ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

急に厳しくなった八幡さん「致命的欠陥は贅沢とたかり体質」とズバリ

急に厳しくなった八幡さん「致命的欠陥は贅沢とたかり体質」とズバリ

今まで、眞子さまと小室さんについて鋭い論評を書きながら、結論となると妙に甘く、「お金のないお二人のために公務員住宅に住まわせる」とか、「宮内庁が小室さんのお仕事を紹介する」とか、「結婚後も公務員として眞子さまに公務をしていただく」とか、皇室側が便宜を図ることばかり提案していた八幡さん。

それが、今回の記事では、「小室母子の致命的欠陥は贅沢とたかり体質」とこれ以上説明のしようがない題名でズバリ問題の核心をついている。

agora-web.jp

 

皇族方の希望なら、なんとしてでも叶えてあげたいと考えるのが日本人

テレビや新聞が何も報道して来なかったせいで、突然宮内庁から「婚約の延期」が発表されてもその理由の本当のところがわからない人が多い。

テレビも後追いで週刊誌報道を紹介したせいか、「週刊誌が書くには〜なことみたいですね〜」的な解説で、事実は何かを伝える熱意は感じられなかった。

小室さんの“母親の”借金トラブルと解説するテレビもあって、本人には関係がない親の問題で結婚できない、かわいそうだとか思っている人が未だにいるようだ。

下のツイートは、大変有名な投資家さんのものなのですが、眞子さまを心配してお金を振り込むと言っています。

 

f:id:ootapaper:20180304175825p:plain

1日で、400万も稼いでしまう人ですから、小室家の借金430万、それくらいのお金で結婚ができない眞子さまがかわいそうだと思っていらっしゃるようです。

そのあと、下のようなツイートが返信として流れてきていますので、投資家さんにも本当の問題がわかっていただけて、考えも変わったかもしれませんが、最後の結論が出るまでは見れませんでした。

 

f:id:ootapaper:20180304181410p:plain

f:id:ootapaper:20180304183853p:plain

日本にはお金持ちがたくさんいますから、よく知らずに、本当にお金は自分が払う、眞子さまに幸せになって欲しいと思っている方が他にもたくさんいるかもしれません。

そんな時に、八幡さんのズバリのタイトルの記事が出ていて、内容もかなり言いにくことをズバリと言っている。

もし、小室氏が同様の家庭環境で、公立高校から国公立大学に進み、アルバイトしながら大学を出て、語学も工夫しながらエコノミーに学び、まっとうな就職をしているというなら、それでも眞子様との結婚がなんとかうまくいくように工夫し応援したいが、小室氏母子の過去の行状からすれば、そんな気も起きない。

さらに、これからも母子ともに経済的なサイズに合わない贅沢な生活をし、おねだりをすることもありうると予想しても失礼ではあるまい。 

本当にその通りだと思うので、この記事は拡散したい。

さらにとどめのように、

さらに、これからも母子ともに経済的なサイズに合わない贅沢な生活をし、おねだりをすることもありうると予想しても失礼ではあるまい。

 

また、どう考えても1億6000万円を当てにせざるを得ないし、それも早々に使い切りかねない客観状況である。そして、そもそも、税金から払われる一時金が、母子の非常識な生活を支えることを想定したものでなく、元皇族としての品格を保ち、準公務のようなこともこなしていただくことが目的であることを考えれば、支出の正当性も問われるのではなかろうか。

そうなれば、一時金制度の見直しも視野に入れた議論が必要になってくるのではないかと思う。

という結論で終わっている。

この一時金制度の見直しの声が大きくなれば、小室さんは結婚生活をそもそも始められない。

眞子さまにもその現実に気づいて欲しい。