ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

【眞子さまがブラジルへ旅立った今日】宮内庁より指摘『小室圭さん“まだフィアンセではない”』

眞子さまがブラジルへ旅立った今日】宮内庁より指摘『小室圭さん“まだフィアンセではない”』

宮内庁が、やっと訂正要求するようです。

“まだ”というところが気に入りませんが、それでも放置しておくよりマシです。

宮内庁指摘、小室圭さん“まだフィアンセではない”

f:id:ootapaper:20180717203013p:plain

7/17(火) 19:55配信

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180717-00000065-jnn-soci

リンク先に動画あり。

秋篠宮家の長女・眞子さまと婚約が内定している小室圭さんの留学予定先の大学に宮内庁が、異例の指摘です。

 小室圭さんは、この夏、アメリカに渡り、弁護士資格の取得を目指しておよそ3年間、ニューヨークにあるフォーダム大学ロースクールに留学します。

 これを受けてフォーダム大学が、今月5日、ホームページ上で、小室さんのことを眞子さまと婚約していることを表す「fiance」という言葉を使って紹介しました。しかし、皇室では、伝統的に「納采の儀」と呼ばれる儀式を経なければ、正式に「婚約」とはならないことから、宮内庁は、まだフィアンセではないとして近く、フォーダム大学に正確な事実関係を説明するとしています。

 現在、眞子さまと小室さんは結婚の意思を固めた状態を公表した「婚約内定」という段階で、宮内庁は、今年2月、お二人の結婚式など一連の行事を再来年に延期することを発表しています。(17日18:25)

フォーダム大学がホームページに小室さんを「眞子さまのフィアンセ」と載せたのは、7月5日です。宮内庁はなぜすぐ訂正するよう要求しなかったのでしょう。

あまりに遅いですが、眞子さまがブラジルに着く前でよかったと思います。

ブラジルで会った人たちが、眞子さまに「あなたのフィアンセは今度アメリカの大学で学ぶそうですね」とかなんとか、そんな会話をしていいのか悪いのか、「おめでとう」なのかそうじゃないのかわからない状態で公務するなんて、相手も困ってしまいますからね。

それにしても此の期に及んでも「破談の発表」にならないのがもどかしい。

http://www.ootapaper.com/entry/2018/07/06/224525

 

こちらは毎日新聞の同内容の記事、
宮内庁>小室圭さんについて「婚約状態ではない」 7/17(火) 20:33配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00000086-mai-soci

秋篠宮家の長女眞子さまとの婚約が内定している小室圭さんの米ニューヨーク留学を巡り、宮内庁は17日、留学先のフォーダム大学が小室さんを「fiance of Princess Mako(眞子さまの婚約者)」との表記でホームページ(HP)で紹介したことについて、「現時点で婚約状態ではない」と大学に説明すると明らかにした。「大学の誤解を解くため」という。同庁は「皇室は伝統的に納采(のうさい)の儀という儀式を経て婚約となる」としている。

 同大学はHPで5日、法律事務所社員の小室さんが同大学ロースクールに8月から3年間、留学すると公表した。【山田奈緒

 

 何か不自然さを感じるブラジル訪問。10年前の100周年は皇太子さまが行かれたのですが。

 

<1回目報道>1月29日、眞子さま、ブラジル訪問検討「最後の海外訪問になるとみられる」

秋篠宮ご夫妻、6月ハワイへ=眞子さまブラジル訪問検討

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018012900740&g=ryl

 一方、ブラジルも今年で日本人移住110周年を迎えることから、ご夫妻の長女眞子さまの公式訪問の可否について同庁が検討を進めている。7月に現地で行われる記念式典への出席が模索されており、実現すれば、11月に結婚し皇籍を離れる眞子さまにとって皇族として最後の海外訪問になるとみられる。(2018/01/29-15:34) 

 

2月6日、結婚延期の発表

 

3月10日 小室さん単独で秋篠宮

 ・「アメリカに留学したい」と秋篠宮様に話す。

 

3月16日 皇太子さまブラジルへ「世界水フォーラム」にご出席。私的な旅行?

