ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

みんなが思っていたことが記事に・・〈週刊朝日〉留学費全額免除の特別待遇に違和感

みんなが思っていたことが記事に・・〈週刊朝日〉留学費全額免除の特別待遇に違和感

昨日まさに、コメント欄で教えていただいたフォーダム大学のニュースルームの件が

週刊朝日オンライン限定記事に載っていました。

 

   

眞子様の婚約者・小室さんは留学費全額免除の特別待遇に違和感
 「きわめて異例」国際弁護士〈週刊朝日

7/7(土) 13:35配信

f:id:ootapaper:20180706095540p:plain

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180707-00000018-sasahi-soci

全文引用:

 

王室を持たない米国は、つくづく「ロイヤル」の冠に弱いようだ。

〈ケイ・コムロ、プリンセスマコの婚約者が入学へ〉

7月5日、米フォーダム大学ロースクールがホームページの「ニュースルーム」にこんな見出しで始まる文章を掲載した。

 年間5万500ドル(約660万円)の学費は奨学金により全額免除する、と書かれている。

 海外事情に詳しい八幡和郎氏はこう話す。

「海外の大学では、個人情報という概念が薄いので、王室のメンバーが入学するなど学校の宣伝になる情報をHPにアップすることは、珍しくありません」

 小室圭さん(26)は、皇室のメンバーでもない一般人。加えて、一般の婚約にあたる「納采の儀」が延期された状態で、まだ婚約者ですらない。大学側の前のめり感は、否めない。


 おまけに、これまでフォーダム大学における返済義務のない奨学金は、年間2万ドル(約220万円)の枠だけであった。ところが、ホームページには、「100%学費免除を受けられる新しい奨学金」として今回、小室さんが給付される「Martin Scholarship」の説明がアップされていた。

 そして年間300万円を超える寮生活費や教科書代についても、小室さんが、パラリーガルとして勤務する都内の法律事務所が支援することが決まっている。重なる「王子さま待遇」に、驚きを隠せないといった様子で話すのは、ニューヨーク州の弁護士資格を持つ、日本人の国際弁護士だ。

「日本の弁護士資格を持たない小室さんが、米国の州の司法試験を受験しようとすれば3年間のJulias Docter(JD)の法務課程のコースで学ぶ必要がある。所属する弁護士の学費と生活費を支援する弁護士事務所は、いくらでもありますが、事務職員のパラリーガルを3年間も支援する例は、極めて異例ですよね」

 パラリーガルとして勤務する小室さんの仕事は、英語の書類の翻訳や弁護士の仕事のアシスタントといった事務職で、年収は300万円程度だとみられる。

事務所は給与をそのまま支給し、それが生活費に充当されるのだろう。

「米国のロースクール時代の同級生のなかには、霞が関の官僚や研究者や弁護士など日本人もいましたが、公務員の留学は2年が限度ですし、外国の弁護士ならば1年間の課程で司法試験を受験できます。ビジネスパーソンで、3年間留学する、一般の日本人に、個人的には会ったことはありませんね」(前出の国際弁護士)

 所属法律事務所が小室さんへかける期待値の高さを物語っているようだ。

 偶然なのだろうが、小室さんの勤務先の法律事務所の所長は、秋篠宮さまが名誉総裁を務めるWWF世界自然保護基金)ジャパンの理事を務めており、知らない仲ではない。
 
 だが、このやや強引とも思える「王子さま待遇」について、首をかしげる宮内庁関係者も少なくない。

 たとえば、秋篠宮家は、学校など教育の場において、皇族であろうと、「特別扱いさせないでください」と学校側にも伝えてきた。長女の眞子さまも佳子さまも大学受験は、一般と同じ条件で挑戦している。佳子さまに至っては、現役時に他大学を受験したが、不合格になっている。

