ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

八幡和郎氏、『小室さんの件を受け悠仁さまに「皇太子ご夫妻下で帝王学」計画』を解説

八幡和郎氏。『小室さんの件を受け悠仁さまに「皇太子ご夫妻下で帝王学」計画』を解説

 

悠仁さまを雅子さまへお預け」女性セブン2018年9月20日号に載った、八幡和郎氏のコメントについて、八幡氏自身が解説する記事をあげています。

 

悠仁様を皇太子が教育すべきという週刊誌報道 --- 八幡 和郎 9/11(火) 18:23配信

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180911-00010011-agora-soci

こちらの↓記事に出た八幡さんのコメントです。

f:id:ootapaper:20180911200720p:plain

f:id:ootapaper:20180911200940p:plain

f:id:ootapaper:20180911201350p:plain

f:id:ootapaper:20180911201409p:plain

この記事の中での八幡氏のコメントについて八幡氏自身が解説

 全文引用:

女性セブン2018年9月20日号に『小室さんの件を受け悠仁さまに「皇太子ご夫妻下で帝王学」計画』という記事が載っていて、そこに私のコメントが載っている。そこで、少し解説をしておきたい。

記事の内容の主要点は、以下のようなことである。

“(1)眞子さまと小室圭さんの結婚の行方。小室家の“不都合な事情”が次々に明らかになり、「なぜ眞子さまは小室さんを選んだのか」「なぜ秋篠宮ご夫妻は結婚を認めたのか」ということが話題となり、 「最初に上がったのは、小室氏が“天皇の義兄”にふさわしいのかということでした。さらに、もっと根本的な問題として、秋篠宮家の教育方針を案じる声も出始めた。たとえば、まだ先の話ではありますが、悠仁さまがお妃として、まさか小室氏のような複雑な事情を持つ人物を選びはしないかと。そんな中で、まことしやかに『計画』が囁かれるようになりました」(宮内庁関係者)。”

“(2)「その計画とは、悠仁さまを、皇太子さまご夫妻のところへ預けるというものです。皇室典範で認められていない『養子』にするわけではなく、天皇皇后両陛下と生活を共にし、直々に、将来の天皇としての教育を受けてもらおうと考えてのことです。”

“(3)もし帝王学を学んでいただくならば、このタイミングしかないと考える有力な皇室関係者もいます。政治的な話にもなりかねないので、事前に政治家にも相談がいっているようで、一部の国会関係者の間でもそのような計画が俎上に上がっているようです」(前出・宮内庁関係者)”

そのあとに私のコメントが載っているのだが、取材のときに申し上げた話をコンパクトにまとめたものなので、この問題についての私の見解を少し詳しく書いておきたい。私はそういう話があるがどうかという質問を受けてだいたい、このようなことを申し上げた。

(1)悠仁さまの帝王教育について、皇太子殿下のときの浜尾実侍従のような帝王教育を施す養育係がいないのはよろしくない。多忙な秋篠宮家の両殿下だけにお任せするのは無理がある。(浜尾侍従については下記のWikipedia記事がある)。

東京大学工学部応用化学科卒業。熱心なカトリック信者で、1946年(昭和21年)12月21日に東京の世田谷教会で受洗した。洗礼名はセバスチアノ。1951年(昭和26年)に東宮傅育官として皇太子明仁親王に仕え、その後東宮侍従となってからは浩宮徳仁親王礼宮文仁親王兄弟の幼少時の教育に当たった。多忙な皇太子夫妻に代わって、親王の学校行事・面談に出席することもあった。浩宮礼宮からは「オーちゃん」の愛称で慕われていた。1971年(昭和46年)に退官する。”

(2)秋篠宮殿下はご自分でも皇太子殿下と違って天皇になるための教育は受けていないと仰っている。殿下は皇太子殿下に比べて世間のことはよくご存じであり、フランクな性格であるのは長所だが、陛下や皇太子殿下のようなほのぼのとしたしゃべり方とか所作とはまた違うのはそういう教育の違いに起因する。そういう意味では、将来の天皇になるべき悠仁さまは、皇太子殿下との接触の機会を多くして皇太子らしさ、天皇らしさを身につけていただく必要はあると思う。

(3)特に紀子さまは孤軍奮闘の状態である。悠仁さまには、雅子さまの不調から本来は皇太子妃が行うものまで含めた公務の過剰負担に加え、悠仁さまの母親としてだけではなく、皇太子になるための“教育係”の責任も果たされようとしているが、これは過大であり、それが、眞子さまの婚約問題の迷走の原因ではないかと思われる。これは、少し整理した方がよい。
そのためにも、皇太子ご夫妻、秋篠宮ご夫妻、そして、専任の養育係が役割を分担しつつ協力して悠仁さまの帝王教育にあたるべきだ。

(4)仮に皇太子殿下、秋篠宮殿下、悠仁様が健在でおられたとして、皇太子殿下が今上陛下と同じ85歳で退位されるとすれば、80歳の秋篠宮殿下が即位され、5年後に悠仁様が即位されることになる。しかし、これは、合理的でない。

そこで解決策はふたつある。ひとつは、皇太子殿下から悠仁さまに直接継承することであり、もうひとつは、皇太子殿下が早めに退位され、たとえば、秋篠宮殿下が最低でも10年ほどは帝位におられるようにすることである。

