ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

Fordham Low News(フォーダム大学ニュース)が、小室さんは大変優秀なので、全額返済不要の奨学金を受けましたとアナウンス

Fordham Low News(フォーダム大学ニュース)が、小室さんは大変優秀なので、全額返済不要の奨学金を受けましたとアナウンス

 

コメント欄に頂いた情報です。

自動翻訳で日本語にしてますので、少し変なところがあります。

ttps://www.fordham.edu/info/20346/school_of_law 

うえの大学のホームページ(URLの頭にhを入れてください)に行き、下の方にスクロールすると、ニュースルームというところがあるんですね。ここをクリックすると、

f:id:ootapaper:20180706210255p:plain

↓ここに、小室圭のニュースが。タイトルだけでめまいがしそうです。

「眞子王女の婚約者、フォード大法学部に参加する」

まさか、「日本中から破談を期待されている眞子さまのお相手、小室圭」とか「なんとか破談にしたくて、宮内庁が留学させた小室圭」とは書けないですものね。

f:id:ootapaper:20180706210412p:plain

で、ここをクリックすると、この画面に出ます。

ここのアンカーが

ttps://news.law.fordham.edu/blog/2018/07/05/kei-komuro-fiance-of-princess-mako-of-japan-to-attend-fordham-law/

“kei-komuro-fiance-of-princess-mako-of-japan-to-attend-fordham-law/”

こんな世界中に既成事実化させてしまって、これで破談は本当になくなったのじゃないかと。

   

f:id:ootapaper:20180706205701p:plain

小室さんが利用すると言われている「マーティン奨学金」 Michael M. Martin奨学金

https://www.fordham.edu/info/27322/application_information/5173/scholarships_and_financial_aid/1?_ga=2.143050933.18682745.1530873818-403361788.1530873818

 

f:id:ootapaper:20180706211805p:plain

<英文>

f:id:ootapaper:20180706212218p:plain

f:id:ootapaper:20180706212237p:plain

奨学金の期限は2月1日

昨年12月に、借金問題が週刊誌に出て、そのあと何ども秋篠宮邸に呼ばれて説明に追われていたはず。

そして、2月6日に結婚延期の発表。

その合間に、奨学金申請の準備をしていたのでしょうか。

上の翻訳よくわからなかったので、グーグルの部分翻訳をかけたら、

 

「Feerick、Treanor、Martin奨学金は、奨学金に基づいており、入学委員会の裁量で授与されます。このエッセイと並んで、入学委員会は各応募者のファイル内のすべての資料に基づいて賞を授与します。既に第三者による資金調達を行っていない申請者には優先されます。

受領者は、手数料、生活費、旅行費、書籍費およびその他の費用の責任を負います。」



 

となるんですね。なんだか、最初から特別待遇をしたい人を想定しているようなゆるーい審査の奨学金枠ですね。

 

これでは、日本の内親王のフィアンセであると書いた途端に即合格!ってかんじです。あの小室さんなら死ぬほど強調したんじゃないかと思えるし。

 

それにしてもこれでは、もう破談にはできなさそう。

破談にするなら、やっぱり留学と引き換えにしておくべきでした。

そうしなかったということはやはり、2年後には結婚するつもりでしょう。

 

 

結局、自分(小室家)が原因で婚約延期になっているのに、自分たちは何も傷まずいいとこ取りで、秋篠宮家の信用は地に落として、眞子さまの好感度も落として、この笑顔でアメリカへ行くわけですね。

全部、人のお金で。

f:id:ootapaper:20180630074726p:plain

 

 

留学経験者さんからの情報

アメリカのロースクールには様々なプログラムがあります。アメリカ人がアメリカの弁護士となってアメリカで働くためのプログラムhJDプログラム、日本の弁護士がアメリカ法を勉強して日本で働くならLLMプログラム、そして、もっともゆるい雑多な目的のためのプログラムがサーティフィケイションプログラム。小室氏はサーティフィケイションプログラムとの記事がありましたね。

ソース、探してみたのですがわかりませんでした。

が、本当に資格を取ってこれからの仕事に生かすつもりなのか、実用性のない資格を箔付けだけのためにとって女性宮家が出来上がるのを待っているのか、どのプログラムをとるかでわかりそうですね。

 

 ーー

書き忘れてしまいましたが、これ、いくら奨学金を受けてますと大学がアナウンスしても、表向きそういうことにしてもらって、結局皇室が裏から出していることはありえますよね。

奥野事務所だって、事後報告で留学を知ってすぐに生活支援なんてありえない。

少なくとも、国民にはこんなうまい話、まるまる信じられないですよ。