「小室さんには秋篠宮邸への出入りに、ハイヤーを使わせるなど、不自然なほどの特別扱いが、宮内庁内でも不興をかっていたのは、事実です。さらに、フォーダム大学がわざわざ眞子さまの婚約者と小室さんの留学をインフォメーションしたやり方にも違和感がありますし、重なりすぎる『特別待遇』についても同様です。秋篠宮両殿下が、ご存知ないところでことは運んだのでしょうが、しかし、宮家にとってよい風評にはならないのではないでしょうか」(宮内庁関係者)

 一昨年夏の、眞子さまと小室さんの、婚約内定の記者会見。ふたりのメッセージのなかで、小室さんを「太陽」に、眞子さまを「月」に例えたことや、日付を元号ではなく西暦を使ったことに対して、他の宮家が、眉をひそめたとも言われる。

 3年間の留学ののち、再び日本に戻り、同じ法律事務所で勤務する予定の小室さん。眞子さま描く未来予想図は、なにやら霧が晴れないままである。(本誌・永井貴子)

週刊朝日オンライン限定記事          

 

この記事で気がつきましたが、考えてみると小室さんは婚約内定会見をしただけで、納采の儀は延期になっているのですから、婚約者でもないのですよね。

陛下の裁可を受けたと言っても、状況的に見て、限りなく破談と言われるに近い状況。普通の神経があったら、大学に眞子さまのfianceなどと言えるはずもないのです。

 

この図々しさを許している原因はどこにあるのでしょうか。

別の掲示板などを見ると、悠仁さまのお茶の水大附属小学校入学も、別枠で入学させたことなどを挙げ、記事のように特別扱いを嫌う秋篠宮家というのとはまた違う事実があるようです。

奨学金用の推薦状は奥野所長が書いているという人がいますが、奥野所長が小室さんの留学を知ったのは、もう留学が決まってからのことです。

 

女性セブン=4月、週刊文春=5月末、日本テレビのnews every(6/29)=最近

 と聞いた時期についてはまちまちに書かれていますが、決まった後であることは共通しています。

 

そうなると、

小室さん「奨学金で留学することになりました。帰ってくるまで席は残しておいてもらいたい」

奥野所長「わかりました。じゃあ、3年間生活費を援助しましょう。」

という極めて不自然な会話がされたことになるのです。

 

しかも、留学が決まってから知ったのであれば推薦状など頼まれているわけもなく、そうなると誰が書いたのか。

秋篠宮殿下である可能性」だってないわけではないと私は疑っています。

それなら、大学のホームページに堂々と眞子さまのフィアンセと書ける謎も解けます。

(これ、もし間違っていたのなら大変なことですよね。それをフィアンセとかけるということは、つまり一番重要な人物から確認を取っているから、と私は思っているのですが、はずれてほしいです)

 

記事の中で、宮内庁関係者という人までもが、 

「小室さんには秋篠宮邸への出入りに、ハイヤーを使わせるなど、不自然なほどの特別扱いが、宮内庁内でも不興をかっていたのは、事実です。さらに、フォーダム大学がわざわざ眞子さまの婚約者と小室さんの留学をインフォメーションしたやり方にも違和感がありますし、重なりすぎる『特別待遇』についても同様です。秋篠宮両殿下が、ご存知ないところでことは運んだのでしょうが、しかし、宮家にとってよい風評にはならないのではないでしょうか」(宮内庁関係者) 

こんな国民の誰もが感じ、それだからずっと腹立たしかったことを、宮内庁関係者が第三者みたいに悠長に言っているのも信じられません。

宮内庁職員は、当事者なんですが。(宮内庁の「関係者」になると違うのでしょうか?)

ハイヤーを使わせることに違和感があったのなら、なぜそれを秋篠宮ご夫妻に進言してやめさせないのか。

フォーダム大学のインフォメーションにも違和感があるなら、なぜ取り消しを求めないのか。

秋篠宮両殿下が知らないところでことが運んだのでしょうが、” なんて書いていますが、誰がそんなことを信じているでしょうか。

 

今日本中が秋篠宮さまに、税金を使って小室さんを留学させたという冷たい疑いの視線を送っています。

この後一体どうやって、信用を取り戻すのでしょうか。

 

フライデー動画