ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

小室さん秋篠宮邸訪問はなぜ報道されたのか

小室さん秋篠宮邸訪問はなぜ報道されたのか

 あの報道以来、すっかり元気がなくなってしまい、皇室について書く気が起きなかったのですが、コメント欄を見たら、同じような思いの方がいらっしゃるようで、気を取り直して、もう一度あの訪問について考えてみました。

 

抗議が殺到していたことは承知の宮内庁

小室さんのことでは、日本中から抗議の声が宮内庁に寄せられていると報じたのは、文春8月2日号。

f:id:ootapaper:20180806165024p:plain

同じ週刊文春に、週刊誌も、英字新聞もご覧になるという美智子さまは、

ニューヨークタイムズにまでこの結婚騒動が取り上げられて、世界中に広まることに危惧の念を抱かれている”

とも書かれています。

 

それであるなら、なぜ、憶測が飛び交う前に、小室さんの件について宮内庁から正式なコメントを出さないのでしょうか。

 

美智子さまはこの件に関しては沈黙を守ることが良いことだと思われているようで、週刊誌が美智子さまがこう発言されたという記事が出るたびに、『一切口を噤んでいる、何も言っていない』と訂正が入るのです。

でもたとえ、皇后さまがそういうスタンスでいたとしても、宮内庁は毎日来る抗議のメールを目にしているはずです。

このままだと国民から皇室不要論が広がりかねないという危機感はないのでしょうか。

 

わざわざ怒りに火をつけるような小室さん訪問

秋篠宮ご夫妻にとっても宮内庁にとっても寝耳に水だったはずの(ほとんどの週刊誌がそう書いていました)小室さんの留学。

宮内庁は、フォーダム大のHPに「小室さんは眞子さまの『婚約者』」と書かれていることに、皇室の名前を利用したのかと怒り心頭だと週刊誌は書いていました。

削除を要請した後も、婚約者という言葉は消えたけれど、<小室氏とプリンセス眞子は2017年9月に、結婚するつもりだと発表した>と、眞子さまの名前が載ったままだったため、フォーダム大のその対応に“宮内庁の怒りの炎に油を注いでしまった(文春8/2)”とも書かれていました。

 

いくら宮内庁が怒ってみせたところで、国民はこの留学には皇室の力や人脈が働いたのはずで、税金が投入されたのではないかの疑いは消えないわけで、そのことの抗議が一番多かったはずです。(ヤフコメ調べ)

奥野法律事務所の所長が小室さんの生活費支援をするといったものの、所内の不満の声で貸与になったとありました。

それでも、それも小室さんにはなんら影響を及ぼさず、計画が変更になることもないこともますます税金投入説を裏ずけているように思います。

実際官房機密費が使われたとテーミスの目次に書かれていました(中は未確認)。

そんな数々のおかしなことに疑問の声が殺到している中での小室さん訪問。

赤坂からとはいえ、秋篠宮家の車が小室さんをお迎えする形で、秋篠宮邸に招いて食事を共にしながら2時間以上の滞在。

 

行きはTBSが報道、6時半頃に赤坂から車に乗り込む映像
TBS
小室圭さん 留学前に赤坂御用地
8/4(土) 23:37配信

f:id:ootapaper:20180806161329p:plain

秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約が内定している小室圭さんが、アメリカへの留学を前に秋篠宮家のある赤坂御用地を訪れました。
 
 4日午後6時半ごろ東京メトロ赤坂見附駅周辺を歩く小室圭さんの映像です。小室さんはこのあとワゴン車に乗り込み、秋篠宮邸のある赤坂御用地を訪れました。
  
 小室さんは来週にもアメリカに渡り、弁護士資格の取得を目指しておよそ3年間、ニューヨークにあるフォーダム大学ロースクールに留学します。小室さんは渡米を前に眞子さまに会うために秋篠宮邸を訪問し、夕食などをともにされたとみられます。
 
 現在、眞子さまと小室さんは結婚の意思を公表した「婚約内定」という状態で、宮内庁は今年2月、お二人の結婚式など一連の行事を再来年に延期することを発表しています。(04日21:48)

 

帰りはフジテレビが9時過ぎに秋篠宮邸を後にする小室さんを報道
フジテレビ
眞子さまのお住まいを訪問 渡米前の小室 圭さん
8/5(日) 1:54配信

f:id:ootapaper:20180806161219p:plain

秋篠宮ご夫妻の長女・眞子さまと婚約が内定している小室 圭さんが、アメリカ留学を前に眞子さまのお住まいを訪れた。
 
赤坂御用地を訪れた小室さんは4日午後9時すぎ、報道陣に会釈をして秋篠宮邸をあとにした。
 
小室さんは、8月アメリカに渡り、3年間、フォーダム大学ロースクールで学ぶ予定で、渡米を前にあいさつをしたとみられる。

 

わざわざ行きと帰りを報道させたのはなぜか

2時間以上滞在してましたとわざわざ宣伝するのはなんのためだったのか?