皇太子殿下は,ブラジル国政府及び第8回世界水フォーラム運営委員会からの招待により,同国ブラジリアにおいて開催される「第8回世界水フォーラム」に御臨席のため,来る3月16日から同月22日までの予定で,同国へ御旅行になりますので,御報告します。

なお,同国御旅行の途次,アメリカ合衆国にお立ち寄りになります。

ブラジル国ご旅行(平成30年) - 宮内庁

 

   

 

 3月末にも小室さん単独で秋篠宮邸ご訪問

 

<2回目報道>4月27日 宮内庁眞子さまのブラジル訪問検討

眞子さまのブラジル訪問検討=宮内庁

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018042700996&g=ryl

宮内庁は27日、秋篠宮家の長女眞子さまが7月中旬から下旬にかけ、ブラジルを訪問されることを検討していると発表した。
 今年は、日本人がブラジルに移住してから110周年に当たり、2週間ほどかけてサンパウロなど複数の都市を訪れ、記念式典などに出席する。大統領表敬も検討しているという。(2018/04/27-15:42)

 

6月10日 小室母子が秋篠宮邸ご訪問

<3回目報道>6月22日、眞子さま、ブラジル国政府からのご招待と発表、閣議決定済み

眞子内親王殿下のブラジル国御訪問について、閣議決定

http://www.kunaicho.go.jp/page/gaikoku/show/19

この度,ブラジル国政府から,日本人の同国移住110周年の機会に,眞子内親王殿下を同国に招待したい旨の申出があった。

ついては,我が国と同国との友好関係に鑑み,内親王殿下に同国を御訪問願うことといたしたい。

なお,御訪問の途次,ドイツ国及びアメリカ合衆国にお立ち寄りになる。

御日程は,7月17日御出発,同月31日御帰国の予定である。

 

宮内庁の検討が先で(1月29日)、ブラジルからの招待の記事が後(6月22日)という不自然さ。

2008年のブラジル「日伯交流年・ブラジル日本人移住100周年式典」に参加されたのは、皇太子さまでした。(雅子さまは同行せず)

 

2018年、3月には「世界水フォーラム」でブラジルを訪れていた皇太子さま

f:id:ootapaper:20180717205237p:plain

皇太子殿下の第8回世界水フォーラム御臨席(概要) | 外務省

 

《ブラジル》首都=皇太子殿下ご来伯を歓迎=日系社会代表者が大使館で=励ましのお言葉に感激

http://www.nikkeyshimbun.jp/2018/180321-71colonia.html

移民100周年で皇太子殿下にご接見を賜ったというブラジル日本文化福祉協会の呉屋春美会長は「10年前とお変わりないですね」と話したところ、殿下は「懐かしいですね」などと懐古されたという。

〜略〜

パラナ日伯文化連合会の上口寛会長も「110周年祭典での皇室のご臨席をお待ちしております。今年はマリンガーとロンドリーナで開催するので協力して頑張っております」と話をしたところ、「準備が大変ですね。頑張って下さい」と励ましのお言葉をかけられたという。

 

↑「世界水フォーラム」でブラジル訪問された時の皇太子さまと関係者との会話です。

この会話の流れで行くと、2008年も皇太子さまが訪問されていますから、今回も当然皇太子さまが行かれるように思えるのですが。

 

なぜ、眞子さまになったのか? 今月の皇太子さまの予定表

平成30年(7月~)

