ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

GHQ史観は未来永劫続くのか

GHQ史観は未来永劫続くのか

 

 

陛下「惨禍が繰り返されぬこと切に願う」 おことば全文

2018年8月15日12時10分

写真・図版 

https://www.asahi.com/articles/ASL8G54CLL8GUTIL020.html?ref=yahoo

全文引用:

 

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 

終戦以来既に73年、国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません。
 戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。
 

終戦73年、平和へ祈り=陛下「深い反省」、4年連続―平成最後の戦没者追悼式(時事通信) - Yahoo!ニュース

 

「深い反省」に違和感なしのヤフーコメント欄

 

そう思う、共感順

 

⚫️お身体ご自愛くださいm(_ _)m

 

⚫️反省という表現は正しいと思う。

 

⚫️平成最後の戦没者追悼

 

⚫️平和な時代が続くといいなあ。
その為に必要なものが何なのか考えないとね。

 

⚫️今思えば平成って初めて日本で戦争がなかった時代だよね。平成天皇様お疲れさまでした。

 

⚫️今の若者には戦争が遠くなっている。遺族だけでなく今の若い世代もこうした式典に参加してほしい。
語り継ぐ努力が大切。天皇の御代が変わってもこの式典は無くしては
ならない。

 

⚫️深い反省、心にしみる想いがしました。
戦争は忘れてはいけないし、これからもあってはいけない。年を重ねる毎に思います。

 

ーーーーーーーーーー 

眞子さま、小室さんの問題では鋭い指摘がのるヤフコメですが、陛下のこの「深い反省」には何も疑問を持つことがないようで、肯定的な受け止めをしています。

⇩こちらは、5chの書き込み。 私の感覚はこちらの方です。

 

5ch 陛下の「深い反省」に疑問を持つ日本人

http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/ms/1534236026/?v=pc

229 可愛い奥様 2018/08/16(木) 07:58:48.03

戦没者慰霊式典で「戦争への深い反省」と宣う天皇にも愛国心はなさそうです。

 

231 可愛い奥様 2018/08/16(木) 08:05:34.82

>>229 

中・韓だけが一番喜ぶ言葉 
アジア各国は植民地から解放されて、独立できた喜びにあふれた 
「世界」=中・韓のことで、朝日やマスコミさらに野党用語、 
その他アジアや世界各国は含まれない。

 

232 可愛い奥様 2018/08/16(木) 08:12:21.77

「戦争への深い反省」と戦没者追悼の場で口にすることは戦没者と遺族、そして日本人全体に向けて 
「反省しろ」と言っているわけです。 
戦争において日本だけを悪者にしたい国にとっては都合のいい言葉。売国奴と言っても過言じゃない。

 

235 可愛い奥様 2018/08/16(木) 08:17:47.70

深い反省って、戦中世代でもないのに言葉を引き継ぐのかな 
不戦の決意を示す表現のほうがよいのでは

 

238 可愛い奥様 2018/08/16(木) 08:26:49.60

「戦争への深い反省」と同時に「不戦への誓い」も海外ではご法度のはず。 
自分の国は自分で戦って守る、この原則を外したら指導者失格の烙印を押されるでしょう。

 

241 可愛い奥様 2018/08/16(木) 08:42:03.98

安倍総理が未来の子供たちにつけを残さないと言ってるそばから 毎度おなじみ反省を口にする。 
自分たちはただ疎開しただけなのに戦争経験者気分で、 
実践に行った方からすればその疎開に行ったこどもや 
自分達の祖父母母兄弟を守るために、日本が他国に侵攻されないよう、 
他国の植民地にならぬよう必死に守って戦ったのに、 
生きて帰ってきて天皇に反省しろと言われる。 
自分達や国を守った遺族に対しても反省しろという。 

自分は疲れたから生きてるうちに退位して自分の長男が即位する 
式典を晴れがましく見たいと摂政も拒み上皇上皇后となり優雅に 
暮らしたいと政治発言、マスコミリーク、友人の口をつかって 
政権批判。 
最悪の平成。

 

242 可愛い奥様 2018/08/16(木) 08:49:08.98

原爆投下の命令を受けたパイロットは「子供達が野球をして遊んでいるのが見えた」と 
回想しています。 
そこには理不尽との思いが滲んでいるように感じます。 
方や天皇は野放図に「戦争への深い反省」と口にする。愚かの極み。

