ootapaper

週刊誌報道などを紹介しながらネットの反応などの記録と感想を書いてるブログ

もんもんするので、失礼かなと気が引きつつ、やっぱり検証してみたい。愛子様

 

愛子様の変化にびっくりしたのは、昨年のお誕生日映像から。

 

「もしかして拒食症?」と思ったのだけど、隣にいた夫は「このくらい痩せてる子はいるよ」とにべもなく言うので、そうかなーとやり過ごしていたら、今年の2月、皇太子様の誕生日に撮影された愛子様はさらにお痩せになっていた。

 

 

 

f:id:ootapaper:20170416012330p:plain

この時ばかりはさすがに鈍い夫も「確かに、痩せすぎている‥」と言葉を失っていた。

 

 

 

 

f:id:ootapaper:20170416012153p:plain

 

その後も週刊誌に撮られた写真ではさらに痩せていて、

f:id:ootapaper:20170416012319p:plain

 このままいったらまずいんじゃないのか!と思った頃、

 

 

ご静養でお出ましに。 

f:id:ootapaper:20170416012844j:plain

2017年3月27日 15時10分皇太子ご一家 長野にて。
この時には、もうさらに痩せているということもなくお元気そうでした。
 
 
そしてその後、2017年4月8日 学習院高等科入学式
f:id:ootapaper:20170416014128p:plain
急にほっぺたがふっくらしていた。

その時の挨拶がまるで愛子様じゃないみたいで、初めて強い違和感が。

 

その時の挨拶の肉声がこちら。

 ここの0:40と1:20に写っている愛子様が同一人物に見えない。

 

上の動画では、中等科入学時の音声は切れているので、こちらを見てほしい。

youtu.be

0:38からの喋り方、お顔、どうしても違う人に見えてしまうのだ。

 

ネットで検索してみると、上の関連動画でも「愛子様は替玉!」と言ったような動画が出てくるし、ブログでそう書いている人もいる。

 

「まさかァー」と言いながら、実は自分も「何かがおかしい」と思ったからこそネットで「愛子様 中等科入学式 声」などとワードを入れて調べたわけで、同じように違和感を持ち、独自の検証により別人と断定した方がいたとしてもおかしくはない。

 

で、その別人説は信じられるのか?

 

うーむ。

 

こちらの動画などはものすごく説得力があるのだけれど。

youtu.be

 

今一歩、信じられないとしたら、「んな、ことするわけないじゃん」という理性の声が打ち消すからだ。

 

 

 

 

そこで同じように成長の記録が詳細な秋篠宮家の内親王眞子様佳子様で検証してみたいと思う。

 

f:id:ootapaper:20170416023107p:plainf:id:ootapaper:20170416023130p:plainf:id:ootapaper:20170416023138p:plain

 

 

初等科卒業式12歳

f:id:ootapaper:20170416023152p:plainf:id:ootapaper:20170416023412p:plain

f:id:ootapaper:20170416023202p:plain

 

f:id:ootapaper:20170416023211p:plain

 

たしかに変わっていっている。

というか成長している。

最初、眞子様佳子様のお顔にも比率線を引いてみようかと思ったのですが、そういう気にもならない。

本人としか思えない。

 

 

で、もう一度愛子様を見比べてみる。 

そしてこちら。 

f:id:ootapaper:20170416030526p:plain愛子様12歳、中等科入学時

f:id:ootapaper:20170416023629p:plain愛子様15歳、高等科入学時

 

 

f:id:ootapaper:20170416030216p:plain中等科入学時

f:id:ootapaper:20170416030408p:plain高等科入学時

 

 

f:id:ootapaper:20170416030415p:plain中等科入学時

f:id:ootapaper:20170416030810p:plain 中等科卒業時? 

 

うーむ。

違和感はあるのだけれど、やっぱりありえないという気がする。

 

ただ、こういうことを言われてしまうのは、やはり日頃の東宮のあり方にも原因があるのかなという気もする。

 

「雅子の人格を否定された」とか、「やりがいのある公務」とか言うだけ言って、波風立てて、心配させて、その後は一切説明も、やりがいのある公務の具体的な提案もしないでいる皇太子様。

 

体調の波がある、公務ができない、あたたかく見守れ、と国民に要望しながら、静養の時には元気にお出ましになり、きちんと計画通りに宿泊予定をこなし、スキーだ、海だ、那須だ、須崎だ、と静養のはしごをして、ドタキャンもなし。

 

 こういうことがかれこれ15年近く続いていて、来年には天皇皇后になられると。

 

何かが変なのは愛子様だけでなく、東宮一家も同じなのだ。

 

だからこそ、別人説も、東宮ならあり得るという風になっていつまでも消えないんじゃないのかな。

 

皆様はどう思われますか?