ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

小室圭さんの元カノ報道へ

小室圭さんの元カノ報道へ

 

昨日ネット配信されたセブンの記事。そこから削除されている後半部分に、圭さんの元カノについての記述がある。

さらに、FRIDAY3月23日号でも、やはり元カノにふれて、交際期間が眞子さまとかぶっているのではないかとの気になる記事になっている。

 

女性セブン 「眞子さまは知らない恋人の素顔」のネット配信にない部分

ネット配信されました。(3月10日am7:00) 全文はこちら↓から。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00000006-pseven-soci&p=1

f:id:ootapaper:20180309130102p:plain

小室家の知人が明かす 

眞子さまとの交際以前、横浜に本店を置き都内にも何軒か支店を構える有名飲食店の経営者のご令嬢とつきあっていました。 

セブンは、元カノと付き合っているときも、佳代さんが「あの子とどうなっているの?」と聞けば、圭さんは「うまくいっているよ」とあけすけに答える関係であること、そこから眞子さまのことも逐一佳代さんに報告していたんではないかという小室家の知人の話しを紹介している。

他は、林真理子が『文春』で連載しているエッセーに書いた小室さんには“いい意味でも悪い意味でも鈍感力がある”を引用して紹介。

締めは、

「これから、マスコミ対応で忙しくなるなぁ」

昨年5月、眞子さまとの関係が表沙汰になったときに法律事務所関係者が耳にした圭さんの言葉。 

FRIDAY 2018年3月23日号 眞子さまの心はどこにある?みんなが心配している
小室圭さんと元カノの関係

f:id:ootapaper:20180309125930p:plain

FRIDAY、ネット配信されました。↓

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180320-00010001-friday-soci

FRIDAYの方が問題にしているのは交際の時期。

元カノの情報は飲食店経営者のご令嬢となっていてセブンと同じ。

元婚約者A氏は、“確かなことはわかりませんが・・”としながらも、

眞子さまと飲食店令嬢の交際時期が重なっているのかもしれない。

 と語る。

圭さんがアメリカに行く`12年9月の少し前、A氏が聞いた母子の会話。

佳代さんが『圭ちゃんあのお嬢さんとは最近どうなの?』と切り出した。あのお嬢さんとは飲食店経営者のご令嬢のこと。

『仲良くしているよ』答えた圭さんは明らかに交際しているという感じの答えかた。

 ご令嬢の知人という方も

圭さんはICU時代に留学を希望する学生向けの予備校で彼女(元カノ)と出会ったみたいです。

とし、さらに「交際が眞子さまとかぶっていたかどうかはわからないが、かなり関係がこじれた末に別れたと聞いた」という話しをしている。 

元カノについて、昨年の 週刊文春6月1日号の記事 

 

f:id:ootapaper:20180309155943p:plain

 

拡大

f:id:ootapaper:20180309160607p:plain

この記事では、出会いは高校時代、大学進学を機に二人の中は自然消滅したと書かれていますが、今週のFRIDAYでは、ICU時代に知り合い、A氏の話しとして12年9月少し前まではつき合っていたのではないかとなっている。

 ーーーーー

20126月 都内で行われた留学生の意見交換会(今週のFRIDAY) で眞子さまと圭さん出会う。

2012年8月 秋篠宮ご夫妻に紹介、公認の仲になる。

20129月少し前、

A氏が 元カノ(飲食店経営者の令嬢)と交際が「うまくいっている」という圭さんの話しを聞く 。

20129月 佳代さんとA氏 婚約解消 

ICUに入学してから留学までのどこかに、

“圭さんはICU時代に留学を希望する学生向けの予備校で彼女(元カノ)と出会った”

が入ることになるはずですが・・。

ーーーーーーー

20128月末~20137眞子様イギリスへ  圭さん アメリカへ 留学

201312 プロポーズ 

20143 眞子様 ICU卒業 

20146 圭さん ICU卒業 

20147月 圭さん 銀行就職

ーーー

 

FRIDAYの記事には、母子の絆が硬く、ガールフレンドについても佳代さんが、

「圭ちゃん、⭕️⭕️さんなんてどうかしら?」

と問いかけると

「はい、お母様」

と素直に返事をしていた圭さんのことが書かれています。ここから、

眞子さまを射止めたら、将来の天皇の義兄よ」

などと言っていたのではないか、そんな想像をしてしまいます。