ootapaper

週刊誌報道などを紹介しながらネットの反応などの記録と感想を書いてるブログ

小室さん、タクシー代がない!? 単独会見の日の車は宮内庁が差し向けた!

小室さん、タクシー代がない!? 単独会見の日の車は宮内庁が差し向けた!

 

FLASH 9月12日号から

f:id:ootapaper:20170830001012p:plain

 

 

実は、婚約内定予定というスクープが出た翌日、小室さんが一人で臨んだ5月17日の会見の裏では、こんな事件が起こっていた。

会見当日は小室さんの自宅や勤務先に、マスコミが殺到した。宮内庁は、混乱を想定し、この日だけはタクシーで出社してもらえないかと前夜から小室さんに相談していた。だが小室さんは「高額なので、タクシー代が出せません」と回答し、断ったという。(別の宮内庁関係者)

〜略〜

「結局、電車移動してもらうわけにはいかず、宮内庁が用意した車で送迎することになった。天皇陛下の初孫と結婚する責任の重さを考えると、無理をしてでも用意する気概を見せて欲しかったという声は少なくない」(同前)

 

この調子じゃ、結婚後の新居も、生活費もいざとなったら税金から出ることになってもおかしくない。

 

秋篠宮家では『本人の意思を尊重する』という教育方針が大切にされている」とのことだが、その前提には皇族の身分を利用しない、税金に頼らないという前提条件を付けてもらいたいものです。

 

結婚式の費用なども一般人と同じように両家の話し合いで決めるとのことですが、タクシー代ですらケチるような人だと、そもそも「結婚式はやらない」と言いだしたらどうするのだろう。そういうわけにもいかないから、秋篠宮家が用意するのだろうか。

 

8月28日

f:id:ootapaper:20170829234504j:plain

この毎週と言われる秋篠宮邸への訪問。表向きは「会見の打ち合わせ」ということになっているが、実際はマスコミに報道され、デートもできない二人に秋篠宮ご夫妻が秋篠宮邸でのデートをお許しになっているのだという。

眞子さまの車と運転手を使っての送迎。

これだけ、釣り合わない、皇室の権威や持参金目当てと揶揄されているのに、どうどうと迎えの車に乗り、秋篠宮邸に長居してくる感覚、おかしくないか。

本当に嫌な予感しかしない。