 小室さんは結局秋篠宮家からも解決するようにと言われていた借金トラブルについては贈与を押し通し、自分の学費を払ってくれた人が今生活に困っていることにも完全にスルーして渡米するのです。
この最後の訪問には、眞子さま秋篠宮ご夫妻もそのことを容認しているような印象を受けるので、とても感じが悪いです。

 

宮内庁反対派によって、報道されたのかも?という仮定

抗議の声が殺到している中で、なぜ小室さん訪問を実現させたのでしょう。

私は最初、あの訪問を報道したことは、「二人の結婚の意思は変わらず」をみせつけるもので、宮内庁秋篠宮ご夫妻もそれを了承してますというメッセージだと確信してしまいました。

わざわざ2時間以上の滞在を知らせることも、宮内庁秋篠宮家も了承していると国民に知らせたいのかと思いました。

「お別れの挨拶」と受け取った方もいるようですが(他の掲示板でも)、2時間以上滞在して食事をとりながらの、お別れの・・とはなかなかイメージしにくいです。

 

 

眞子さまと結婚する意思は変わらない」という談話の公表を“阻む”ためだった? 

週刊朝日8月10日号には、こんなことが書かれていました。

秋篠宮家の長女眞子さま(26)との婚約を延期している小室圭さん(26)がまもなく、3年間の米国留学へ発つ。

眞子さまと結婚する意思は変わらない」。

そんな談話を出発前に公表する予定という。だが、そう遠くない時期に2人の“純愛物語”に終止符が打たれるかもしれない。 

f:id:ootapaper:20180807041546p:plain

一体どっちなのかよくわからないリードのあとに、眞子さまと小室さんの親密なやり取りがあり、お二人は今も頻繁に連絡を取り合い、気持ちを確認し合っているのだと書かれています。

このリードの最初の部分が正しければ、

眞子さまと結婚する意思は変わらない」。

そんな談話を出発前に公表する

今回の訪問はそのための打ち合わせでもあったように思えたのですが、今のところその談話は出ていません。

 

同じ記事に、小室さんには別の顔があり、紀子さまは日本語が通じないといったり、自分の仕事関係の人に眞子さまを会わせたりして、眞子さまが利用されかねない状況にあることが書かれています。

その状況を心配して、ようやく秋篠宮家も動かなければいけないという認識を持ったとあるのです。

 

f:id:ootapaper:20180807042509p:plain

殿下の「本人の意思を最大限に尊重」のベースにあるのは憲法

f:id:ootapaper:20180807043456p:plain

 

 

f:id:ootapaper:20180807042629p:plain

「交際や結婚については個人の意思を尊重しますが・・納采の儀では・・」と、ここまで相手のおかしさが見えてきているのに、憲法を守らなければいけないという意識が働くことにびっくりします。

 

今回の小室さん訪問も、眞子さまと小室さんの強いご意思(希望)であるから拒めない、ということでの招待だったのでしょうか。

 

少し無理をして考えると、この訪問は阻めないが、談話を出すことは何としても止めたい、そのために宮内庁反対派が、世論によってこの計画を潰すようにあえて報道させたということもあり得るでしょうか。

報道されれば、必ずたくさんの抗議が来ますから、眞子さまと小室さんを応援している宮内庁賛成派も止まるように言うしか無くなる。

 

確かにお二人の意思は変わらないのに、借金報道を受けて今年の2月に納采の儀を延期させた人たちがいるわけですから、宮内庁の中に賛成派と反対派の間で綱引きがあるのかもしれません。

 

そう考えれば、抗議を続ける意欲も湧きます。

それにしても、これだけ皇室にたかる気満々の人だとわかっているのですから、この際憲法なんてどうでもいいですし、殿下には国民の方を向いていただきたいです。