 

243 可愛い奥様 2018/08/16(木) 09:00:17.81

>>242 
>方や天皇は野放図に「戦争への深い反省」と口にする。愚かの極み 

完全にGHQ史観、見事に洗脳されてる

 

245 可愛い奥様 2018/08/16(木) 09:01:39.50

>>232 
次代、次々代、次次々代に継承して 
日本が反省、謝罪し続けるように教育をしている。 

今時、中朝韓以外の世界各国の親日家はもとより、観光目的の多くの外国人ですら 
日本はもう謝罪する必要はないと言い始めてるのに。(海外の反応より) 

 平成27年8月14日 
内閣総理大臣談話

https://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/discource/20150814danwa.html 

日本では、戦後生まれの世代が、今や、人口の八割を超えています。 
あの戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の世代の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。

 

 

陛下のお言葉から感じるGHQ史観

「反省」という言葉を安易に口にすることがどれだけ国益を損なうか。

それに、今上陛下が「深い反省」と言う時、開戦の詔書を下した昭和天皇についてはどう考えているのでしょうか。

当時の日本人が、天皇の言葉として聞いた開戦の詔書には、何故日本が戦争を決断したのかが書かれています。

それを聞いて、自国を守るために立ち上がった日本人たちが天皇陛下万歳と言って死んでいったはずなのでは。

それなのに、「反省」という言葉は戦って亡くなった兵隊さんに対してあまりに冷たい言葉に聞こえるのですが。

 

開戦の詔書を読めといった小野田少尉

 何故「開戦の詔書」を読まないのか!

心ならずもあの戦争に行ったのではない、国のために我々が戦わなければ誰が戦えるのかと、そういう気持ちで誇りを持って行ったのであって、同情の対象ではないー

小野田少尉


【小野田少尉が語った日本が大戦を始めた真実】激怒!何故「開戦の詔書」を読まないのか!靖国神社参拝しない総理へ向けた衝撃のスピーチ!日本兵が戦争を語らない真実に驚愕!

 

この動画は、2014年1月16日、91歳で亡くなられた小野田寛郎さんについて書かれたこちら⇩のブログを元に作られています。

小野田寛郎さんが、強く語った 『 開戦の詔勅 』 。 今の日本の危機と重なる・・。 - 目が覚めて思うこといろいろ

 

小野田少尉について

小野田寛郎 - Wikipedia

小野田 寛郎(おのだ ひろお、大正11年(1922年)319 - 平成26年(2014年)116日)は、日本の陸軍軍人、実業家。最終階級は予備陸軍少尉。旧制海南中学校・久留米第一陸軍予備士官学校陸軍中野学校二俣分校卒。

情報将校として太平洋戦争に従軍し遊撃戦(ゲリラ戦)を展開、第二次世界大戦終結から29年の時を経て、1975年フィリピン・ルバング島から日本へ帰還を果たした。 

 

⇩  昭和天皇の開戦の詔勅の全文はこちら

開戦の詔勅

ーーー 

小野田少尉の演説は、2005年、靖国神社にて行われたものです。

 

その中で、小泉首相靖国神社を参拝した際、「心ならずも戦場に赴いた人々」と述べたことを強く批判しています。

 

 (また、8月15日に参拝すると公言していたにもかかわらず、時期をずらして参拝した小泉総理に対しても以下のように言っています。)

 

靖国神社に8月15日にお参りすると言ったのは、他でもない小泉首相

「命を賭けて」と言って、いわゆる(衆議院)解散をしました。

なぜ、「命を賭けて」今日お参りできないのか!

私はあえて首相をけなしたくありません。

しかしながら、一国の首相たるものが、この靖国神社にお参りをして「心ならずも」と英霊に対して言葉をかけております。

 

果たして私たちは「心ならずも」あの戦争で命を散らせたのでありましょうか。

私は国の手違いによって、15年間靖国神社にお祭りをして頂きました。

もし私がその時に、本当に死んでいたとすれば国のために我々が戦わなければ誰が戦えるのかと、そういう自分たちの誇りを持って力一杯笑って死んでいったのであり、また私だけでなしに私の仲間も皆そうであります。

それがなんで「同情」の対象なんでしょう。

「誇り」を持って死んだ人に対し、なぜただ黙って「ありがとうございました」と感謝の念を捧げられないのか。

私は小泉首相に大反対であります。

靖国神社について、あるいはまた戦後のいわゆる国際裁判のこと、いろいろ先ほどから諸先生方にお話を伺いました。

また、ここにお集まりの皆様方は、十分そのことをご承知のことと思います。

事後法(東京裁判のこと)など裁判ではありません。

日本の自存自衛のためには、立ち上がる他ない。

陛下の言われているところに、大東亜戦争の真の目的がはっきりと示されているのであります。

何が侵略戦争でありましょう!

それをはっきり日本国民が自覚すれば、この靖国神社に黙ってお参りをし、そして黙って感謝の気持ちを捧げられるはずであります。

その感謝の気持ちこそが、国を守るという大きな気持ちに繋がっていく、私はそれを死ぬまで皆様方に申し上げたいと思います。

 

 この小野田少尉の言葉には、戦後、GHQから日本人への占領政策として行われたWGIP(戦争への罪悪感を日本人の心に植えつける宣伝計画) の毒がないので、戦前から続く日本人の気持ちがそのまま出ていて、ハッとなるのです。

戦後の日本人は戦争に敗れたとはいえ、日本が悪かったから戦争に負けたと思っている人はいなかったと言います。

物量に負けた、国際法をどんどん破ってくる相手に負けた、そう思っていたと聞きます。

 

東条の処刑前の手記

英米諸国人に告げる》
今や諸君は勝者である。我が邦は敗者である。
この深刻な事実は私も固より、これを認めるにやぶさかではない。
しかし、諸君の勝利は力による勝利であって、正理公道による勝利ではない。
私は今ここに、諸君に向かって事実を列挙していく時間はない。
しかし諸君がもし、虚心坦懐で公平な眼差しをもって最近の歴史的推移を観察するなら、その思い半ばに過ぎるものがあるのではないだろうか。
我れ等はただ微力であったために正理公道を蹂躙されたのであると痛嘆するだけである。
いかに戦争は手段を選ばないものであるといっても、原子爆弾を使用して無辜の老若男女数万人もしくは数十万人を一挙に殺戮するようなことを敢えて行ったことに対して、あまりにも暴虐非道であると言わなければならない。
もし諸般の行いを最後に終えることがなければ、世界はさらに第三第四第五といった世界戦争を引き起こし、人類を絶滅に至らしめることなければ止むことがなくなるであろう。
諸君はすべからく一大猛省し、自らを顧みて天地の大道に恥じることないよう努めよ。

 

歴史は戦勝国が作ると言いますから、戦争に負けた日本は、戦勝国が作った歴史認識に忠実に、これから先も生きていくべきなのでしょうか。

それともGHQが行ったすべてのことを一回白紙に戻して事実を検証し、もう一度戦前から続く日本人の糸を取り戻すのか。

 

天皇皇后両陛下は次代にもGHQ史観を受け継ぐよう促しているようにも見えます。

心残りは韓国訪問と言いつつ、ただの一度も靖国神社に参拝したいとはおっしゃらなかった両陛下。

政治問題になっているところに陛下を行かせられないというのなら、韓国も同じです。それでも韓国へは「行きたい」と気持ちを吐露された両陛下。

たとえ行かれる状況になくても、行くお気持ちがあればこのような声が聞こえてくるはずなのです。が、靖国神社については何も聞こえてきません。

 

戦後の日本は国民も皆WGIPの催眠にかかっていたのだから、両陛下ばかりを責めることはできませんが、あの戦争で亡くなった日本の軍人さんたち、(最後の方は一般の日本人も戦争に行き戦いました)を思うと、陛下の言葉、靖国神社には見向きもしないで遠くに慰霊、慰霊と言って行かれるお姿も、悲しい気持ちにさせるのです。

 

加えて、歴史認識は日本の外交姿勢、つまり政治にも影響を及ぼすのですから、陛下の話されることばについては、陛下一人のご判断に任せずに、もっと政府、宮内庁皆でのすり合わせをしてほしいなと思うのです。