ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

【週刊朝日】「結婚する意思は変わらない」と談話を出すかも?終止符が打たれるかも?

週刊朝日】「結婚する意思は変わらない」と談話を出すかも?終止符が打たれるかも?

 

 

週刊朝日8月10日号】秋篠宮殿下時子さまがご決断か!
眞子さま婚約“破談”へ!
紀子さま心痛 眞子さまが「利用される」ー

8/1(水) 11:30配信 ネット配信されました。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180731-00000022-sasahi-soci

f:id:ootapaper:20180731151913p:plain

   

眞子さまと結婚する意思は変わらない」「2人の純愛物語に終始符が打たれるかもしれない」
秋篠宮家の長女眞子さま(26)との婚約を延期している小室圭さん(26)がまもなく、3年間の米国留学へ発つ。眞子さまと結婚する意思は変わらない」。そんな談話を出発前に公表する予定という。だが、そう遠くない時期に2人の“純愛物語”に終止符が打たれるかもしれない。 

眞子さまと結婚する意思は変わらない」、米国出発前にそんな談話を出すかもしれない。が、そう遠くない時期に2人の純愛物語に終始符が打たれるかもしれない? 

どうしていつもこうまどろっこしいのだろう。

 

「応援されている」と眞子さまに嘘を言う小室
「今日も街で知らない人に『頑張って下さい』と声をかけられたよ。周囲の反対に負けないで結婚しようね」「うん、そうね」小室圭さんが優しい言葉をかけると、眞子さまは素直に応じる。宮内庁関係者によると、2人は頻繁に連絡を取り合い、気持ちを確認しているという。

この後は、また、昨年の婚約スクープから借金トラブルが発覚するまでの経過説明と、その後、米国へ弁護士資格を取得するために3年間留学となったことの説明。

延期は2年なのに留学は3年間、

結婚はどうなるのか」と多くの国民が気を揉んでいることだろう。

と書いてあるけれど、国民は気を揉んでいるのではない。

この留学に税金が使われたのじゃないか、なぜこんな男性を特別扱いしているのか、なぜ破談にもできないのかと怒っているのだが、どこの週刊誌もそこはスルーしている。

 

納采の儀を執り行うことは難しい 
秋篠宮殿下も紀子さまも今までずいぶんと悩まれていました。しかし、いまは納采の儀を執り行うことは難しいとお考えになっていると思います」

納采の儀をすることじゃなくて、結婚させることが難しいでしょ。

結論を出すべき時なのに、どうしてこうまどろっこしい言い方をするのか。

 

フォーダム大学眞子さまを小室さんの「フィアンセ」と紹介したが、誤解
昨夏の婚約内定の記者会見をもって、2人は婚約者同士だと誤解している向きがある両殿下のもとへの問い合わせが相次いだためか、宮内庁が「現時点では婚約者ではない」とコメントし、同大に伝えると説明する騒動もあった。

天皇の裁可を受けているから破談にできないという話はなんだったのか?

もともと婚約者でもないのなら、なぜSPが付いているのか、秋篠宮邸に行くのに宮内庁が車を出しているのか。

ここ、本当に理解できません。

宮内庁は会見を開いてください。

定例会見で、記者たちは何を聞いているのでしょうか。

 

秋篠宮殿下は小室さんの誠意ある説明や対応をじっと待ち続けた

秋篠宮殿下はこれまで、小室さんの家族の借金トラブルや新興宗教への傾倒が報じられても、中立の姿勢を崩さなかった。誠意ある説明や対応を信じて、じっと待ち続けていらしたようです」(前出の関係者)

 これ今年の初め頃の話ですよね?

 

身体検査をしなかったのは秋篠宮家が望まなかったから

身体検査は秋篠宮家が望まなかったので行わなかった。

宮家が望まないものを宮内庁が行うわけにいかない。

秋篠宮両殿下には『結婚は憲法の精神にのっとり、当事者同士の意思によってなされるものだ』とのお考えがあります。眞子さまと小室さんを尊重し、決定も2人に任せてきました」(同) 

憲法のために詐欺師に惚れた娘を放っておく親はいませんよ。

 

借金トラブルは報道で初めて知った。

小室親子を宮邸に呼んで、トラブルとなっている元婚約者の男性に佳代さんが、連絡さえしていないことや、解決する方策などについて尋ねたと書いていあるのですが、何故今頃?

しかも小室親子は、

佳代さんも小室さんも「相手とは話し合いが済んでいます。解決済みです」と繰り返すばかり。

解決済みだと話してきたのだという。

すごい親子だ。

ここで、この親子は変だと思わなかったところが致命的だと思う。 

 

小室さんの別の顔

 ある知人は小室さんのこんな言葉を聞き、耳を疑ったという。

紀子さまは帰国子女だから、日本語があまり理解できないのでしょう。僕の話もわかっていないご様子なんですよ」

 わかってないのはお前の方だけどなーと全国民が突っ込んでいるところでしょう。

 

 眞子さまを連れ出しては知人に紹介

 小室さんは、眞子さまをいろいろな知人に「交際相手」として紹介。

内親王」を紹介された相手は、小室さんについて、どう感じるだろうか。

「人を疑う必要のない環境でお育ちになったためでしょうか。まこさまは相手の言葉を素直に鵜呑みにしてしまうところがあります。小室さんに『来て』と言われれば、素直に呼び出しに応じてしまうのでしょう」(関係者)
眞子さまを利用している
実際、小室さんの仕事に関係する人物が、自分の知人まで読んで、小室さんと眞子さまと一緒に食事をしたこともあった。
やっと親として動くのか
交際や結婚は、できるだけ本人の意思を尊重するー。そうした方針をとってきた秋篠宮家。〜略〜

それでも、今回ばかりは親として動かずにはいれなくなったのだろう。

今は結婚させる、させないのだけが話題になっているのではないです。

小室さんの留学に税金が使われたのか、皇室コネクションが使われたのかということに問題は移っています。(大事なことなので2回書いています)

 

 <法曹資格者のコース“特例”入学> 

「交際や結婚については、個人の意思を尊重しますが、結納にあたる納采の儀では、家と家の儀式という性格がある。ここには、両殿下のご意思が反映されるものと思います。納采の儀をお許しにならないとすれば、婚約はもちろん、結婚を許す気がないと言う意味です。殿下はそのご決断をされているのではないでしょうか」(同)

 なぜ、こんなまどろっこしいことを言っているのでしょう。二人の結婚の意思は尊重するが、家と家の儀式の納采の儀はしないとか。

こんなことをのらりくらりやって、結局税金を小室さんに投入しているのがばれないようにしているだけではないのか。  

(大事なことなので3回書いています)

皇后さまや秋篠宮ご夫妻の心痛を知ってかしらずか、小室さんは渡米を決めた。

 週刊朝日も他誌と同様に、秋篠宮ご夫妻も、宮内庁もノータッチで小室さんが渡米を決めたことにしたいようだ。

そんなことが信じられるはずがない。

 

 特別待遇の留学

法曹界の資格のない小室さんに、弁護士資格を持つ学生向けのLL.M(1年の最短コース)の入学を認めたフォーダム大。

学費は全額免除。 

 

奥野法律事務所の小室さんへの援助は貸与へ変更

法律事務所内でも小室さんの留学には疑問の声が噴出している。

小室さんの職場での立場はパラリーガル。法律事務所が事務職員の留学滞在費を3年間も負担するのは、異例。法律事務所の事情を知る人物は、

眞子さまとの交際がなければ、ごくごく普通の事務職員。なぜそこまでするのか」という意見も、所内で渦巻いているという。

 そうした空気を受けてなのか、小室さんの生活費は貸与へと変更に。

 

眞子さまとすれ違うように、8月に米国へ飛び立つ小室さんと書いている朝日

 眞子さまとすれ違うように、8月に米国へ飛び立つ小室さん、と書いている週刊朝日

 眞子さまはブラジル訪問の後、わざわざNY経由を選び、一泊される。

そのために、小室さんと現地で会うためじゃないかと他誌でも散々書かれているのに、その件にも触れずに、8月に渡米、眞子さまは31日に帰国ですれ違いと書いている。 

ちゃんと小室さんの出国日を調べたの?

 

最近の週刊誌はどこも、国民が一番疑っていること、怒っていることをわざとなのかスルーしているようです。

今回の留学には税金が使われたに違いないと思われているのです。

(大事なことなので4回書いています)

 

皇室は説明しないのですか?

 

奥野法律事務所の所長は、生活費の援助を貸与にしたという。

貸与なら、返済不要の援助とはまるで違う。この方は学生結婚もあり得るとも書いていたけれど、返済が必要なら、ますます結婚から遠ざかるでしょう。

何もかもがおかしい。

それにどなたかも書いていましたが、奥野所長のこの言葉、

「学費については、小室君が優秀で大学からの奨学金で免除されたそうですから、私たちの方は、生活費だけ支援しようと思っています。借金のことはお母さんの関係ですし、本人はいい男です。眞子さまと互いに純真に想う心を大切にして添い遂げられるよう、私にも協力できることがあれば、してあげたいんです」

小室圭さんの米国留学を支援する弁護士を直撃 | 文春オンライン

私たちの方は、のもう片方はフォーダム大なのか、それとも・・。

f:id:ootapaper:20180731182448p:plain

女性セブン8月9日号

宮内庁は小室さんが入学の許可を得る際に大学に提出した申請書類の写しを入手しようとしているようです。

これは是非やってもらいたい。

皇室は疑われています。私も疑っています。

宮内庁はきちんと証明できるようなものを揃えて、会見を開くべきです。

これをうやむやにするようなら、これを書いた人、フォーダム大に売り込んだ人が皇族だったんだなと、少なくとも、私はそう思ってしまいます。