ootapaper

週刊誌報道などを紹介しながらネットの反応などの記録と感想を書いてるブログ

悠仁さまの進路についての記事と眞子さま

悠仁さま、受験なしで東大へ?

悠仁さまは、御茶ノ水附属大学幼稚園→お茶大附属小学校→筑波大附属中学→筑波大附属高校→東大というコースをお考えのようです。

この記事を読んで、一生懸命勉強した一般人が一人落とされる、犠牲になる、ひどいと感じる方もいるそうです。

ですが、将来の天皇になられる方なのですから、私は堂々と特別枠でも全然構わないと思います。

庶民一人が犠牲になるというのなら、定員を一人増やせばいい。

 それよりも、その受けた教育で悠仁さまがどういう歴史観を持ち、天皇観?を持ち、日本についてどういう未来を描くようになるのかその方がずっと大事だし、こういう環境の中で、どういう思想を持つ人と知り合い結婚なさるのか、それが一番重要です。

今のご希望されているコースだと、全くのエリート路線。

東大出身者の中には、民主党の政治家も多く、特に鳩山由紀夫仙谷由人、愛子さまを天皇にと言っている津村啓介などもいる。

↓こちらのサイトに自民党民主党の中の東大出身者が出ています。

民主党にもたくさんの東大出身者|政治家になるにはキャリア官僚から立候補が王道

 

 

f:id:ootapaper:20171017150727p:plain

どうしてこんなことが気になるのかというと、やっぱり、眞子さまが小室さんという人を選んだという事実があまりに衝撃的だったから。

もし、悠仁さままで、自分の意思任せの自由恋愛を貫かれたら、もしお相手が左翼思想の持ち主で、祭祀のようなことは意味がないと考える方だったら、宮中祭祀まで終わりになってしまわないだろうか。そんなことまで想像してしまいます。
 

 秋篠宮家のお相手選びは本人の意思が第一?

 2ページ目から。

f:id:ootapaper:20171018080139p:plain

 

f:id:ootapaper:20171018080207p:plain

エディンバラ大留学直前の大学3年で、小室さんと運命の出会い。

あっという間に“結婚前提の交際”へと発展した。

眞子さまは周囲にこう語っていたという。

「自分の立場があるから、彼と結婚するんです」

前出の秋篠宮家関係者がその意味を解説する。

 ↓下のページ

「皇族という立場があるから、こと恋愛に関してはその他大勢に脇目も振らず、『この人』と決めた小室さんに向かって一途な恋愛をなさったということでしょう。

眞子さまは『恋愛については両親からアドバイスはないですね。自分の自由にしたらいいというスタンスなので』とお話しになったこともありました」 

一途で裏表のない眞子さまのご性格は、おかきになる文章にも顕著に表れている。

ICU卒業論文は「明治時代における神話画の誕生、発展、そして葛藤」。結論では、ご自身の考えを忌憚なく自由に綴られている。

<いまや日本神話を、国家主義を支える物語だと捉える必要はない。解釈は個々人に任せられている。(中略)今後は、歴史から解き放たれた新しい神話画を制作する時代になりうるのかもしれない>(原文は英語*編集部訳)

 

 

f:id:ootapaper:20171018080228p:plain

眞子さまは『恋愛については両親からアドバイスはないですね。自分の自由にしたらいいというスタンスなので』とお話しになった

小室さんと出会ってたった2ヶ月でご両親に会わせ、相手について調べることもなく、その場で交際を了承したという報道をずっと信じられなかったけれど、それも事実でした。

 

婚約内定会見の日、発表された秋篠宮さまと紀子さまのお言葉にも。

秋篠宮ご夫妻は長女眞子さまの婚約内定にあたり、宮内庁を通じて文書で感想を発表した。

本日、天皇陛下のご裁可をいただき、私たちの長女、秋篠宮眞子と小室圭さんとの婚約が内定いたしました。

 小室さんと娘は、約5年の歳月をかけて、双方の気持ちを確認しながら結婚に向けての話を進めてきました。内定までの5年は、私たちの時よりも長い期間になり、2人の意思を確認するのには十分な時間であったことと思います。私たちは、その2人の意思を喜んで尊重いたしました。

 本日は、あくまで婚約が内定したことの発表であり、今後いくつかの行事を経て結婚ということになります。私たち家族は、その日を迎えることを楽しみにしております。

 二人の意思が何よりも大事なことと考えていらっしゃるようです。

 

眞子さまの日本神話についてのお考えは?

<いまや日本神話を、国家主義を支える物語だと捉える必要はない。解釈は個々人に任せられている。(中略)今後は、歴史から解き放たれた新しい神話画を制作する時代になりうるのかもしれない>(原文は英語*編集部訳)

これはどういう意味なのでしょう。

全文が読めないので勝手なことは言えないですが、『日本神話を、国家主義を支える物語だと捉える必要はない』は気になりますね。

眞子さまは海外公務の出発前、帰国後に毎回、宮中三殿を訪れ、皇室の祖先とされる天照大神をまつる賢所を参拝されています。

 

色々合わせて考えるとよくわからなくなります。

 

悠仁さまのお相手は、国民から祝福される方でありますようにと、本当に今から祈っています。