ootapaper

皇室関係の報道を集めて紹介しています。女性宮家に反対、男系男子継承絶対の立場です。

発売と同時のネット配信『小室佳代さんが自宅で養っていた“彫金師”恋人の存在』

週刊女性2月6日号、発売と同時のネット配信

眞子さま「義母」小室佳代さんが自宅で養っていた“彫金師”恋人の存在

1/22(月) 15:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180122-00011512-jprime-soci

 

f:id:ootapaper:20180123074727p:plain

 

 

 

 

 

 

f:id:ootapaper:20180123074747p:plain 

 

f:id:ootapaper:20180123074805p:plain

 

解けたと思った小室さんの謎がまた、解けない謎になる。

過去のブログで、小室圭さんの謎として、

『費用が高額な学校に行かせられたお金の出所がはっきりしない』

というのがありました、↓

www.ootapaper.com

その答えが週刊女性2017年12月26 日号の記事にあった、佳代さんにお金を貸していた男性の存在。

「小室圭さんの母佳代さんの借金トラブル」の週刊誌報道 - ootapaper

圭さんのICUの入学金や在学中に通っていたアナウンススクールの学費、留学費用は元婚約者だった竹田さんが出していて、そのお金は未だに返済されないという。

竹田さんとの出会いから、援助を受けるまで。

2007年、竹田さんと佳代さん、共通の知人が開いた会で知り合う。

佳代さんは月に1.2度竹田さんと会うようになる。

佳代さんは年上の竹田さんに圭さんの進学の相談をしたり、二人で旅行に出かけたり、竹田さんの親にも会っていた。

2010年9月に婚約する。

婚約してから、佳代さんから竹田さんへの“お金の無心”が始まる。

竹田さんが貸したお金

2010年圭さん大学1年生の時

国際基督教大学ICU)の初年度にかかった入学金と年間授業料

*圭さん20歳の誕生日、竹田さん、新橋の高級レストランでお祝い

 

2011年東日本大震災直後から、

パート先の営業時間が短縮されたため、佳代さんから『今月厳しいからお金を都合してほしい』といわれ毎回10万円ほど要求される。

2011年

*圭さんの誕生日、別の店を予約していたが『あの店(新橋の高級レストラン)じゃないと意味がない』と勝手に新橋の店を予約、会計も竹田さん。

*圭さんの成人式、『帝国ホテル』内の写真店で。

送迎、会計は竹田さんだったが、写真には佳代さんと圭さんだけの撮影で済まされ、婚約者だった竹田さんは入れなかった。

2012年 圭さん大学3年生の時

*大学3年生の時のアメリカ留学の費用200万円。

*アナウンススクールの授業料。

(大学2年からは圭さんが奨学金の試験に合格したため、竹田さんが負担した授業料は1年の時だけ)

 

2012年(婚約から約2年後)9月

竹田さん、佳代さんと圭さんに婚約解消の旨を伝える。

竹田さんは、貸した400万円越えのお金について返してほしいと文書で伝える。

佳代さんは電話で『月に1万円づつほどしか返せません』といい、最初は返す意思がある様子だった。

数日後、佳代さんは弁護士に相談『お金は贈与されたもので、返す理由がない』と返済を拒否。圭さんも『贈与だと認識しています』と言っていた。

f:id:ootapaper:20180123193618p:plain

年間250万円かかるカナディアンインターナショナルスクールに圭さんが通っていた頃

竹田さんが頻繁に佳代さんからお金の無心をされだしたのは、圭さんが大学に入学した頃からと書いてある。

 

その前の中学から高校にかけて、年間250万円の学費がかかるカナディアンインターナショナルスクールはどうしていたのか。

ネットでは、他にも援助者がいるのではないかと噂されていた。

 

ところが、今週号の週刊女性では現れたのは「援助してくれた男性」ではなく、佳代さんが「援助していた男性」だった。

 

Aさんとの交際

Aさんとの交際は2002年、佳代さんの夫、敏勝さんが亡くなって間もない頃から始まった。

 

Aさんは佳代さんの自宅近くに住む男性。

 

Aさんは奥さんに先立たれて独身。

 

Aさんは現在70代(当時は55歳くらい?)佳代さんは当時35歳くらい。

 

Aさんと佳代さんが一緒に歩いているところを地元で何度か目撃されていて、再婚の噂もあった。

 

Aさんは金属を加工してアクセサリーなどに装飾を施す“彫金師”。

 

Aさんは、佳代さんとの交際中に仕事が立ち行かなくなり、収入がゼロに。

 

Aさんは佳代さんの家に住み着いて、佳代さんに養ってもらっていた。

 

Aさんが手術を受ける際の同意書にサインしたのも佳代さん。

 

仕事をしない収入ゼロのAさんと圭さんが対立。

 

圭さんがよく思っていなかったため、佳代さんとAさんは別れる。

 

破局した後も数年は佳代さんとAさんの交友関係は続いていて、佳代さんはAさんに仕事相手を紹介してあげた。

 

Aさんは週刊女性の取材に佳代さんとの関係について聞かれ「そういったことは話せない」と。

 

Aさんは養い、竹田さんにはお金の無心の不思議

週刊女性にも書かれた謎 

 

Aさんと佳代さんの話について、竹田さんの友人は首をかしげる

「Aさんを養う余裕があったのに、竹田さんから大金を借りたのはなぜなのでしょうか。佳代さんは“仕事がいつクビになってもしかたがないし、女ひとりで生きていくのは大変なんです”と、竹田さんに自分の状況を必死に話していたと聞いています。

 もし、圭さんのインターナショナルスクールの高額な学費を払っていた時期にAさんと交際していたとすれば、援助するほどの余裕があったのは不可解です」

 

圭さんと祖父国光さんとの同居はいつから?初の弟情報

“竹田さんは、佳代さんの弟さんと父・国光さんの仲を取り持ったことがある”

 

国光さんは、最初佳代さんの弟夫婦と暮らしていた。(弟について今まで一切記述がなかったが、結婚していて、藤沢市に住んでいることがわかる)

 

国光さんと弟夫婦は折り合いが悪く、竹田さんが仲裁に入る。

 

しかし、その後も度重なる衝突により、国光さんだけが現在、佳代さんと圭さんが住む横浜市港北区のマンションに引っ越し。

 

国光さんの荷物を車で運んであげたのは竹田さん。

 

時期については『数年前まで、藤沢市のマンションに佳代さんの弟夫婦と一緒に暮らしていた』とあるが、正確な時期は不明。

 

同居しているとされる国光さんは未だに一切マスコミに顔を出さない。

 

同居しているのだから、佳代さん、圭さん同様、玄関先のマスコミに知られている存在だと思われるが「婚約内定会見」後にもコメントもない。

 

カナディアンインターナショナルスクールはICU以上に高額な授業料。

その間、佳代さんが恋人を養っていたとしたら・・。

週刊女性はこの謎についても今後、記事にするのだろうか。