それは、いまから決める必要はなく、両殿下の健康状態、雅子様の状態、悠仁様の結婚や子づくりの状況などを総合的に勘案して臨機応変に対応すべきである。

その意味で参考になるのは、ベルギー王室である。ボードワン国王には子がなかったので、皇太子は弟のアルベール殿下だった。しかし、大方の予想は、アルベール殿下は飛ばしてその子であるフィリップになるだろうといわれ、ボードワン国王は各種行事にフィリップを連れて帝王教育をしていた。

しかし、ボードワン国王が早く病死され、フィリップは結婚もしていなかったので、アルベール殿下が急遽、国王になって、のちに、退位してフィリップ殿下が国王になった。

こうした例を参考にして皇室は万全の体制を整えるべきである 

 ーーーーーーーーーーー引用終わり

 

今日は、紀子さまのお誕生日なのですよね。

ヤフーニュースを何回かチェックしているのですが、どこにも出ていません。

毎年こうでしたっけ?

車に乗られ皇居へ挨拶に行かれる姿がテレビに報道されていなかったでしょうか?

映像はなくても、お誕生日をお祝いする記事くらいはなかったでしょうか。

昨年の誕生日の様子は

紀子さまの誕生会に異例の皇太子ご一家出席 その裏側│NEWSポストセブン

↑に載っていますが、

和会席からフレンチのコースまで専門スタッフが一流の腕を振るう同会場のケータリングが、9月11日の夕方、皇族方が暮らす赤坂御用地へと次々と運び込まれていった。

 その夜、御用地内にある秋篠宮邸で、紀子さまの51才の誕生日を祝う夕食会が行われた。 

 と書かれているいますので今年も、秋篠宮邸でお祝いされているのでしょうか。

 

上の八幡さんの記事と合わせて想像するに、秋篠宮家へのバッシングは相当なものなのかもしれません。

しかも、なぜか全ての責任を紀子さまのせいにされているようで、本当にお気の毒です。

秋篠宮様がいつまでも眞子さまの意思だとか、言っているのでここまで来てしまったのですよね。

 

八幡さんが書いているように、

(3)特に紀子さまは孤軍奮闘の状態である。悠仁さまには、雅子さまの不調から本来は皇太子妃が行うものまで含めた公務の過剰負担に加え、悠仁さまの母親としてだけではなく、皇太子になるための“教育係”の責任も果たされようとしているが、これは過大であり、それが、眞子さまの婚約問題の迷走の原因ではないかと思われる。

本当にここが理解されずにいますよね。

紀子さま一人で頑張っていることを初めて八幡さんが書いてくれたのではないでしょうか。

(2)秋篠宮殿下はご自分でも皇太子殿下と違って天皇になるための教育は受けていないと仰っている。

ご自分が帝王教育を受けていなくても、自分の息子が将来の天皇になられることがわかっているのですから、その教育を紀子さま任せにしていることもおかしかった。

 

さらに、もっと根本的な問題として、秋篠宮家の教育方針を案じる声も出始めた。たとえば、まだ先の話ではありますが、悠仁さまがお妃として、まさか小室氏のような複雑な事情を持つ人物を選びはしないかと。

ここも同感ですが、紀子さまだけが悪いのではなく秋篠宮さまも、両方ということです。

 

ひとつは、皇太子殿下から悠仁さまに直接継承することであり、もうひとつは、皇太子殿下が早めに退位され、たとえば、秋篠宮殿下が最低でも10年ほどは帝位におられるようにすることである。

皇太子殿下から悠仁さまへ、スムーズに継承されればいいですが、どうしても次は愛子天皇と主張する方が出てくるようで、ここが最初の難所ではないかと。

 

陛下が退位しても美智子さまの存在感は残る。

f:id:ootapaper:20180911211310p:plain

上皇后はなぜか退位後も皇室会議のメンバーになれるのです。

皇室会議のメンバーに、美智子さまがいるということは、美智子さまの意見がまずあって、他の会議のメンバーはおそらく美智子さまと同意見のものが8、反対意見を言うものが2として選択されるような気がするのです。

そうなると、何が起こるのか、最後の悲願の女性宮家を無理やりにでも入れてくることもあるかも。

 

今日も週刊女性に、まだ小室さんへの気持ちが変わらない眞子さまのことが出ていました。

どうしてこんなにも眞子さまの小室さんへの気持ちが冷めないのだろうかと考えていたら、それはまだ女性宮家がくすぶり続けているからなのではないかと思えてきました。

 

小室さんは「女性宮家絶対だめ」のアイコンのような存在です。

女性宮家ってどういうこと?と聞く人がいたら、「小室さんが皇族になるってことだよ」といえば一発で誰でも反対に回るでしょう。

そのために、いつまでも眞子さまと縁が切れないのではないかと。

愛子さまが旧宮家の方と結婚する、皇太子さまが旧宮家から養子を取る、などなんでも、男系で継承することが明確になった時眞子さまのお気持ちはサーと冷めて、小室さんもお役御免で離れていくのではないでしょうか。

お二人とも「お役目」があって今、こういう状況の中にいるのではないかと。

女性宮家の話しが完全になくなれば、眞子さまも正気に戻って、小室さんとは綺麗さっぱり縁が切れるのではないか、そんな気がしていますが、ただの妄想でしょうか。