  • 平成30年7月2日(月)
    お名前 ご日程
    皇太子同妃両殿下 ご会釈(人事異動者)(東宮御所
  • 平成30年7月4日(水)
    お名前 ご日程
    皇太子殿下 天皇陛下に代わり,午餐(在京外国大使夫妻(ノルウェー欧州連合代表部代表,ケニア,スペイン))(宮殿)
    皇太子同妃両殿下 ご進講(外務省国際情報統括官)(東宮御所
  • 平成30年7月5日(木)
    お名前 ご日程
    皇太子殿下 ご接見(外国大使(フィリピン,ボツワナベナン,エジプト,大韓民国,トルコ))(東宮御所
  • 平成30年7月9日(月)
    お名前 ご日程
    皇太子殿下 ご接見(離任大使(オマーン))(東宮御所
  • 平成30年7月10日(火)
    お名前 ご日程
    皇太子殿下 ご接見(離任大使(ルクセンブルク))(東宮御所

皇太子さまが訪問できないような公務は特に入っていませんね。

逆にかなり余裕があるような。

考えられることとしたら、以下、今年3月にブラジルで韓国の李首相と会った時の皇太子さまの発言が問題にされたのか。

韓国の中央日報の記事から抜粋

韓国首相、日本皇太子に会って「韓半島の変化」への支持求める

http://japanese.joins.com/article/728/239728.html

徳仁親王韓半島の変化に対して理解と支持を求める李首相に、自身の立場でできることは限られているが、できることはするという趣旨を述べつつ「平和的解決を願っている」と応じた。また「歴史を学ぶ人として、過去を反省した上で良い関係が築かれることを願う」とし「両国間に良い環境ができることを願う」と述べた。 

「過去を反省」って、また韓国との外交に利用されそうな発言です。

周囲がこれを問題にしたのならまだ救いがありますが、日本の外務省、どうでしょうか?

ただ単に眞子さまに海外公務をさせる、女性宮家の話をまた盛り上げようとする、という作戦かもしれません。

 眞子さまのブラジル行きの日程が決まったのは6月22日

ブラジル政府からのご招待であるとアナウンスされ、閣議決定もされた同日に、以下の日程表も発表されました。

ここに、例の怪しい (;¬д¬)と疑われるNY立ち寄りが入っているのですね。

御日程の概要

7月17日(火) 東京 御発
フランクフルト 御着(ドイツ国お立ち寄り)
同地 御発
7月18日(水) リオデジャネイロ 御着(ブラジル国)
7月19日(木) ロンドリーナ 御着
ロランジア 御着
マリンガ 御着
7月20日(金) 同地御滞在
7月21日(土) サンパウロ 御着
7月22日(日) カンピーナス 御着
マリリア 御着
プロミソン 御着
リンス 御着
7月23日(月) カフェランジア 御着
アラサツーバ 御着
カンピーナス 御着
サンパウロ 御着
7月24日(火) マナウス 御着
7月25日(水) 同地御滞在
7月26日(木) ベレン 御着
7月27日(金) トメアス 御着
ベレン 御着
7月28日(土) リオデジャネイロ 御着
同地 御発
7月29日(日) ニューヨーク 御着(アメリカ合衆国お立ち寄り)
7月30日(月) 同地 御発
7月31日(火) 東京 御着

 

皇太子さまの日本からブラジルまでの行程はロサンジェルス経由

ちなみに、今年3月に皇太子さまがブラジル開催の水フォーラムに招待された時の日程表では、ロサンジャルス経由になっています。

ブラジル国ご旅行(平成30年) - 宮内庁

 

御日程の概要

3月16日(金) 東京 御発
  ダラス 御着(アメリカ合衆国お乗換え)
  マイアミ 御着(同国お立ち寄り)
3月17日(土) 同地 御発
3月18日(日) ブラジリア 御着(ブラジル国)
3月19日(月) 同地御滞在
「第8回世界水フォーラム」御臨席
3月20日(火) 同地 御発
3月21日(水) マイアミ 御着(アメリカ合衆国お乗換え)
  ロサンゼルス 御着(同国お乗換え)
  同地 御発
3月22日(木) 東京 御着

 

今回、「まだ」がついたとはいえ「フィアンセじゃない」と宮内庁が訂正をフォーダム大学に求めるとのことですし、国民の目も厳しくなっていますから、まさか小室さんと合流はないと思いますが、もう1日も早く「破談になりました」と発表してもらいたいものです。