ootapaper

週刊誌報道などを紹介しながらネットの反応などの記録と感想を書いてるブログ

宮内庁、パレードは否定でも韓国行き、女性宮家希望は否定せず

天皇皇后陛下は退位後、韓国に行かれるのか?

ネット配信はこちら↓

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171214-00534409-shincho-soci&p=1

週刊新潮12月14日号

f:id:ootapaper:20171216025132p:plain

f:id:ootapaper:20171216025146p:plain

f:id:ootapaper:20171216025154p:plain

 

宮内庁が否定した箇所とは?

上記、新潮の記事について宮内庁は一部否定している。その部分はどこか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000089-jij-soci

宮内庁の山本信一郎長官は14日の定例会見で、天皇陛下が退位の儀式について「できるだけ簡素になさりたいとのお考えをお持ちだ」と述べた。

 退位の儀式に関する陛下の意向を、宮内庁が明らかにするのは初めて。これに反する内容の「週刊新潮」の今月14日号の記事は事実と異なるとして、同誌編集部に抗議した。

 山本長官は陛下が退位の際、一般参賀やパレードをして「華やいだ雰囲気で皇居を去りたいお気持ちを持っていらっしゃる」などと報じた新潮の記事について、「そのようなことをなさるお考えはない」と断言。退位の数カ月後に行われる「即位の礼」に外国賓客が招かれる可能性があるため、退位の儀式は外国賓客を招かず、皇居・宮殿内で粛々と静か

パレードの部分だけなのだ。

陛下は退位儀式は簡素にとお考えであると。

韓国へ行きたい、女性宮家の創設が叶わなかったことが心残りだという部分は否定していないのだ。 

新潮側は、

【抗議に対する週刊新潮編集部の見解】
本記事のテーマとなっている内容につきましては、官邸関係者や宮内庁関係者、そして霞が関関係者などに対して長期綿密に取材を行なってきました。記事はそのなかで得られた情報を基に構成されたものです。摘示した事実はとりわけ機微に触れる内容であり、むろん情報源について明かすことはできませんが、その中身については真実であると確信しています。

 訂正なし、謝罪なしとなっている。

女性誌にも「パレード希望」「韓国に行けなかった、女性宮家創設できなかったことが心残り」だとの記事

宮内庁が否定しているはずの退位時のパレードについても、再度言及されている。

一部ネット配信はこちら↓

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171215-00000016-pseven-soci

 

女性セブン1月1日号

f:id:ootapaper:20171216031800p:plain

f:id:ootapaper:20171216031923p:plain

f:id:ootapaper:20171216031942p:plain

 

韓国に行きたい記事が重なる、内容もかなり具体的、宮内庁も否定していない

「陛下は、政治も外交関係とも切り離して、“象徴として訪問した”というお考えのようです。

美智子様は、そんな陛下のお気持ちに寄り添われ、30年前の「約束の地」での務めを果たされようとしているのでしょう」(別の宮内庁関係者)

 陛下が行かれれば、必ず慰安婦に対する謝罪、竹島に対する言及(当然韓国にとって都合のいい言葉を引き出される)、先の戦争の反省、謝罪の弁などなどを強要されることがわかっている国、象徴としていかれると言っても、ただ銅像のように黙っているわけにはいかない、必ず政治利用されるはずです。

それを本当はわかっていながら止めない宮内庁

もしかしたら、それをさせるつもりの宮内庁や外務省なのかもしれません。

今上陛下は憲法を守れ、先の大戦を反省しろ、など政治的な発言が多い。

退位後は、静かにしていていただきたいのですが、ほんとうに怖いのは事前報道なしでいきなり韓国行きが決定し、取り返しのつかない言葉を残してくることではないでしょうか。

なんだかそんなことが現実になる気がして心配です。