうして取れたのか、パートをお休みしていた佳代さんがどこでどうやって過ごしていたのか等の疑問については何も書かれていない。

 

週刊文春 2018年10月25日号ー「小室さん5人の美女とのNY飲み会動画」ー眞子さまの気持は変わらず

今週の中吊り

こちらは、コリアンタウンにある韓国料理店で、小室さんと美女5人が食事をしていて、その様子をとった短い動画がSNSにあがっていたと。

この記事では、そのあと、眞子さまの小室さんに対する気持ちは変わってないことが強調されている。

 

ある宮内庁関係者の話し。

眞子さまは、小室さんへの強い想いを持ち続けていおられると同時に、早く結婚して皇籍離脱し、秋篠宮家を出て自由になりたいというお気持ちもお持ちのようです。一度決めたら誰に何を言われても譲らない強い意思をお持ちです」

秋篠宮家の職員

〜略〜

眞子さまは、『私は間違ったことはしていない』という強い気持ちをお持ちだったので、

〜略〜

8月4日の小室さん、秋篠宮邸訪問の時のこと。
マスコミを避けて巽門でなく東宮御所正門を使わせたのは誰か。

「当時は、秋篠宮様のご判断で東宮御所正門を通らせたという話でした。ところがあの日、秋篠宮様は宮邸にいたにもかかわらず、小室さんに会われなかったそうです。紀子さま悠仁様と槍ヶ岳に登られていて、、小室さんの訪問はご存知なかった。実は、東宮御所正門の使用は、眞子様のご判断だった可能性が高いのです。だとすれば、眞子さまはそれほどまでに小室さんとお会いになりたかったのでしょう」

 

眞子さまの誕生日に配信された文春オンラインー眞子さまの結婚へのご意思は強い

小室圭さんに出会うまでの眞子さま 出会ってからの眞子さま(文春オンライン) - Yahoo!ニュース

眞子さまの27歳の誕生日に、母親の紀子さまは公益財団法人結核予防会総裁として、オランダ・ハーグで開かれる「第49回肺の健康世界会議」に出席するため、深夜0時台の便で羽田空港を出発された。小室圭さんとのご結婚の行方がはっきりしない状況のなか、眞子さまのご結婚へのご意志は変わらず強いように思う。お誕生日当日を、秋篠宮ご夫妻と眞子さまはどのようなお気持ちで迎えられているのだろうか。

 

眞子さまの誕生日に配信されたビジネスジャーナル、結婚へ条件付き「交際継続」容認の記事

眞子さまと小室圭さん、ご結婚に向け交際継続…秋篠宮さま、条件付きで容認の方向か

| ビジネスジャーナル

皇后美智子さま秋篠宮さまが、お二人の結婚に反対の意向を示しているとの報道もあるが、皇室の内情に詳しい関係筋は語る。

秋篠宮さまとしては、あくまで“現状のまま”では結婚を許すわけにはいかないというスタンスです。裏を返せば、小室さんの将来の生活設計がきちんと固まり、さらに小室家の借金問題が解決されれば、結婚を認めるということです。さらに重要なのは、眞子さまも小室さんも結婚の意思を変えておらず、無事に小室さんが国際弁護士の資格を取得できれば結婚できると、信じて疑っていないということです。

 ここで注目されるのが、秋篠宮さまのお誕生日である11月30日に毎年行われる会見です。この会見では毎年ご家族の近況に関する質問が出ますが、今年は眞子さまと小室さんの結婚についても質問が出るとみられています。そこで秋篠宮さまがどのようなご発言をなされるのかが、お二人の今後を占う上で重要な意味を持ってくるでしょう」

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2018/10/post_25225_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

借金問題が解決されればと言いながら、留学で新たに増えた生活費の1000万の借金はどうなるのか。

奥野法律事務所は援助から貸与にしたわけですからその分、借金が増えたのですが、なぜか400万円の借金の話ばかり。

この留学に対する国民の疑惑に対する答えは?

不自然なVIP待遇、不自然な全額免除の奨学金に皇室が関わっているのではないかという疑問はこのままスルーされ続けるのでしょうか。

さらに、最初から眞子さまの気持次第なら、なぜ延期しているのか、女性宮家待ちなのか!?と問いかける記事もありません。

結婚すると言っても、相手はまだ学生で、借金だけは増えたけれど資格もまだ取れてない状態、どうやって結婚生活をするのですか?

