ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

《秋篠宮家の8月 》小室さん訪問の4日に焦点を当てて

秋篠宮家の8月 》小室さん訪問の4日に焦点を当てて

4日は、小室さんが秋篠宮邸を訪問した日であると同時に、悠仁さま、紀子さま槍ヶ岳からお戻りになられた日です。

コメント欄でご指摘いただいたのですが、各門にはマスコミが張り付いていたのに、その日、悠仁さま、紀子さま秋篠宮邸に入られる報道は一つもない。

小室さんの乗っていた車が東宮のものであったり、謎の1日を週刊誌はどう書いているのか文春、新潮、女性セブンから抜き出してみました。

そのほかに秋篠宮家の8月のスケジュールを悠仁さま中心に書き出してみました。

 

 

◾️7月30日「しょうけい館」(戦傷病者資料館)の展示品を見学

f:id:ootapaper:20180831214348p:plain

ーーーーーーーーーーーーー

✴️ 平成3081日(水) 眞子内親王殿下

        ブラジルご訪問からご帰国につきご参拝(賢所

ーーーーーーーーーーーーー

✴️平成3082日(木) 眞子内親王殿下

宮内庁人事異動者ご会釈(宮邸)

ブラジルご訪問からご帰国につき天皇皇后両陛下へご挨拶(御所)

武蔵野陵及び武蔵野東陵ご参拝(ブラジルご訪問からご帰国につき)(武蔵陵墓地(八王子市))

 

◾️8月2〜8月4日 悠仁さま 槍ヶ岳独りで登頂紀子さまが命じたスパルタ試練

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180831-00010002-jisin-soci

f:id:ootapaper:20180831212218p:plain

「山頂のほうからはしごを慎重に下りてくる男の子がいました。こんな場所で子供を見かけるのは珍しいな、と登山ルートにカメラを向けると、周りにいた男性たちが慌てたように両腕で×(バッテン)の形を作ったんです」

そう語るのは、83日に北アルプス槍ヶ岳を登山していた会社員女性。標高3180mを誇る山頂は槍の穂先と呼ばれ、岩場をはしごや鎖でよじ登らねばならない。会社員女性が山頂に挑もうとしたとき、槍の穂先は一時通行止めとなっていたのだ。

「バッテンの意味がすぐにはわからなかったのですが、男の子の顔を見てハッとしました。秋篠宮家の長男、悠仁さまだったのです。SPの人たちが『写真を撮るな』と伝えていたのだと、ようやく理解できました」

悠仁さまはチェックのシャツを着た登山スタイルで、ヘルメットもしっかり被られていた。皇宮護衛官秋篠宮家の職員と思しき一団は、悠仁さまのおひとりでの登頂を穂先の下のあたりから見守っていたが、その中から1人の女性が登山客に話しかけていたという。

「皆さん、お待ちになってくださっているのですね……

申し訳なさそうに話すその女性は、つばの大きな帽子をかぶられた紀子さまだった。

お忍びだった母子2人の槍ヶ岳登山。登頂を知った宮内庁関係者は驚きを隠さない。

秋篠宮さまは登山をほとんどなさらないので、紀子さまのご発案なのでしょう。槍ヶ岳は難易度が高く、小学生が登るにはかなりの危険を伴います。現場では安全に配慮していたのでしょうが、皇太子さま、秋篠宮さまに次ぐ皇位継承者の悠仁さまに、万が一のことがあったとしたら……

悠仁さまにとって小学生最後の夏休み――思い出づくりというにはあまりに過酷な登山を、なぜ敢行されたのだろうか。皇室担当記者はこう話す。

眞子さまのご結婚延期問題を巡って、秋篠宮家がギクシャクしているのは間違いありません。槍ヶ岳に加えて広島の平和記念公園や山梨の河口湖にも、紀子さまおひとりで悠仁さまをお連れになっています。紀子さまは、将来は天皇になられる悠仁さまをご立派にたくましくお育てになりたいと、焦りを感じていらっしゃるのです」

前出の宮内庁関係者も、紀子さまが敢行されたスパルタ教育の意図をこう説明する。

お茶の水女子大学附属小6年生の悠仁さまは、昨年度から始まった『提携校進学』という制度で筑波大学附属中に進学するとみられています。実は筑附小の6年生はみんな、標高2580m八ヶ岳・三ツ頭へ登頂するのです。紀子さまには、同級生になる生徒たち以上に過酷な登山を経験し、悠仁さまに胸を張って入学してほしいとのお考えをお持ちだったのでしょう」

槍ヶ岳登頂という試練も、将来への第一歩――。新学期を迎える日、悠仁さまは自信に満ちたご表情で登校されるはずだ。

f:id:ootapaper:20180831212208p:plain

 

f:id:ootapaper:20180831214319p:plain

◀︎小室さんが秋篠宮家を訪問した4日について書かれている各週刊誌記事▶︎

 

女性セブン 8月30日号

4日の朝から秋篠宮邸のある赤坂御用地周辺では、記者がその時を待ち構えていた。

f:id:ootapaper:20180901100741p:plain

「多くの報道陣が待ち構えていたのは、赤坂御用地にある6つの門のうちの「巽門」でした。赤木氏の宮邸がすぐ近くにあり、秋篠宮ご一家が出入りされるのはもちろん、宮邸を訪れるほとんどの人が使います。小室さんもこれまではこの門から出入りしていました。ただ、報道陣は万一のことを考えて、秋篠宮邸へのアクセスがいい「鮫が橋門」や「東門」にも人員を配置していました。」(別の皇室記者)

コメント欄で指摘された箇所です。

この日は悠仁さま、紀子さま槍ヶ岳からお帰りになった日。これだけマスコミがいれば、悠仁さま、紀子さまの車列(当然、警備をつけての移動ですよね)について何も書かれてないのは確かに不自然な気がしますね。

 

週刊文春 8月16・23日号

女性セブンが巽門ではなく東宮御所正門から入ったことを「皇室のしきたりを破り!」とセンセーショナルに伝えているのに対して、文春は(新潮も)あっさりしている。 

押しかけたマスコミの目を避けるためか、秋篠宮邸に近い巽門ではなく、東宮御所正門から入った小室さんは、約二時間、眞子さまと夕食を共にしたようだ。

下の写真のキャプション、「8月4日、自宅を出る小室さん」となっている。

家を出る時からお出かけはわかっていたことになりますね。

下の写真が撮られた後、小室さんはタクシーに乗り込んで赤坂見附の交差点付近で一度降り、宮内庁の車に乗り換えて、秋篠宮邸へ行くのですが、この乗り換えは記者をまくためだったのか?

自宅から宮内庁の車に乗れば、秋篠宮家に行くことがすぐにわかってしまうので、タクシーを使い、ほかの場所に外出するかのように装ったということでしょうか。

つまりそれほど、小室さんが秋篠宮邸訪問がマスコミに知れるのを恐れていた?

f:id:ootapaper:20180901101430p:plain

f:id:ootapaper:20180901102019p:plain

 

週刊新潮 8月16・23日号
4日の夕刻、皇族方がお住いの赤坂御用地にに思わぬ客人があった。眞子さまの「婚約内定者」である小室さんが、渡米前の挨拶を兼ねて秋篠宮邸を訪れたのである。

f:id:ootapaper:20180901105314p:plain

「小室さんは17時半ごろスーツ姿にカバンを持って自宅からタクシーに乗車。御用地近くで宮内庁の用意した車に乗り換え、19時前に東宮御所に近い正門から入って行きました」

同じ東宮御所正門から入ったことを伝える記事でも、書き方によって全く違いますよね。

文春、新潮を読む限りは、この門を使うことに何の問題も感じてないようです。

 

ただ、いただいたコメントの通り、この同じ4日に槍ヶ岳から戻られたはずの悠仁さまと紀子さまの車を見たという話、通ったという話はどこの週刊誌にも書かれていません。

ツイッターで「槍ヶ岳 悠仁さま」で検索してみても目撃情報は一つもありませんでした。

それよりも、筑波大付属中学へ新提携制度を使って入ることの批判や、以下のような考えがずれていると言ったもの、税金も無駄使いといった批判が多いです。

標高2580m八ヶ岳・三ツ頭へ登頂するのです。紀子さまには、同級生になる生徒たち以上に過酷な登山を経験し、悠仁さまに胸を張って入学してほしいとのお考えをお持ちだったのでしょう」

 

上の写真(登山の)を見ても、大切な将来の天皇、まだ11歳の悠仁さまを登らせるのは少し早いのではないかと思うのですが、正直、見ただけで怖い。

 

皇宮護衛官秋篠宮家の職員と思しき一団は、悠仁さまのおひとりでの登頂を穂先の下のあたりから見守っていたが、

〜略〜
お忍びだった母子2人の槍ヶ岳登山。登頂を知った宮内庁関係者は驚きを隠さない。

 

皇宮護衛官秋篠宮家の職員の方は同行されていたようですが、 宮内庁関係者は知らなかったというのも驚きです。

秋篠宮家は本当に宮内庁と折り合いが悪いのでしょうか。

皇室の中で何が起こっているのでしょうね。

 

ーーーーーーーーーーーーー

🔴平成3083日(金) ~ 平成3085日(日)  両陛下

北海道行幸啓(北海道150年記念式典御臨席併せて地方事情御視察)

 ーーーーーーーーーーーーーーー

 

◉ 平成3083日(金) 文仁親王殿下

三の丸尚蔵館80回展覧会 「明治の御慶事-皇室の近代事始めとその歩み」(後期)(三の丸尚蔵館

 

✴️平成3083日(金) 眞子内親王殿下

新任在京パラグアイ大使夫妻ご引見(宮邸)

日本手話通訳士協会会長,朝日新聞厚生文化事業団事務局長ご説明(第35回「全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」について)(宮邸)

 

◉ 平成3087日(火) 文仁親王同妃両殿下

長野県お成り(第42全国高等学校総合文化祭2018信州総文祭」ご臨席)

総合開会式ご臨席(まつもと市民芸術館松本市

パレードご覧(本町通り(松本市

県勢概要ご聴取(ホテルブエナビスタ松本市))

 

🌸◾️8月8日 悠仁さま、秋篠宮ご夫妻と「沖縄地上戦と女子学生」語り継ぐ集いご出席

ー鎮魂と平和への祈りー「沖縄地上戦と女子学生」語り継ぐ集い式典・発表会ご臨席及び企画展ご覧(京王プラザホテル(新宿区))

 

◉ 平成3088日(水) 文仁親王妃殿下

「世界のバリアフリー児童図書展ーIBBY国際児童図書評議会)選定バリアフリー児童図書2017」ご覧(国立国会図書館国際子ども図書館台東区))

 

✴️平成30年8月8日(水) ~ 平成30年8月9日(木)  眞子内親王殿下

県勢概要及び鳥取県中部地震復興状況ご聴取,ご昼食会ご臨席(ANAクラウンプラザホテル米子(米子市))

ご視察(米子市美術館(米子市))

ご視察(聴覚障害者就労継続支援センター「ふくろう」(米子市))

交流レセプションご臨席(ロイヤルホテル大山(伯耆町))

伯耆国「大山開山1300年祭」記念式典ご臨席(米子市公会堂(米子市))

f:id:ootapaper:20180901115847p:plain

週刊女性9月4日号より

 

◾️8月10日 紀子さまと広島記念公園へ

f:id:ootapaper:20180831214304p:plain

 

f:id:ootapaper:20180831224105p:plain

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20180810-00000068-nnn-soci

夏休み中の秋篠宮家の長男、悠仁さまが10日初めて広島の平和記念公園を訪れた。

 

秋篠宮紀子さま悠仁さまは10日午後、広島市平和記念公園を私的に訪問された。小学校6年生の悠仁さまは、夏休みの学習の一環として、初めて広島を訪れたという。

 

公園に到着後、おふたりはまず、原爆死没者慰霊碑に向かい、深く頭をさげ拝礼された。その後、広島平和記念資料館を訪れ、被爆した人の遺品や写真など原爆の惨状を伝える展示を約1時間かけてじっくりと見学された。

 

原爆の熱線で溶けた瓶を触るなどして、うなずきながら、熱心に説明を聞いていたという悠仁さまは、市内のホテルで被爆者の体験談にも耳を傾けていたという。

 

🌸平成30811日(土)  文仁親王同妃両殿下

長野県お成り(第42全国高等学校総合文化祭2018信州総文祭」ご視察)

 

🌸平成30813日(月) 文仁親王同妃両殿下

「第18アジア競技大会2018ジャカルタパレンバン)日本代表選手団結団式」ご臨席(グランドプリンスホテル新高輪(港区))

 

🌸 平成30815日(水) 文仁親王同妃両殿下

福岡アジア文化賞学術研究賞選考委員会委員長,同芸術・文化賞選考委員会委員長,同事務局長ご説明(「2018年(第29回)福岡アジア文化賞」について)(宮邸)

 

◾️8月19日〜20日 悠仁さま、紀子さま 河口湖ご旅行

 

✴️ 平成30820日(月) 眞子内親王殿下

65回日本伝統工芸展 日本工芸会総裁賞並びに高松宮記念賞のご選定(日本橋三越本店中央区))

 

✴️平成30825日(土) 眞子内親王殿下

「第35回全国高校生の手話によるスピーチコンテスト」ご臨席,高校生出場者等とのご歓談及び特別プログラムご覧(有楽町朝日ホール千代田区))

f:id:ootapaper:20180901120249p:plain

週刊文春9月6日号より

 

以上、秋篠宮家の8月の動静を書き出してみました。