ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

【女性自身】楽しそうな小室さんの留学生活【無敵の鈍感力】

【女性自身】楽しそうな小室さんの留学生活【無敵の鈍感力】

 

女性自身2018年9月4日号

眞子さま信じる」 
渡米1週間、留学先の大学で答えた「屈託なき未来予想図」
 小室圭さん 月額15万円寮生活で見せた NYの笑顔 独占撮り

一部配信:

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180824-00010000-jisin-soci

f:id:ootapaper:20180824094525p:plain

f:id:ootapaper:20180824094012p:plain

配信部分全文引用:

「彼はとても優しくて親切。記念にすしのキーホルダーをくれたよ」

そう言って日本の報道陣にキーホルダーを見せたのは、フォーダム大学ロースクールに入学したドイツ人男性。彼は、学生寮で小室圭さんのルームメイトだという。

本誌は小室さんと会話を交わしたという大学関係者の女性に話を聞くことができた。「今は、ここのキャンパスの寮にお世話になっているの?」と尋ねると、「そうです、ここの」と小室さんが指さしたのは、キャンパス内に建つ20階建てのビル。

寮費は月額で約15万円。ロースクールの生徒は、ニューヨークの夜景を見渡せる18階から20階の部屋に住むという。

間取りは3LDKで、リビングやバスルームはルームメイトたちと3人で共用だ。約11平方メートルのベッドルームは1人1室ずつ。24時間警備で建物内にジムまである。勉学に集中するには最適な住環境だが、皇室ジャーナリストはこう指摘する。

「食事代も含めれば年間200万円以上、3年間で少なくとも600万円以上の生活費がかかるはずです。学費は奨学金でまかなえますが、法律事務所が援助する生活費は貸与になったそうです。つまり3年後には佳代さんの元婚約者X氏からの借金約400万円と合わせて、1千万円以上の負債を抱えることになるのです。秋篠宮ご夫妻も結婚に難色を示されている厳しい状況で、なぜ小室さんがそこまでのリスクを背負って留学に踏み切ったのか、首を傾げざるをえません」

だが、大学関係者の女性が目撃した女性が目撃した小室圭さんの表情に、不安の色はまったく感じられなかった。

国際弁護士になる日まで、眞子さまは待っていてくださる――。ニューヨークで新生活を始めた小室さんの瞳には、希望に満ちた未来予想図が映っているに違いない。

 

配信にない部分

金銭トラブルについて秋篠宮ご夫妻は、

「問題がないのであれば公に事実関係を説明することが望ましい」と小室さんに記者会見することなどを求めていた。

それに答えず小室さん渡米。

 

f:id:ootapaper:20180814160909p:plain

「小室さんは渡米前、眞子さまとの関係について「変わりません」とコメントしましたが、この記事が出て、さらに雲行きが怪しくなりました」(皇室担当記者)

テレビでも報道された、これ↑のことですね。

 

現状では納采の儀は行えない」の報道は、

秋篠宮さまと紀子さま現時点では眞子さまと小室さんの結婚に反対のお気持ちだということがこの報道によりはっきり示されました。~略~」 

“現状では”、 “現時点では”、が意味深ですね。

現状では、現時点では、「納采の儀」が行えないので2年延期になっているわけですしね。

 

眞子さまはいまだに小室さんとの結婚を諦めていない。

小室さん留学に合わせたような、あの報道(「現状では、納采の儀は行えない」の報道)眞子さまが周囲の意見に耳を傾けられるきっかけになってほしい~というご夫妻の気持ちの表れ。

 

寿司キーホルダーを渡したルームメイトの男性はドイツ人。

 

大学関係者の日本人女性は「写真を撮ってもらってもいいですか」とお願いし一緒に写真を撮ったそうだ。

こういうのが勘違いさせるのでしょうかね。

その女性は好印象を持ったそうです。

LL.M (法学修士J.D.(専門職の法学博士)を取りたいと思っているので」とその女性に話したそうだ。

全部人のお金で、あまりに図々しい。

 

とにかく、大学の友達とも大学関係者ともフレンドリーに声をかけ、楽しそうな様子が書かれています。

法曹資格が何もない、お金もない、それでも「LL.M J.D.も取りたい」と言えるところがすごいですね。

大学のマーティン奨学金でしたか、今年できて、小室さんだけが受けてる全額免除の奨学金は確か1年間でした。

3年滞在にかかるお金、生活費が貸与になったことも、全く響いてないようです。

 「現状では、納采の義は行えない」は確かに新聞、テレビまでもが報じましたが、これも小室さんはまったく意に介してないようです

なぜこんなに余裕なんでしょうか。

 

破談のような報道はありますが、現実はどうかといえば、破談になることなく延期のまま、眞子さまの未来の結婚相手としてVIP待遇で留学生をしているのですよね。