眞子さまのお気持ちが変わらなければ結婚できるのは、秋篠宮家が援助するからなのでしょうか。

 

眞子さまの誕生日とその直前に出てきた記事は、破談から遠くなった印象のものが多いです。

秋篠宮さまの会見前の布石なのでしょうか。

 

 

ーーー追加ーーーー 

週刊朝日は10月23日19:34、オンライン限定記事を出してました。

 

27歳になった眞子さま、小室さんと連絡を取り合うも将来、見えず 皇后さまも心痛〈週刊朝日〉(AERA dot.) - Yahoo!ニュース

転載:

秋篠宮家の長女眞子さまが10月23日、27歳の誕生日を迎えた。11月に予定していた「納采の儀」も延期となり、婚約内定の相手である小室圭さん親子の金銭トラブルは未解決のままで、眞子さまも気持ちの整理がついていない状況だという。初孫の慶事を心待ちにしていた皇后さまも心を痛めているに違いない。

*  *  *
「初めての孫だから、かわいくしてあげたいわ」

 秋篠宮家の長女眞子さまの婚約内定の記者会見を控えた昨年夏ごろ。皇后さまは、初孫の慶事にことのほかお喜びで、周囲にこう話していたという。

 それから1年数カ月の時が流れた。

 眞子さまは10月23日に27歳の誕生日を迎えた。婚約内定の相手である小室圭さんとは、本来ならば11月4日に帝国ホテル(東京都千代田区)で挙式の予定だった。

 しかし、小室さん親子が抱える400万円を超える金銭トラブルによって、一般の婚約にあたる「納采の儀」は延期に。小室さんは、米国の弁護士資格を取得するために、米国ニューヨークのフォーダム大学への留学という道を選んだ。

 だが、秋篠宮ご夫妻は、この金銭トラブルに対して誠意ある対応がなければ「納采の儀」は行わない、との考えを以前から示している。

 小室さんは留学直前の8月4日夜、秋篠宮邸を訪問し、2時間滞在。同月7日に渡米した。

 この時期、ご夫妻と眞子さまの間には張りつめた空気が漂っていた。

 それでも紀子さまは、眞子さまが自然に話す言葉に耳を傾けるというスタイルで、無理に聞き出すことはしなかった。

 一方で夏から秋にかけて、秋篠宮家は一家総動員で国内外の公務にフル稼働。さらに、秋篠宮さまが代替で皇太子待遇の「皇嗣」となるため、秋篠宮ご夫妻の立場は重みを増す。宮邸の増改築の準備、さらには長男悠仁さまの中学進学への準備もある。

 筑波大付属中への受験がうわさされる悠仁さまは、もともと成績も良いようだが、最近は一層、熱心に机に向かっているという。

 

 

紀子さまも、公務をこなしつつ、宮家の女主人として、受験生を含む3人の子の母として多忙だ。

 そうした中でも、ここ最近は、小室さんとの交際について、眞子さまと話し合う場面も増えたという。

 眞子さまも、小室さんと連絡を取り合っているようではあるが、

「小室さんへの気持ちに揺るぎない、というよりは、ご自身がどうすべきか、眞子さまのなかで、気持ちが整理できていないような状況です」(宮家の事情に詳しい関係者)


 小室さんが11月のサンクス・ギビングデーやクリスマス休暇に一時帰国するといううわさも出回っている。

 だが、小室さんが帰国の予定について具体的な連絡を秋篠宮家側へ伝えている様子はない。

 さらに、小室さんからご夫妻に対して金銭トラブルついて誠意ある回答や、延期となっている納采の儀をはじめ、将来についてどう考えているのかといったメッセージは、いまだ一切伝わってこない。

 ご夫妻の困惑は増すばかりだ。

 さらに、フォーダム大学側の小室さんへの「特別待遇」も、ご夫妻の困惑に拍車をかけている。

 新設した奨学金で授業料を全額免除したり、ホームページに「眞子さまのフィアンセ」と記載したり、大学職員を付き添わせたりするなど、大学による数々のVIP待遇は、枚挙にいとまがない。

眞子さまの存在を利用することで得られる優遇について、小室さんが断ることもせずに甘受しているとすれば、秋篠宮ご夫妻は、小室さんのそうした姿勢に危機感を抱いておられます」(先の関係者)

 初孫の慶事を何より楽しみにしていた皇后さまも、さぞかし胸を痛めていることだろう。(本誌・永井貴子)

 

微妙に週刊誌とかぶる表現もあるのですが、強調したいのは、秋篠宮ご夫妻は小室さんの特別待遇に困惑しているということと、小室さんが秋篠宮家に金銭トラブルについても、将来についても誠意ある説明をしていない、帰国する噂もあるがご夫妻は知らないということでしょうか。

 

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー