ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

女性宮家と眞子さまと小室さん [年表]

 

[時系列] 女性宮家眞子さまと小室さん [年表]

 

時系列(参考にしたのは、文春、新潮、など)

  1. 黒字は政治関連
  2. オレンジは圭さんの経歴と起こった事
  3. 赤は小室家と借金の流れ
  4. 青は眞子さまの経歴と起こった事

 

1991年   10月 5日 圭さん誕生 
1991年   10月23日  眞子さま誕生
 
1998年 4月 圭さん、国立音楽大学附属小学校入学
1998年 4月 眞子さま学習院大学初等科入学
 
2002年  3月 圭さん父敏勝さん河原で自死、1週間後祖父もマンションで自死
2002年  佳代さん、彫金師の恋人(A氏)とおつきあい?(〜2007年?途中同棲も)
2002年 藤沢市小室本家から、飲食店経営者を代理人にして代襲相続
 
2004年 4月 圭さん、カナディアンインターナショナルスクール(中高一貫校)入学
2004年 4月 眞子さま学習院女子中等科入学
 
2007年 ?月 佳代さん、竹田さん(X氏、山田さん)と交際開始
 
2010年   4月 眞子さま国際基督教大学(ICU)入学
スキーサークルに所属
 
2010年 7月 圭さん、「湘南江の島 海の王子」に
2010年 9月 圭さん、国際基督教大学(ICU)入学
小室さんも眞子さまのいるスキーサークルのトレーニングに参加していた。ただ「合宿に行くお金ないから」と正式な参加ではなかったとのこと。(大学のOBの話し)
 
2010年 9月 佳代さん、竹田さん(X氏、山田さん)と婚約
2010年 11月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 453,000円(ICU入学費用)
2011年 4月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 400,000円(ICU授業料)
 
<入学金、授業料を貸した経緯>

f:id:ootapaper:20180219121758p:plain

 

2011年 6月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 100,000円
2011年 7月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 300,000円
2011年 8月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 100,000円
2011年 9月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 440,000円
2011年 10月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 450,000円
 
<3.11以降にお金を貸す事が増えた理由>

f:id:ootapaper:20180219190255p:plain 

2011年 10月 圭さん、アナウンススクール「アスク」入学
圭さんが「アナウンサーになったら返します」と言ったので、元婚約者が援助した。
 
2011年 10月 眞子さま、誕生日の記者会見で「まだあまり結婚について考えた事がありません」とご発言
(この直後、眞子さまICU男子学生山守凌平さんの2010年12月のスキー合宿での写真が流出。このことで、お二人は疎遠になったとも。詳細はこのあとに)
 
2011年 10月5日 羽毛田信吾宮内庁長官が首相を訪ね、女性宮家創設を「火急の案件」として、再び要請。
 
2011年 11月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 50,000円
2011年 12月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 100,000円
 
2012年1月6日 「女性宮家」検討本格化へ参与 園部元最高裁判事を起用 
 
2012年 1月 竹田さん(X氏、山田さん)佳代さんへ 2,000,000円(留学費用)
<お金を貸した経緯>

f:id:ootapaper:20180219122427p:plain

 
2012年3月1日 「女性宮家有識者ヒアリング始まる。 
 
2012年5月21日 官邸で政府の5回目の有識者ヒアリング 
 
2012年 6月 ICU内で行われた留学説明会で出会う(婚約内定会見での説明)
(スクープ当初はテレビも雑誌も東京・渋谷の飲食店で開かれた留学に関する意見交換会で知り合い、意気投合されたと報道したー合コンのことか?と話題になった)
眞子さまと婚約者の小室圭氏の交際が始まったのは5年ほど前。東京・渋谷の飲食店で開かれた留学に関する意見交換会だったという。
 
2012年  8月 秋篠宮様紀子様に小室さんを紹介、両親公認となる/交際開始  
  
2012年  9月 眞子様エディンバラ大学留学
 
2012年  ?月 圭さん、米国UCLAヘ留学
2012年 秋 2学期から圭さん、ICU男子寮に入る。(週刊女性PRIME)

http://www.jprime.jp/articles/print/9732

 *この時期不明(週刊女性2017/06/06では、入学当初寮に入っていたと書いてある)
 
201?年   ?月  250,000円(竹田さん(X氏、山田氏)、圭さんに頼まれて留学中のスペイン旅行代貸す)
 留学費用として振り込んだ200万の中からこの旅行代は出されているとのこと。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180220-00011727-jprime-soci&p=3

 

2012年   9月  佳代さん、竹田さん(X氏、山田氏)と婚約解消 
 
2012年  10月5日  野田内閣、女性宮家内親王に限定 2案併記、論点整理を発表 
2012年 12月26日 安倍内閣へ、政権交代女性宮家創設議論は立ち消え
 
2013年 5月末〜7月 眞子様EU旅行(圭さんも一緒だったのではと噂されている)
 
2013年  7月初旬  眞子様留学先より帰国
 
2013年  12月 圭さん眞子さまへプロポーズ 
 
2014年   3月  眞子様ICU卒業 
 
2014年   6月  圭さんICU卒業 
2014年   7月  圭さん銀行就職 (三菱東京UFJ銀行丸の内支店)
何年在職していたのか週刊誌によってバラバラ。
竹田恒泰氏は最近も2ヶ月と言い切っている。
 
2014年   9月  眞子様レスター大留学 
2014年   9月  圭さん銀行退職(竹田恒泰氏2ヶ月でやめた説の場合)
ーーー眞子さまのレスター大の入学と同時期になる。
2015年 5月GW 圭さん、イギリスの眞子さまのところへ訪問 
2015年 7月 圭さん銀行を1年で辞めた説だとこの頃退職。
2015年    9月29日 眞子様イギリスより帰国。
 

 2015年 秋 眞子さま東大総合研究博物館客員研究員就任

 2016年   1月 眞子様レスター大大学院修了式

 

2016年 7月 圭さん銀行を2年で辞めた説だとこの頃退職
 
2016年8月 圭さん法律事務所に転職  (週刊女性12/12号年表)&一橋大大学院入学?
 
2016年9月 眞子様ICU大学院入学 
 
2016年 10月 東横線内でデート写真を週刊女性に撮られる 
「あの写真が出て以降、宮内庁は小室さんとも密に連携を取り、発表のタイミングより前に情報が漏れることのないよう、万全の対策を立ててきました。宮内庁の内部でも、婚約を知らされていた職員はごくわずか。
小室さんはフェイスブックツイッターといったSNSはすべて削除し、細心の注意を払っていた」(前出・宮内庁関係者)
2017年 1月下旬〜2月上旬?
葉山へ眞子さま小室さんで出向き、両陛下に直談判の記事。
紀子さまに反対されていたので、直接天皇皇后の許しを得て、結婚を認めさせようとした?(文章の部分が喪失していて貼れませんでした)

f:id:ootapaper:20180220175222p:plain

 
新潮17年6月1日号では、
紀子様の唱えたウルトラC
「娘たちと旧宮家との縁組を考えているんです。その後に女性宮家を作っていただくことはできるのかしら」と言ったもので、お言葉は各所に届けられ、様々な進言がされたという。
と記事が出ていることから、紀子さまは娘たちと旧宮家との縁組を考えていたのかもしれない。
そこで、小室さんと結婚できなくなりそうな眞子さまが直接皇后に小室さんを紹介し、結婚の許可を取ったとも 考えられる。

 

 
2017年   4月 奥野法律事務所バイト開始、一橋大学院入学開始 
(奥野法律事務所今年から(2017年婚約スクープ当時の言われかた)の説をとった時)
 
2017年 4月 小室さん友人に婚約したよ、結婚式きてねと話す
f:id:ootapaper:20180220183913p:plain
 
2017年 4月 小室さん、大倉山の駅でバイオリンの先生と再会。
 実は1カ月前の夜、東急東横線大倉山駅エスカレーターに乗っていると、下で青年が笑顔で待ち構えていた。「山内先生!」。声を掛けてきたのは小室さんだった。十数年ぶりの再会。「あら、覚えてたのー?」と尋ねると、「覚えていますよー」と返ってきた。仕事のこと、家族のこと、バイオリンのことなど、5分ほど話した。

f:id:ootapaper:20180220230253j:plain山内さん

http://www.asahi.com/articles/ASK5K5HP7K5KUTIL02H.html

 
2017年 5月15日 圭さん、母の元婚約者と偶然近所で会うも、「こんばんは」だけ。 
 
2017年 5月1日から16日までに2回、圭さんは橋口記者と会っている
 
2017年   5月16日 NHK橋口記者が番組で婚約スクープ報道
 
2017年 5月17日 法律事務所前で小室さん単独会見

 

5月17日  蓮舫、野田元総理が女性宮家創設を付帯決議に盛り込むよう会見

秋篠宮さまの長女眞子さま(25)の婚約が明らかになり、皇族の減少が差し迫った課題として改めて浮き彫りになった。結婚後も皇室に残る「女性宮家」を創設する議論など、皇族の減少対策が急務となるのは必至だ。19日には天皇陛下の退位を実現する特例法案が国会に提出される予定で、付帯決議で女性宮家について記述するよう求める野党の声も強まりそうだ。毎日新聞2017年5月17日

 

 
5月9日 <退位>付帯決議案女性宮家」を明記 自民が譲歩  /毎日新聞 5/29(月)
f:id:ootapaper:20180219210541p:plain 
 
 

秋篠宮ご夫妻が「小室さんの身辺調査」を任せた相手

週刊現代3/3号には、秋篠宮家は宮内庁とあまり関係が良くないと書かれています。そのかわり、信頼しているのは弁護士や旧知の記者だと。

f:id:ootapaper:20180219195839p:plain

週刊現代20183月3日号から。

 

この旧知の記者というのは、天皇生前退位をスクープした橋口記者の事。

昨年の週刊ポストにも詳しく書かれています。

https://www.news-postseven.com/archives/20170522_557551.html

上でも全文読めます。 

f:id:ootapaper:20180219203640p:plain

 

一部抜粋、橋口記者について。

とくに秋篠宮家に深く食い込んでおり、宮内庁職員より信頼が厚いともいわれる。そのため、抜かれっぱなしの他社の記者からは「橋口さんが小室さんにいち早く接触できたのは、秋篠宮家の意向を受けて人物評価を兼ねて会っていたんじゃないか」との見方までなされている。

 内々に皇室側として婚約相手の身体検査の役目を担っていたといいたいわけである。次はどんなスクープを放つのか。

 ということは、橋口記者が小室さんの身辺調査を任され、秋篠宮家に伝えていたことになります。

番組では小室さんを

「私は今月になって2度、小室さんと会ったんですが、非常にしっかりとした受け答えをする人で知的で温厚な好青年という印象を持ちました」と、婚約者の小室圭氏の人物像を解説していた。

と持ち上げているので、秋篠宮ご夫妻にも同じように好青年、と太鼓判を押していたのだろうか。

 

スクープと同時に警視庁からいろいろスキャンダルがある家庭だと官邸に報告が入るほどだったのに、何も調べずにいいことだけを秋篠宮家に伝えていたとしたら大変な過失ではないか。

小室さんについて、分不相応な生活が気になっていた秋篠宮さま

f:id:ootapaper:20180220062456p:plain

母子家庭なのに、なぜ年間250万もかかるインターに行けるのか、ICUに行けるのか、留学までできるのか、はネットでも様々に推理されていました。

その答えを聞くこともなく、結婚を進めていたのかと思うと信じられない。

 

眞子さまの元交際相手?

眞子さまは小室さんの前に、山守さんという同じくICUの学生とお付き合いをしていたのではないかと言われています。
 
昨年の週刊新潮6/1号には、小室さんの父親が自死であった事を書いた記事に、この山守さんの件にも触れています。

f:id:ootapaper:20180219193202p:plainf:id:ootapaper:20180219194958p:plain

 

「自分は皇族になる人間だから」そのように公言する人、眞子さまとの写真を世間に公表してしまう人、そういう皇室に畏れ多いという気持ちを持たない若者がいる事、眞子さまと結婚すれば皇族になれるかも?という邪な気持ちを抱く人が近づいてくるかもしれない事を、秋篠宮殿下や周辺はこの一件から学習されなかったのだろうか。

もちろん、山守さんの場合は、邪な気持ちというよりは子供の浅はかな思いつきくらいな軽い発言だったかもしれない。

しかし、少ないくともその発言を聞いた皇室側は、警戒したり、まさかを考える事は十分にできたはずではないか。

 

 秋篠宮様の教育方針「何よりも本人の意思が一番大事」という考え方も、皇室を壊す毒であるようにしか思えないし、本当にもしかしたら何か外国のスパイにでも周りを張り巡らされているのではないか?

 

そもそも神道の一族が、ICU・基督教大学を選ぶことからして何かおかしい。

なぜ、この学校を選んだのか、誰かに勧められたのか、眞子さまに聞いてみたい。