ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

<週刊女性>小室さんが11月下旬に帰ってきて、秋篠宮ご夫妻を説得されるようです

週刊女性>小室さんが11月下旬に帰ってきて、秋篠宮ご夫妻を説得されるようです

 

 

 

週刊女性2018年10月23日号
小室圭さんが計画する秋篠宮ご夫妻への“最後の説得”

「借金トラブル」についての会見をー!?

「11月下旬に帰国します」

全文配信されました。

小室圭さん、秋篠宮家が求める「借金トラブルの経緯説明」で11月帰国が濃厚(週刊女性PRIME) - Yahoo!ニュース

10/10(水) 6:00配信

f:id:ootapaper:20181009133956p:plain

「11月に小室さんがいったん帰国するそうなんです。理由はいくつかあると聞いていますが、延期となっている眞子さまとの結婚についても、進展がありそうです」

そう話すのは、事情を知る秋篠宮関係者

 

小室圭さんがアメリカにたってからも、眞子さまは変わらず公務に励まれていて、元気なご様子で、ご自身の結婚は延期になっているけれど、高円宮家の三女・絢子さま(28)と守谷慧さんの10月29日の結婚には純粋に祝福しているご様子なのだという。

一方、小室さんは

 

フォーダム大学ロースクール学生寮で、小室さんも他の留学生と一緒に生活しています。奨学金を受けているので、落第するわけにはいかず、勉強漬けみたいですよ。おそらく誕生日当日も勉強に追われていたと思いますが、眞子さまからのお祝いメッセージなどはあったでしょうね」(小室さんの知人)

 

佳代さんがいない話し 

圭さんが渡米した頃から佳代さんの姿がない。パート先のケーキ店もずっと休んでいる。自宅にもいないみたいだが、父親が一人で住んでいるのか夜には電気がついている。

一時は記者の間でも圭さんについてNYに行ったのではないかと言われていたが現地でも目撃されていない。

そこで彫金師のAさん宅にいるのではないかという噂が上がった。

Aさんとは、以下の2月6日号で詳しく書かれていた佳代さんの元恋人。

 

f:id:ootapaper:20181009143950p:plain

圭さんが留学中なので、佳代さんがAさんを頼る可能性もあるが、そこでも佳代さんの姿は確認できなかったそうだ。

 

女性セブンが報じた汚物投げ込み事件は、週刊女性ではちょっと違う

女性セブンが

小室圭さんと母のマンションで警察沙汰、汚物投げ込み事件(NEWS ポストセブン) - Yahoo!ニュース

↑で伝えた件。

ちょっとずつ週刊女性とは違う。セブンでは、

「9月中旬のことです。あのマンションに、女性が“汚物”を投げ込み、その女性は警察に捕まったと近所で話題になりました。警察がエントランス付近で、何か現場検証のようなことをやっていました。それ以来、1時間に1度は必ず、車かバイクに乗った警察官が見回りに来るんです。“お2人”はいなくなったのに、何かまだ物騒なことが続いているんでしょうか」

と書かれていますが、週刊女性では“汚物投げ込み”といった表現ではなく、

「~~マンションの入り口付近に犬のフンが落ちていたそうです。わざと置かれたのか、たまたま落ちていたのかはわかりません。

どちらかというとナーバスになっている住民が小室さんを良く思わない人の仕業だと思って通報したような説明がされています。

セブンではこの件で、女性が捕まったと書かれていますが、週刊女性には誰かが捕まったという記述はありません。

ただ、この一件からまた警備が強化され、いったん使われなくなったポリスボックスも、使われるようになったのだと書かれています。

 

11月30日の秋篠宮さまの誕生日の前に 

8月の小室さん渡米と同時に一斉に出された「現状では、納采の儀は行えない」という報道が出たあとに、毎日新聞から、小室さんは秋篠宮ご夫妻が求めた国民への説明を果たさなかったという記事が出ています。

 

小室家側に「国民が納得できる説明を」秋篠宮ご夫妻

https://mainichi.jp/articles/20180809/k00/00m/040/039000c

毎日新聞201888 1913

小室さん、出国後の報道 - ootapaper

 

 

 

秋篠宮ご夫妻は、報道内容について複数回にわたって説明を求めていた。ご夫妻は、「問題はない」とする小室さん側に、国民の理解を得るために記者会見などで説明することを求めたが果たされていない。ご夫妻は2人の意思を尊重する意向だが、現状では納采の儀の準備を進められないと判断したとみられる。

毎日新聞

 

この件に触れて、今回の週刊女性では、

「実は、小室さんは11月下旬には一時帰国したいと話してからアメリカに飛び立ったんです。フォーダム大学には、11月21日から連休があるので、そのタイミングで帰国する計画なのでしょう。眞子さまはもちろんのこと、秋篠宮ご夫妻にも挨拶に行くと思われます。その際には、借金トラブルに関する会見についての話し合いや、今後の将来設計を伝えるなど、ご夫妻を説得するような意味合いが強くなると思います

秋篠宮関係者

 

「〜〜“今のままでは「納采の儀」は行えないという判断を下したご夫妻が、二人の結婚の是非について話される“Xデーになるかもしれません」(宮内庁関係者)

締めは、

「Xデー」直前の一時帰国は、小室さんの正念場になることだろうーー。

 

 

 美智子さまから眞子さまへのバトン・タッチ

週刊女性は上の記事の前にもう一つ、下の記事も載せている。

f:id:ootapaper:20181009133942p:plain

9月28日から国民体育大会の開会式などに出席するため福井県を訪問されていた天皇・皇后両陛下。最後の国体になる。

~~10月1日から秋篠宮家の長女・眞子さまが同大会を訪れ、関係者を励まされた。

眞子さまは11月の結婚が延期されたので、今回が最後の国体にはならないかもしれないが、美智子さまからの引き継ぎをしっかりと果たされた。

 

両方を読むと、着々と女性宮家が出来上がるのを待っている眞子さまと小室さん、それに合わせて公務の引き継ぎをしている美智子さまという構図、国民の声は雑音なので当然考慮されるべきものでないという感覚の中、計画が進んでいるように思えるのですが、考えすぎでしょうか。

 

ーーーーーーーーーーーーーー

3ヶ月ごとのビザの話はどうなったのか?

女性セブン2018年10月11日号

f:id:ootapaper:20181009153038p:plain

<女性セブン>小室さん、10月に帰国、眞子さまは「会わせてほしい」 - ootapaper

に書かれていた、

「小室さんは、日本を発った時点では、長期の留学に必要な『留学ビザ』を取得していなかったようです。だから3ヶ月以上はアメカに連続して滞在できない。10月下旬までに、一度は日本へ戻らないといけないようなのです」(外交関係者)

 のビザの話しは今回の週刊女性では完全に消えてしまっています。

11月下旬に帰るとしたら、3ヶ月ごとのビザは関係なかったのか。

しかも渡米前から「11月に帰ります」と秋篠宮ご夫妻に話していたということなら、小室さんがアメリカに到着してすぐ「現状では、納采の儀は行えない」という報道が出たけれど、あれも小室さんは事前に知っていたのかもしれません。

 

留学の生活費は法律事務所が無償の援助から貸与になりましたので、小室さんは佳代さんの元婚約者からの借金400万円の他にも留学中の生活費1000万円近くも借金が増えます。

それでどうやって結婚できるのでしょうか。

 

佳代さんも働かずにどこかに身を置ける、しかも圭さんの渡米と合わせていなくなっていることを考えても、秋篠宮家、皇室が後ろで助けていなければありえないと思えます。

 

11月30日、一体どういう話が聞けるのか、モヤモヤしていることが一気に解決する話になるのでしょうか。

楽しみでもあり、怖くもありますね。