ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

6月10日に小室母子が秋篠宮邸を訪問

6月10日に小室母子が秋篠宮邸を訪問

 

週刊朝日2018年6月29日号

週刊朝日】タイトル<佳子さま帰国で期待される眞子さま結婚問題のフォロー>には小室さんの名前もないが・・

f:id:ootapaper:20180619101947p:plain

見出しには小室さんの名前もないのだが、

眞子さまがお友達と一緒に箱根に旅行されて1週間が過ぎた6月10日、小室さんと母佳代さんが秋篠宮邸を訪問したそうだ。

この週刊朝日では、小室さんが秋篠宮邸を最後に訪問されたのは3月末だと書いてある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180607-00000011-pseven-soci

↑こちら女性セブン(ポストセブン)では、タイトルこそ、

眞子さまと小室さん、6ヶ月デートしていない状態」

としながら、本文では、秋篠宮邸での月1デートは続いているように書かれている。

眞子さまと小室さんは「外出デート」を禁じられた状態にある。ふたりが会えるのは秋篠宮邸に限られ、しかも、宮内庁職員が同席するという“監視付き”の逢瀬だ。

4月中に1度、小室さんが秋篠宮邸を訪れたそうですが、最近はお会いになれるのも月1回程度。デートといえば、昨年12月に葉山のフレンチレストランに足を運んだのが最後で、すでに6か月間デートはしていない状態です」(皇室記者)

この辺はどちらが正しいのでしょうか。

ただ、もう延期から4ヶ月以上、これ以上けじめのない付き合いをするのはどうかと思います。 

結婚するつもりなら、一時金を辞退して、お二人で借金を返してくくらいの覚悟を見せてもらいたいし、そうでないなら、さっさと破談にするべきです。

女性宮家待ちなら、それがされた2年後には皇室の存在そのものに疑問符がつきかねないことになることも考えてもらいたい。

 

なぜ、小室親子は秋篠宮邸を訪問したのか?

佳代さんが秋篠宮邸を訪ねるのは、昨年末から今年1月にかけて、秋篠宮ご夫妻に自身の借金トラブルの説明を求められた時以来だという。

6月10日は、秋篠宮ご夫妻が前日にハワイ公式訪問から帰国したばかりの日。

なぜ、小室親子が宮邸を訪問したかの理由は漏れ聞こえて来ないのだそう。

「佳代さんが、お願い事のために訪ねてきた、とも言われています。逆に、秋篠宮ご夫妻より、金銭トラブルの状況について、報告を求められたなど、様々な憶測が飛び交っています」

佳代さんが、秋篠宮ご夫妻にお願い事!?

未だに金銭トラブルの状況についての報告!?

どちらもまだそんな段階?と思ってしまいます。

 

そもそも、普通に今も年収250万のパラリーガルを続けているのに、金銭トラブルの状況を説明できるわけもなく、佳代さんからお願い事!、そんなことができる立場でしょうか。

まぁ、推測の話なので、本当のところはわからないわけですが。

 

眞子さまが体調を崩されていた

6月15日は、佳子さまが留学を終えて、羽田空港に到着された日ですが、到着の数時間前、姉の眞子さまは、体調を崩して宮内庁病院で医師の診察を受けていたそうだ。

「詳しい病状までは聞こえてきていません。しかし、かなり体が弱っていたと聞いています」(秋篠宮家の事情を知る人物)

 

結びは、仲のいい佳子さまが帰国され、

眞子さまのご相談相手として、支えていかれるのでは」

と関係者のささやきで終わっている。

 

6月16日、「香淳皇后例祭の儀」に参列されるため皇居に向かわれる眞子さま、佳子さま

f:id:ootapaper:20180619105550p:plain

留学帰りの佳子さまも参列 皇居で「香淳皇后例祭の儀」(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

宮内庁病院で診察を受けられた翌日ですね。

お顔を拝見する限り、お元気そうに見えますので、少し安心です。

それにしても10日は何を話し合われたのでしょうか。

もう破談一択しかないと思うのですが。

 

なぜ、警察庁がスキャンダルの出る可能性が高いと報告するような人と5年も付き合ってしまったのか。

眞子さまと小室圭さん「結婚延期報道」の舞台裏と宮内庁の思惑(現代ビジネス編集部) | 現代ビジネス | 講談社(2/2)

宮内庁は小室さんの身辺情報を集めてはいたが、ご家族のことまでは把握できていなかった。一方で、警察庁は報道されるはるか前から詳しく知っていた。昨年9月に行われたお二人の婚約内定報告記者会見の時点で、警察庁から官邸に対して『週刊誌でスキャンダル記事が出る可能性が高い』との報告がなされていたほどだ。

つまりは、宮内庁の調査能力不足が露呈したということだ。遠からず長官人事に発展するだろう。

 婚約延期の翌日(2/7)のネット配信です。

  

初めてマスコミに小室さんが登場した時、最初はどこの誰ともわからなかった各週刊誌の記者を尻目にNHKだけが自宅も職場も知っていたと言います。

それでもそこからわずか2、3ヶ月の間に、各週刊誌の記者が取材して、宮内庁秋篠宮ご夫妻もご存知なかったようなことを次々記事にしています。

どう考えてもちょっと調べればわかることを調べずに、無防備におつきあいを許していたことは異常としか言いようがありません。

これは誰かの陰謀だったのか、そんなことまで考えるレベルです。