ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

アメリカ留学は3月ごろから秋篠宮ご夫妻に話していた小室さんの希望? 宮内庁は知っていた?

アメリカ留学は3月ごろから秋篠宮ご夫妻に話していた小室さんの希望? 宮内庁は知っていた?

 

【渡米】小室さん自身で留学先を決め、最近になって勤務先に相談した。宮内庁は知らなかった。

のコメント欄から、

宮内庁が知らないって、何のために言い訳してるのでしょうね。 圭氏の宮家訪問は3週間に一度くらいで、必ず職員が同席してるはずだったじゃありませんか? 電話で話して決めたとしても、直近の話し合いの際にその話が出なかったのでしょうか? 3月の訪問時では、確か現代には留学したいと話す圭氏に 眞子さまはうんうんと頷かれて云々の記事があり、 新潮では、全く真逆になっていました。 私は現代の記事は、圭の側リーク、新潮は宮内庁発表=大本営発表ではないかと当事思いました。 完全に現代の記事通りではないけれど結局現代が正しかったのでは? で、結論。宮内庁は嘘をついている。です。
 
 
ここで言われている「現代」の記事は、この3月31日号のものですね。

週刊現代秋篠宮ご夫妻同席の場で、アメリカ留学がしたいと言った圭さん

f:id:ootapaper:20180702234409p:plainf:id:ootapaper:20180702015931p:plain

忘れていましたが、このころから、一橋の大学院を修了したら、「また学校に入りたい」と小室さんいっているらしいと度々記事になっていましたよね。 

それをすごく具体的に書いていたのが上の現代でした。


借金トラブルで結婚が延期されているのに、「米国留学して弁護士資格を取得するか、国内の大学院のロースクールに通いたい」と小室さんが言っている話しは驚きで、さらにびっくりするのが、その横で、うんうんと頷いていたという眞子さま

紀子さまは声を荒げて叱責とありましたが、あれから、3ヶ月、気づいてみれば、結局ありえない彼の希望通りになったということですね。


同時期に書かれた新潮の記事は、こちらでしょうか。

週刊新潮秋篠宮ご夫妻は同席せず、宮内庁職員が眞子さまと小室さんを二人きりにしないよう監視

 

f:id:ootapaper:20180703001345p:plain

同じ3月9日の訪問時の記事なのに、まるで違う話になっていて、下のブログにもその件を書きました。

www.ootapaper.com

 

新潮の方は、小室さんに呆れ気味の秋篠宮ご夫妻は同席しなかったことになっていて、宮内庁職員が眞子さまと小室さんを二人きりにしないよう監視しているというものでした。

その上で、宮内庁職員が、秋篠宮家から出されている2つの課題の進捗状況について小室さんに聞き取りをしていることに重点を置いた記事でした。f:id:ootapaper:20180703002750p:plainf:id:ootapaper:20180703002754p:plainf:id:ootapaper:20180703002803p:plain 
 

結果的に現代の方が正しかったことになりますね。

ただ、本当に宮内庁はこの度の留学の件を知っていたのでしょうか。知っていたのに、知らなかったと嘘をついているのでしょうか。

 

 

《女性セブン》宮内庁が小室さんに海外勤務を世話して、「眞子さまとすれ違い」破談のシナリオ

f:id:ootapaper:20180703005621p:plain

「女性セブン」2018年7月12日号

28日には小室さん渡米留学のニュースがテレビ新聞で報じられたのに、なぜ、その1週間前に書いたとされる女性セブンでは「海外勤務へ」と報じられたのか、その理由について推測したのが下のブログです。

www.ootapaper.com

海外勤務のシナリオの方が、少なくとも「お金の出所はどこだ?」「税金を使うのか?』という批判は出なかったと思うのです。

それなのにあえて、批判が出る方の「留学」にしてしまったのはどうしてなんでしょう。

「留学」にしろ「就職」にしろ、どちらにしても相当前から準備し、動いていなければ決まらないこと。

女性セブンが記事にしている頃には、確実に「留学」だと決まっていたはずです。

だとしたら、女性セブンが取材した「宮内庁関係者」はなぜ「海外勤務を世話して破談のシナリオ」という話を週刊誌に語ったのでしょう。

「小室さん留学」と大々的に報道された時、知らなかったと宮内庁が言ったのはどうしてなのでしょう。

 

1、留学は、秋篠宮家と小室さん親子だけで決めたことで、宮内庁は知りませんでしたとアピールするため。そうすることで、お金の出所について宮内庁の関与はないと印象付けられる。(秋篠宮家の独断という印象を与えるため?)

 

2、宮内庁は破談にさせようと動いているのに、眞子さまと小室さんが、それを阻止すべく水面下で、日本に帰ってこれる留学の手続きを勝手に進行させ勝手に発表してしまった。

 

それともただ単に女性セブンの記者が間違った情報をつかまされたのか。

 

眞子さまと小室さんの話は何かいつもすっきりしませんね。

 

女性セブンの次回号では、なぜ記事の内容が違ってしまったのか、その辺りを説明してもらいたい。